女の子
※ 子供が書いた絵その1

ども、しゃしゃ。
私のブログでホ・オポノポノに関する記事が読まれている。
そこで関連として私が実体験を通し、つかんだ楽しさを語るよ。

 

決意はあるのに行動できない

何かの地図

noteにね興味深い意見があったんだ。

「○○をやろう」決意した。しかしやらなかった、やれなかった。
考えるだけでげんなりする。「行動」しなければとわかっているのにできない。

しゃしゃはどうだろう?
私もかつて「決意」はいいものの「行動」しないから、
結果もたいした残らなかった。そんな自分にイラついた。

しかも行動しようと考えたら、
どういうわけか気持ちが「行動しないでくれ」働く。

それで余計な方向に時間を費やそうとするんだ。

でね、やらなかったら「またやれなかった」
やりたいのにやろうとせずに悶々とする日々。

原因はわかっている。
それをやることが私にとって最も恥であり、同時にとてもやりたいことだからだ。

心の奥底で拒む自分がいるんだ。

 

考え方を変える

[blogcard url=”https://www.megabe-0.com/archives/5534.html”] [/blogcard]

※ 公募を求める心理もここにつながっている

私は二つの対策を取った。
一つは心の声を無視して、強引にやることだ。しかし数日たつと戻ってしまう。
ドーピングとしての効果はあるけれど、長い目で見たら効果がない。

そこでもう一つの考え方,、「実験」として考えてみた。

「大変やりたいことだけど、恥と頭の中で認識するもの」
に対し、「自分の価値を上げる実験」と置くことで、
恥を持つ考えでなく「実験物」として扱うようになった。

するとサクサク進むんだ。

 

自分を追い詰めない

書いていることは簡単、だからこそ迷いやすい。
心から理解するのにどれほどかかったことか。

クリーニングし消去し引き寄せる ほのぼのとホ・オポノポノ 無敵ゼロ・フリークエンシーの体験

後ね、ヒューレン博士は「潜在意識の記憶が再生する」述べているんだ。
記憶の再生って簡単に言うと、
「ああ、やれなかっただめだなあ」をつぶやくこと。

やらなかった「過去」の自分を、「現在の自分」が評価することなんだ。
この行為によって「記憶の再生」が始まっている。

記憶が再生すると、時間があっても「手・思考も止まり」やろうとしない。

私もこうだったからこそ、考えを改めた。
「自分がやることは全て実験なんだ。
成功も失敗もどちらにしろ、価値を持つ重大な行為なんだ」

 

問題に気づいたら感謝

記憶の再生こそ問題であり、気づいたことで感謝をしよう。
「現在」しゃしゃが読むブログにて、挫折したくなる事実にさらされた。
でも事実に気づいたからこそ感謝したら、ふっと私の前に一通のメールがあった。

その人は私の中で面白いと感じるブログであり、
さっそく読んでみると、私がとるべき対策に気づかされた。
後は対策に従って行動するだけ。

こうして一つずつ「記憶の再生」に対して感謝すると、
インスピレーションが降ってくるわけ。

しゃしゃ、どこが「インスピレーション」かわかる?

私の前に一通のメールがあり、開く行為。
インスピレーション」がもたらしたご褒美なんだ。

「え、それがインスピレーションなの!!」
一見思うことが、彼がもたらす働きなのだ。

とおろが「記憶の再生」にとらわれていると、
インスピレーションが目の前を通り過ぎているのに、全く気付かないのだ。

記憶の再生は不都合な事実に気づいた自分に対し、
感謝しない限り、いつまでも繰り返される。

 

決意はあるのに行動できない場合

「ご自身の成長に欠かせない不都合な事実」が眠っている。
不都合な事実ほどありがとうと手を叩いて感謝する。
そうすると「これを見たい」「あれしようかなあ~」

ふっとわいてくるんだ。
それをすぐにやると、一見変わりがないように見えても……
1か月もたつと大きく変わっているのだ。

「不都合な事実ですらわくわくできる日々を過ごしたいなあ」
思うならぜひ、オポノポノを実践しつつ、
私が書いた記事をブクマに保存し、何度も読み返してみてね。

後、成功と失敗は単なる概念であり、人体実験の成果にすぎぬ。
こいつらを気にするくらいなら、
しゃしゃの中で「これやったら面白そう」なことをどんどん実験していこう。

[blogcard url=”https://www.megabe-0.com/archives/info/ho_op”] [/blogcard]

こちらもオポノポノについて語っているから、合わせて読んでおいて。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket