Pocket

ども、しゃしゃ。新書を購入したよ。
布施英利著「遠近法がわかれば絵画がわかる」だ。

冒頭を読んで、遠近法の奥深さを知ったよ。
そこに「色彩」のヒントもあったのだ。

 

遠近は一つだけでない

私にとってとても勉強になった考えが、
「遠近法は一つにあらず」

重なり・色彩・陰影・縮小

4つもあると本を通して教えてもらった。
遠近法といえば、1から3点遠近法がある。

水平線を引いて、消失点を定め、後は合わせる……
これだけが遠近法とは限らないとわかった。

例としてスザンヌ「キューピッドの石膏像のある静物」
を取り上げながら、4つの遠近法について語っている。

HSV

特に色彩の遠近法が勉強になった。
HSV空間において、H(色彩)を見ていくと、
0は赤、180はシアン(青は240くらい)となっている。

赤→黄→緑→青の順番に遠くなる。
赤が一番「観ている人」から近い色だ。

私にとって衝撃だった。
色彩遠近について、深く考えていなかったからだ。
そのとき、どうして自分は〇〇さんのような光や影を表現できないのか。

せざんぬ

※ 「キューピッド石膏像のある静物」画像元はこちら、解説あり

気づいてしまった。色彩遠近を意識していなかったからだ。
意識しながら色を塗ると、塗りは確実に変わる。

私にとって「塗りの常識」を変えてくれる、
大変すばらしい本だったよ。

自分の「色塗り」に満足がいかない。
少しでも「これだ」と言える色の塗方に気づきたい。

考えているなら、今すぐ注文して読むといい。

本:遠近法(パース)がわかれば絵画がわかる (光文社新書)

4つの遠近を常に意識しておけば、
高度な計算を持った色塗りができると思っているよ。

 

実践:4つの遠近を意識して

色彩遠近

色鉛筆とクレヨンを使って塗ってみた。
意識しないで塗るのと、意識するのとでは塗り方に気を遣う。
気を遣うから、違った成果になると思う。

後は何度も意識して描いてみるとするか。

スポンサーリンク(広告)
Pocket