2020年5月

アオアシアニメや漫画

アオアシ面白さ解説:絶望への落とし方がうますぎて病みつきになる

最近アオアシという漫画にはまっている。アオアシは小林先生のビックコミックスピリッツで掲載中の漫画で、とにかく絶望に落とされる展開が大変すばらしいのだ。たとえば今までは楽しいで自信を伸ばすことができたが、ある試合で楽しいだけではこの先やっていけないと痛感っせられた、そこから今度はチーム全体を絶望に落として……

汗地味健康と心

スマホのせいで左脇汗(汗ジミ)が凄いことになっているのだが

仕事で電話をかけた、スマホを握りがっちり脇を占めて話すこと30分。電話を終えると妙にわきの下が気になった。ぐっしょり濡れていた。スマホと脇汗。あまり気にしなかったように見えt、今後電話するうえで悩みの一つとなる。ぐっしょりぬらさない方法はあるのかを調べた結果

まけぬ学習雑談

社会人専用受験世界史+倫理政経を学ぶ方法と応用の仕方

最近世界史を学んでいる。独学だ。特に受験勉強のためでないから学ぶ必要はないけれど、学んでおくといろいろ役に立つなと気づかされる。世の流れがわかれば、第六感を鍛えられる。特に世の流れをつかむうえで世界の動きと自分の心の動きを関連付けさせれば、何をすべきで何をしてはいけないかもわかる。さらに

子供がわ問別解

自分の天職と適職は探るのでなく創るもの!悩みを吹っ飛ばした一冊の出会い

最近悩んでいた。自分の頭が混乱状態になり、何をやるにしても「それをしてはいけない」といった言葉に満たされる。どうすればいいのだろう。1か月越えても悩んでいた。その時、僕は一冊の本に出合った。堀江貴文さんの「疑う力」という本だ。ある部分を読んだとき、悩みがすうっと消えた。久しぶりに気持ち良い体験をした。

おもちゃ芸能界

望月龍平「広島原爆は(日本が)打ち上げ爆発させた」に見る危険さ

望月龍平(望月記者の弟)が「原爆は空から落ちたのでなくむしろ打ち上げられた、爆発させたのは日本」と書いてあり、びっくりした。彼のツイートを見ると、自説を持って強く。読んでいる売りにある考えを抱くようになった。そこに見る人を誘導する技術や裏側を見ていきたい。

物忘れやかん紹介

作業やり忘れ防止(特に老父母)の目覚まし型ボイスを探した結果

母がやかんに水を入れて沸かした。すぐ別の仕事に取り掛かる母。数分後、沸騰しているのに母は全く気付かず、子供が慌てて止めた。母はいう。「物忘れがひどくなった。気をつけなくてはならない」その時僕は思った。物忘れを防ぐための目覚まし時計みたいなものがあればいいのに。