Pocket

おはよう、しゃしゃ。
朝メールを起動させたら、apple.jpからメールが届いた。
私はiPhoneを持っているから、焦ったよ。

 

長いURLはすぐにクリックするな

アップルメール詐欺

思わずクリックしそうになったURL。
けれど、自分からどこかのサービスに会員登録しない限り、
一方的に送られた長いURLは罠である。

調べてみたら、iPhoneを持っていない人にも送られているとわかった。

もう一つ、送り先のメールアドレスを見ると、
appleという単語を二つ使っている。

もしアップル社がメールを送る場合、
appleという単語を二つも使うだろうか?
面倒くさいのではないか?

そこでアップル社のメール関連で調べたら、

iTunes Store では、個人情報や機密のアカウント情報(パスワードやクレジットカード番号など)を提供いただくようにメールでお願いすることは絶対にありません。

引用:iTunes Store からの正規のメールを識別

書いてあるので、
「ああ、appleを語った詐欺か」ホッとしたよ。

参照:【apple】安全確認というタイトル

 

妙な説得力

クリックしそうになった理由として、妙に説得力があるからだ。

アカウントが異常にログインされたことを感知しました。

感じて知っただけで、実際にログインされて乗っ取られたわけではない。
「感知された」という柔らかい表現がポイント。

実際に他人がログインしたら、焦りも大きいけれど、
感知された程度なら焦りよりも不安が大きくなる。

下記のログイン時間と照らし合わせ、ご本人かどうかを確認してください
ログイン地点、IP

具体的な場所とIPアドレスを用意すると、
「ここからログインを企んだ奴がいるのか」
説得力を持っている。

その後、画面の案内に従ってパスワードの再設定を行ってください。

URLを開いた後、何をすべきかがきちんと乗ってある。
相手に考えさせる暇を与えない文言。
相手を迷わせないよう、特定の道へ誘導する言葉。

詐欺メールは「心理術」に満たされていると思ったよ。

 

ウイルスセキュリティソフト

ESET

ウイルスセキュリティソフトを入れていると、
「このメッセージは詐欺メールの可能性があります」
きちんと表示される。

基本、詐欺メールだと踏んでいるから踏まなくていい。
私はESETを使っているよ。警察も使っていると言われているし。

ウイルスセキュリティソフト:ESETを使った感想

彼は時折大幅にアップデートする。
本当に助かるよ。引っかからないでね。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

Pocket