原稿用紙

おはよう、しゃしゃ。
今日もある人と仕事に関する電話をしていた。

電話を終えた後、A3用紙を使って仕事計画を立て直していた。
するとあることに気づいてしまった。

「ここ最近の調子が悪かった理由は正しさを求めていたからか」

 

正しいよりも大切な

正しさを求めるとストレスがたまりやすい。
正しさは状況によってきちんと出さないと、
多くの人に迷惑をかけてしまう。

ただ、正しさだけを求めると心が辛くなる。
そこで「面白さ」を主眼に置いてみる。

正しさと面白さが対立したら、正しさを捨ててみる。
面白いは心がワクワクする。

ワクワクするだけで世界は変わらないのだけど、
面白さは現状を変えて未知なる方へ進む力がある。

うまくいくかどうかはわからないよ。
犯罪につながるものはだめ。
人として正しいことを守りながら面白いことをやる。

「この戦略が正しい」でなく、
「この戦略を行った方が、他人を巻き込んで面白い」

今後は面白いが次の時代を作っていく。

 

米国大統領選挙に対する一つの視点

今回の米国大統領選挙はトランプさんが勝利を収めた。
ヒラリー側は「正しい」対応をとっていた。
トランプ側は「面白い」戦略を行った。

正しいと面白いは、受け取った側の心に違いが現れる。
正しい方は感情の起伏は起こらないけれど
「まあ……いいんじゃないの」投げやりな態度。

面白い方は感情の起伏を招き、
「それいいね」「だめだろこんなもん」
敵か味方かが思いっきり分かれる態度。

どちらがより心を湧き立てるか。
トランプさんはツイッターでこう述べている。

「選挙制度が変わろうとも、結果は変わらないよ」

トランプは楽しくて面白い戦略を選び、
大衆やメディアを熱狂の渦(良い、悪い意味で)に巻き込んだ。

ヒラリーは正しい戦略を使い、
メディアを掌握し、様々な有名人の紹介を得た。

全投票数ではヒラリーさんが多かったけれど、
トランプさんが大統領になるということは、
彼の方が面白いと判断したと私は考えているよ。

もちろん、細かい部分を見るといろいろ見えるから、
細かさはしゃしゃ自身で追及してね。

記事:選挙制度違っても楽勝

 

楽しいを鍛えるには?

楽しい・面白いことは簡単にできない。
自分の中にいる「常識思考」が邪魔をするからだ。

それをやるなんてとんでもない、
結果なんて出ないのに、なぜバカなことをする?

他人の言葉も混じると、なおさら楽しいことなどしなくなる。
ありきたりの考えしかできなくなり、
楽しさよりも正しさを求めてしまう。

正しい考えを持つ人に「常識外」の発想などできない。
その前に想定外の発想すら持たない。

正しい思考は確かに大切だよ。
特に職人として精密なものを作るなら、
正しさを何よりも重要視しなければならぬ。

クリエイターとして少しでも常識外な発想を抱くなら、
正しさよりも楽しさ、面白さを優先させなければならない。

数学だと「正しい答え」を要求される。
世の中は正しい回答である「確率」はいくらか。
間違っている確率はいくらか。

確率でとらえたほうが、気持ちとして楽なんだよね。
しゃしゃが抱いている考え係に正しい場合、
あくまでも「正しい確率」であり、完全に正しいのではない。

そう捉え、間違っている方にも目を向けてみよう。

 

おまけ:ワードがちょくちょく強制終了する

心配する妹と陽気な姉

インスタグラムにてイラストをアップしています。

小説家になろう似て作品を書いています。

現在、ワードで「今の視点をがらりと変える話」を書いています。
ワードで原稿を書いていると、何回か強制終了します。

さすがに何度も来られると参りますわ。
そろそろパソコンを買い替えるべきなのかなあ。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket