ウディタARPG(コモンイベント)講座6:可変DB書き込みの応用

ども。これまでウディタARPG講座を書いた。

今回は可変DB書き込みの良さについて語る。

 

可変DB書き込みと読込の復習

武器防具

ウディタにはDB操作がある。

DB読込は可変やユーザー、システムデーターベースからデータを引っ張る。

一方可変DB書き込みは可変データベースの観改造でき、
直接書き込めば敵HPや攻撃IDを自由に調整できる

マップイベント

さて可変DB書き込みを応用して次の仕組みや方法ができるようになった。

 

可変DB書き込み応用1:ゲームオーバーの分岐

ゲームオーバー

ウディタには基本ゲームオーバーコモンイベントがある。
確かにコモンイベント一つでゲームオーバーを処理していいのだが、
私は以下のやり方にして、二つの状況に耐えらえるオーバーを作った。

  1. HPが0の時に発動するゲームオーバー
  2. あるイベントでHPに関係なく強制的になる状態

HPが0の時、条件分岐で可変DBから主人公HPを選び、
(たいていは0 0 6に格納されている)

0 0 6が0以下ならゲームオーバーイベントを発動

で、ゲームオーバーを発動るときは直接顧問イベントで処理していいし、
私のようにゲームオーバー専用のマップイベントを作成し、
専用のマップイベントに飛ばして処理するのもいい。

専用のマップイベントを作った大きな理由は、
HPが0以外の状況でゲームオーバーになる状態
を作りたいからだ。

例えばホラーゲームならモンスターに一発でもあたったら、
直接ゲームオーバーがあるマップイベントに移動
させる。

強制移動が上記処理だ。並列実行でゲームオーバーを作ってしまえばいい。

 

可変DB書き込み応用2:セーブ時「場所」を記入処理

データー

私はセーブデータを改造した。
本来なら青年アイコンの隣にはレベルと名前が表示されるが、
私は「セーブした場所」に変更した。

やり方は次の画像を参照してほしい。

セーブ

上記画像を見ながら改造していき、

セーブ場

セーブポイントになったら、青文字で書いているセーブ画面の上に、
可変DB書き込みでパーティー情報:メイン設定、現在地(6 0 7)を記入する。

現在地はタイプ内容設定から新しく作成し、
上記例で書いてある「名もなき村」は可変DB書き込みを数字でなく、
文字列操作で直接書き込んで
ほしい。

se-bu

後はセーブ及びロード画面字のフォントが小さいと思うので、
赤く囲んだところについて元はself[6]になっているところを、
self[5]にして改造しておけばいい。

記号は特殊文字一覧を参照し、自分で改造してくと言い。

参照:特殊文字一覧

他にもあれば記載していきたい。

お願い

めがびちゃんからお知らせ♪

お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

まさか記事の書き形一つでこうなるとは…

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

35歳:人生初の交通事故(物損)に出会う。冬道の運転で車を上下に大回転(スピンではない)を体型氏、何とか命を取り留め、なぜ生きているのかわからない状態に陥る。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。