Pocket

ども、しゃしゃ。
「本を読んだのはいいけれど、どうすれば自分の生活に応用が利くか。
わからない、何をしたら身につくかわからない」場合

本から「自分にとって必要な真実」を抜き出すための、
テクニック本が現れたよ。

 

本からできるインテリジェンス

イラストを塗り替える

※ 色塗りのやり方を変える、これも原因を見た結果

第四章の目次に「結果でなく原因を観よ」があり、
じっくり読むと「ああ、情報調査と未来予測か」思ったよ。

人は自分も含めて「結果」に目が移ってしまうけれど、
結果はあくまでも「成果」であり、
成果へ至る「発想・流れ→原因」を大切に扱う。

本を読む際、結果より原因に目を当てねばならぬ。

例えばある歌手がいる。歌手は自分で詩を書いている。
素晴らしい詩が出来上がった。かなり売れた。

インタビューがあった。
「●●という歌はどうやって作られたのですか?」

すると歌手は答える。
「3日たっても、ちっとも歌詞が浮かばないのです。
どうしたらいいかわからず、寝る前に神様へ頼んだのです。

神様、いるのですよ。歌の神様が。神様に頼んだのです。

『神様、どうか新しい歌詞をおつくりください。
歌詞を教えていただきありがとうございます』

私が考えても歌詞が浮かばないから、神様にお願いし、とりあえず寝ました。
すぐ書けるよう、枕元にノートとペンを置いています。

朝起きたら、気持ちがすっきり、ぱあっと歌詞が浮かんでくるではありませんか。
結果、新しい歌ができたわけで……」

インタビュー記事はある歌手の体験を元にした創作だ。
どこが原因として、下線部を引くべきだろう?

結果:素晴らしい歌ができて売れた
原因:詩が思い浮かばない→神様に頼む
→ノートとペンを置いて、神様に頼んで寝る。

私が下線部を引くなら

私が考えても歌詞が浮かばないから、神様にお願いし、とりあえず寝ました。
すぐ書けるよう、枕元にノートとペンを置いています。

私は歌手でないが、アイディアのヒントとして使える部分は一緒だ。
「これ面白そうだ」思ったから下線部を引いて、試してみる。

結果、何が起きたかをきちんと書いておくと、
何かしらの成果が出るかもしれない。

関連:クリスタ:塗り方を変えたら画力は上がるの?

応用すればビジネス本以外にも使えると思うんだ。
YOUTUBEのお絵かきメイキング動画を見るとき、
「あ、この箇所を真似たい、大切だな」思ったら下線部を引いている。

 

学問のすすめはパンフレット

諭吉さん

土井英司さんの指摘で福沢諭吉氏への印象が少し変わった。
慶応大学のパンフレットであり象徴でもある。

もう一つ。学問の勧めが廃れない限り、
慶応大学もつぶれる確率はとても低い。

本を出す→会社の知名度を上げる。ふと気づかされたんだ。

関連:学習塾や家庭教師を雇う前に子供の学力を伸ばすコツ

 

脱線;作者の顔が私の想像通りだった

作者のツイッターを見つけたよ。自分の想像通りの顔だった。
まじめに物事を調査している人は、刃を握って戦う侍の顔だ。

最新刊を出して(2017/7月)おり、ダイエットについて書いている。
「まさか」ダイエット業界とビジネスを掛け合わせるとは。

……今更と言われるとそれまでだが、
自分のおなかを見て「もう少し引き締めたいなあ~」思ったら読んでみよう。
アマゾンだと立ち読みがついているよ。

本;どんなに忙しい人も必ずやせるビジネスマンの最強ダイエット エグゼクティブ・ダイエット

 

本の新しい読み方が付く

「少しでも本を実用的に使いたい。
読んでおしまいでなく、読んだ後も使えるようにしたい」

考えているなら今すぐこの本を読むべき。

アマゾン:一流の人は、本のどこに線を引いているのか

楽天ブックス:一流の人は、本のどこに線を引いているのか [ 土井英司 ]

アマゾンはキンドル(電子書籍)でも読めるよ。

購入後、今悩んでいる・思い詰めている事柄をメモ帳に書いた後、
問題解決のヒントがこの本にあったという前提に立ち、
「原因」を見つけていこう。

原因を見つけたのちに実践し、良い未来を築いていこう。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

Pocket