LINEで送る
Pocket

現在、新しい部分を執筆しながら同時に作品を編集しています。
時間計測をして、編集に対しては大体何分で終わるか。
そうすると、管理しやすくなります。

 

ちなみに立ち絵だけなら一つ作るのに30分あれば十分だ。
ということなので、20人ほど作る場合、20×30分=600分(10時間程度
こんな計算を見越すと、じゃあどの時間までにどれくらいでやればいいのか。
逆算できますね。

 

さて、実は私、ついさっきまで自分のことで大きく悩んでいました。
世の中、思い通りにならないことが圧倒的に多く、自分がこれだけしているのに
どうしてよくならないんだろうか……なんてこと、あなたは思ったことありますか?

そういうときほど、解決するために必死に悩み、考えます。

 

で、ここを解決するには二つのステップを使いました。
まず一つは考えないこと、考えることや悩むことを一切放棄することです。
この時点で難しいのですが、それでも放棄することです。

というのも、脳みそを空っぽにしておけば、自分の置かれている問題について、
広い視野から物事を見つめることができるからです。
また、考えすぎるとストレスになります。ストレスはたいてい良い結果をもたらしません。

 

だからまずは一切合財考えることを放棄します。捨てるんです。
その後、口癖にこう書きます。

「楽しいねえ、面白いねえ」

 

これは根拠なんてありませんが、人間、悩むと口癖が「どうしたらいい」{自分はもうだめ」
といった、否定的で自分で自分をとことん追い込む形になります。

 

だからこそ、「楽しいねえ」と自分で自分を盛り上げることにより、
現時点で頭や体が重たくなるほど辛いことを見つめ直していきます。

同時に「他のしい」「面白い」で見ていくと、さっきまで大きく問題だったことが
「あれ、これって大した問題じゃなくね」となってしまうのです。

 

それがどんな問題ですら。
何が言いたいかというと、人間が悩むとき、すでに「悩み地獄」という牢獄にいます。
ポイントは鍵はすでに開いているということです。
ただし、鍵が開いているという事実に気が付かない。だからいつまでも閉じこもるのです。

 

鍵に気付くのが思考を放棄する、考えることを放棄する、悩みをまずは考えないこと。
そして「たのしいねえ」「面白いじゃん、やってやんよ」となること。

 

そうすると、自分の可能性を閉じようとした自分とおさらばできるでしょう。
ということで、人生いろいろあって苦しいこともあるでしょうし、現時点であなたは苦しんでいるかもしれません。
そういう時はまず、苦しい悩みを放棄することから始めましょう。

 

ちなみにこの考え方は現在書いている作品の中にも取り入れています。
というより、自分で書いていて自分で悩んでいるってのも面白いものですね。
作品を書くからには書いたこと自体に対して責任を持つ必要が生じますね。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

LINEで送る
Pocket