ジュンク堂非公式宣言

ハムスター速報さん経由で、ジュンク堂渋谷店において、
「日本を改革! 俺が総理だ!」フェアや
「自由と民主主義のための必読書50」フェア、
さらには「安倍政権らと闘う」覚悟を持っているようです。

この行為に感動しました。何があっても貫いてほしい。
物事を宣言することは良いことですが、とても大変ですよ。

 

ジュンク堂渋谷店の決意

渋谷店フェア

※ 画像クリックで拡大

「日本を改革!俺が総理だ!」(ハムスター速報さんへ)

上記サイトに関連記事をきちんと集めています。
ジュンク堂非公式ツイッターはシールズらと一緒に、
安倍政権らに闘いを挑もうとしています。

ずらりと並んだ本、特に俺が総理だという本の中に、
なぜ弱虫ペダルや中国、ハングル手紙の書き方をおいているのか。
気になりますねえ。

非公式の決意
※ このアカウントは現在ないとのこと

ジュンク堂といえば、TBSラジオ
「文化系トークラジオ Life」という番組の公録場所として、
私の中では有名になっています。

文化系トークラジオ Life

※ Lifeは偶数月の日曜深夜にやっている穴場討論番組で、
偏りは若干あれど、色んな意見や面白さが溢れて面白い。
現代社会の側面がわかり、
討論を通して社会学者などが現在使っているキーワードもわかる。
日本を知る1つの側面として、おすすめ。

 

ジュンク堂と丸善株価

ジュンク堂渋谷店 株価

※ ジュンク堂こと丸善ホールディングス株価はこちらから

株式会社ジュンク堂書店は兵庫県に本社を置く書店で、
丸善の子会社ですね。丸善を調べていきましょう。

丸善は書店や出版と言った商社であり、
食品メーカーとはまた違うようですね。

株価を見ると、10月20日にジュンク堂公式ツイッターが
「気をつけろ」発表しております。

結果、大きく下がっておりますね。
翌日回復しましたが、渋谷店の決意は株価に影響を与えました。
最も他の要因もあると思うのですが、
主な原因は今回のジュンク堂における理念だと考えています。

参照
ジュンク堂HP
ジュンク堂公式ツイッター
丸善ホールディングス

 

上には勝てなかったよ

後日(10月22日)、フェア自体が撤去されたそうです。

覚悟がなかったのか、上を説得できなかったのか……
ジュンク堂は特定の思想を持っている人以外はくるな。
という姿勢ではないようですね。

フェア自体は別にやっても問題ないと思うのですが、
やったらそれだけ普通に書店に足を運ぶお客様が引いて、
売り上げが一気に下がってしまう(株価一気に下落ですもの)

経営判断でやめたのでしょうね。残念でしたね。

 

表現の自由を目指す戦いだ

戦う非公式

と思ったらつい先日、再び復帰して戦う決意をしたそうです。
ジュンク堂非公式と書いておりますが、
どうもいろんな派閥があって、戦いが生じているようです。

なお、私がツイッターを確認したところ、アカウントは消えていました。
非公式アカウント作成が25日日曜日の午後9時あたり。

26日株価

これが10月26日の丸善CHI株価です。
「表現の自由フェア」リベンジ宣言で下がったのでしょうかねえ。
会社名を名乗っているところから見ると、ジュンク堂の行き先として、
「自分の思想と合わないお客様」は外す方向なのでしょうかね。

なお、私の近所にある某大型書店に足を運んだ際、
左右両方の民主主義論を載せていました。

参照:ジュンク堂非公式ツイッター復活?

 

特定思想と理念

公式サイトの告知
※ ツイッター引用でなく画像にした理由として、
ツイッター引用以外の部分も読んで欲しいから

安倍政権と戦うならどうぞご勝手に。
「どんなことがあっても折れることなく、闘いぬいてください」
と私は考えています(すぐさま敗れたけれど)

いろんなコメントを見ると否定コメントが多いですね。
「もうジュンク堂には行かない」
「変な思想を持って気持ち悪いわ」

特定思想を持つということは、
「めっちゃ共感するわ」と考える人がいる一方、
「こいつ気持ち悪い」嫌悪感を持つ人が相対的に多い。

良い部分は「特定思想」に共感する人を集める。
商売で言うところの「濃いリスト」が集まります。
言い換えると「理念」に共感した人が集まるのです。

ジュンク堂渋谷店
※ ジュンク堂渋谷店へ行く方法

ジュンク堂が「シールズらと一緒に安倍政権に戦う」
「俺達が民主主義だ、俺が総理だ」傲慢キャンペーンを張る。
商売として考えれば、ジュンク堂に訪れるお客様の多くが、
「反安倍政権側」なのでしょう。

ハム速さんによると、非公式ツイッターは赤旗(共産党関連の新聞)や
毎日(基本反安倍の意見が多い)と裏で連携しているようです。

今後、ジュンク堂の戦略として
「安倍政権に少しでも寛容な人は来ないほうがいいよ」
「現在の民主主義に納得する奴は来るな」
を打ち出して商売をやっていくのでしょうか。

(追記)

と思ったら、すぐさま撤去しました。
ジュンク堂はあくまでも幅広い考えを持っていますよと、
主張しているのですね。

 

理念は責任を伴う

ナンセンスな国会

理念を打ち出した結果、周りがどんな行動をとるか?
周りがどんな行動をとっても受け入れられるか。
受け入れる行為を「責任」と呼んでいます。
反対に受け入れられずに否定することを「敗北」と呼びます。

敗北した人は例え再び「素晴らしい理念」を宣言しても、
ついていく人は明らかに減ります。
理念を裏切ったため、また裏切るのではないか?
疑念が働いてしまうからです。

目に見える戦い

政治家を見ているとわかると思います。
民主党が「口だけはとても素晴らしいこと」を述べても、
賛同する国民は現在ほとんどいません。

その1つとして民主党が「平和や話し合い」を基本として、
外交すべきだと述べた(特に代表の岡田さん)
いざ安保法案が可決寸前になると暴力を持って、
何が何でも廃案にしようと働いた。

言うこととやることがあまりにも乖離しすぎて、
信用どころか、少しでも信用したら裏切られる。
危機感を持ってしまうのですね。

同時に世の中には「話し合いをしよう」としても、
「無理やり暴力や恫喝で解決しよう」と働く連中もいる。
それを民主党が証明してしまった。

このように理念を出すことは簡単です。
しかし行動を通して貫くことは矛盾を一度でも起こすと信頼を失い、
名誉回復には時間をかけるか、違う道を模索するしかなく、
とても大変な行為なのです。

 

書店は主張したらダメ?

民主主義はいけないか

朝日新聞が報じていました。「書店は主張したらダメなのか」

もちろんこのメッセージには「書店も主張すべきだ」
という意見を含んでいます。報じていいと思っていますよ。

ただ、報じた後が問題です。
自分の主張を述べるということは、共感する人と離れる人が出る。

よって、「自分はこういう人だけ訪問してほしいんだ」
という熱意があるなら、どんどん主張すべきです。

「お客様は特に意識しない、気軽に来てほしい」
ならやめておいたほうが得策だと考えています。

人は意見を通して匂いをかぎ取るのです。
「あ、ここは自分にとって好ましいにおいだ」「この匂いはたまらん」

匂いにひかれた人が集まると、何かしらの特徴を持ちます。
例えば外見が怖い人たちの集まりを見ると、
「ああ、この店ってこういう人たちの集まりなんだ、逃げないと」

主張はお客様をある程度固定し、外見や雰囲気を作ります。
だから、ジュンク堂がそういう空気を出すなら主張は出すべきです。

 

終わりに:ジュンク堂は理念を貫けるか?

理念を打ち出すのは簡単です。私達だってすぐできます。
しかし理念に従って行動すると、理念とはかけ離れた誘惑が多く、
うっかり乗ると民主党のように信頼を失ってしまうのです。

どんな結果が待っていようとわかりませんが、
(ある程度見えているけれど)頑張ってください。

追記:予想通り、撤去されました。
上は株価などを見て大焦りしたのでしょうね。

本屋ほど内容は中立状態が好ましいですね。

 

追記:余命時事三年日記を置かない

余命時事三年日記が販売され、よほど書店に都合が悪いのか?
おかれないという事態が発生した。

記事:余命時事三年日記がジュンク堂で扱っていない件について

 

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket