LINEで送る
Pocket

万年筆のまんちゃん
※ 万年筆を見ていたらつい書いてしまった。

ども、しゃしゃ。ツイッタートレンドにPDCAサイクルがあった。
Plan Do Cheak Actionで「計画→実行→評価→改善」なんだと。
私もこのサイクルで基本やっているんだけど……

 

最初に実行(DO)

私の場合はPDCAもあればDCPAもある。
特に作家として作品を書く場合、計画を立てる前にまずは実行する。
そこから数日原稿を寝かせて反省し、計画を立てて改善を行っていく。

何しろ「書きたいこと」が初めからある。
まずは「書きたいこと」をあらかた書いてしまわないと、
先に進むことなどできない。

書きたいことを書き終えると、だんだん書く内容がなくなる。
すると書いた内容を忘れさせるために寝かせる。
2週間以上寝かせた後、文章を読みながら計画を練る。

「ここはもっと深く書いたほうがいいなあ」
「ここは削ろうかな」

そうして徐々に作品を作っていくんだ。

 

やりたいことはあるんだけど

何かやりたいことはあるんだけど、
失敗したらどうしよう……考えているなら、とりあえず実行に移してみる。

すると大けがを負うから、きちんと反省して計画を練る。
計画を練ったところでうまくいくかどうかはわからない。
でも何も考えないでやるより、良い方向に向かうよ。

 

計画は立てるが実行はできない

私は計画をすぐ立てる。
しかしいざ実行に移すとなると、恐怖心がわいて行動できぬ。
原因は未来を考えすぎてしまうためだ。

未来はしゃしゃにとって「最高」と「最悪」があり、
どちらかといえば最悪を想定しやすい。
そこでね、最悪が不安ならむしろ最悪を目指して行動する。

最悪になると確かに「やらなきゃよかった」
深く後悔するんだけど、学ぶべき事柄は沢山出てくる。
逃げることなく真正面から向き合うと、
必ずしゃしゃにとって次の課題が見えてくる。

だからやりたいことがあっても怖くて前に進めなかったら、
むしろ怖い未来をかなえるために動いてみるといい。

ただし、実行した結果生じた出来事はきちんとノートにまとめる。
私の場合はnoteにて失敗した内容を載せるようにしているよ。
下記記事にて、見事に失敗したことをnoteにまとめたよ。

note:悩んだら即実験、検証すれば道がすぐ見える

 

転んでもただじゃ起きない

私の場合、やって後悔したことはnoteの記事ネタとして利用している。
失敗は「だめだ」と捉えると本当にダメになる。
「お、いいネタができた」思えばいいネタになる。

たとえ失敗して痛みしか残らなくても、
痛みを利用して人さまに『忠告』できないか?
考えたうえでビジネスや創作業に集中していくといいよ。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

LINEで送る
Pocket