TAG プロパガンダ

万年筆と消防車伝える話

「ペンの力って今、ダメ、弱い」でなく時代の流れを読めていない

「ペンの力って今、ダメじゃん」東京土地人選に負けた鳥越俊太郎さんが「ペンの力を使う」ジャーナリストでありながら、力がないからと否定して、選挙に出た。そこで彼は野党連合の力は得たけれど負けた。ペンの力というより別の部分に原因がある。私は3つほど浮かんだ

俺だ、ヒロ様メディア解説

羽生結弦君がデニス・テン氏へ激怒からつかむマスゴミネガキャン

フィギュアスケートの羽生結弦選手が練習中、デニス・デン選手に何度か邪魔をされ「それはねえだろ、お前!」発言をスポニチが取り上げていた。「お前」と口汚い言葉は「日本死ね」と同じ印象を与える。マスコミ(裏は電通?)によるネガティブキャンペーンの始まりだ。そこで

特殊繊維メディア解説

中国の緑化事業に日本が100億円(ODAでない)出す理由は安倍おろし

中国が緑化政策を行い、日本が100億ほど、ODAとは違った資金から提供するときいてびっくりしました。日本の中にはまだ親中派が根付いていて、無駄だとわかっていても彼らにお金を支払うのか、いい加減に学習しろ、日本政府(特に外務省)と思った。だからこそ、反対の考えが浮かんだ。

王子様の睨み学習雑談

テレビラジオ新聞ネットが「中国(特に習近平)」ばかり報道する事情って

嫁が言いました。「朝から民放で中国の話題ばかり報じている。もっと日本のことを報じて欲しい。どうして中国の良い部分ばかり報じるの」この疑問に応えるべく書いた記事。本当の狙いは日本への様々なアピールにあると思われる。けれど私の場合、良き反面教師として中国は欠かせない、例えば

危険物深い雑談

ファンタジーと現実におけるラスボス(戦争)勝利後の違いを比較

ファンタジー世界では戦争(ラスボスを倒す)が終わると、平和な社会が築かれてエンディングへと向かいます。確かに気分がいい。でもそう思うのは現実は平和にならないから。一つの戦争が終わると別の場所、違う人たちと争いが始まります。一見当たり前なんだけど、実は盲点があるのです。