世の中にある様々な裏から真実をつかみ未来を創造する

お役立ち情報

年別アーカイブ: 2017年

百田尚樹氏「今こそ韓国に謝ろう」本に作家の恐ろしさを感じた

作家、百田尚樹氏が新刊「今こそ、韓国に謝ろう」を読んだ。日本のしていることがひどいと書いている。日本の精で韓国が発展してしまった。歴史、生活を変えてしまった。謝罪しよう…と言いながら、背景知識を理解している人が読むと、

謝罪しようよ

堀江貴文「多動力」を一部応用したらワクワクしてきた

堀江貴文著「多動力」を読んだ。書店のビジネスコーナーで売れているそうだ。本を読むと賛否両論あるけれど、使える部分もあった。特に「肩書」の部分。自分が今まで悩んでいた問題が解決した。仕事中毒というデメリットをもたらすが

穴あきシャツ

場面設定類語辞典を使って、小説と画力の表現を上げたい

舞台が変われば人の行動や会話も変わる。場面設定は人の気持ちにも影響を与える重要な場だ。パソコンとスマホで私のブログを読むと、若干違いがある。場面設定も似たようなもので、スマホを見る人が必ずしも座っているわけではない、同じように

岩

物語の法則のおかげで物語・記事リライトのコツがわかってきた

書店で物語の法則に出合った。何度も読むうち「ブログ記事の編集に役立つのでは?」考えた。物語を作るというよりはリライト時に読むと、どこをどう引き締めればよいかに気づかされる。読んで終わりでなく、読みながら「わかたふり」を減らすところがポイント。

リライトと絵

文脈力こそが知性である(斎藤孝)を読み、わくわくの正体を知る

文脈力こそが知性である(斎藤孝著)を読んだとき、私の中にあった「わけのわからぬつながり」が有益な価値を生み出していたという事実に気づかされた。今まで学んだことを「強引」に結び付けたとき、無益だったものが有益へと変わる。

流星群 | CZY [pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=62319310

心屋仁之助さん「一生お金に困らない生き方」にショック

一生お金に困らない生き方(心屋仁之助)を読んで、久しぶりに体がショックを受けた。「こんな考え方があるのか」お金に関する考えというより、今まで自分が教えてもらったこと、自分で気づいたこと、わかってはいるけれど、うまく説明できない事実が載っていた。

ehoumaki

パースが理解できず、遠近法がわかれば絵画がわかるを読んで

ふと本屋で「遠近法がわかれば絵画がわかる」を読んでいたら、遠近法は一つでないと知った。遠近法がよくわからないので、遠近法をきちんと理解してイラストの上達(自分が描きたい世界をきちんと描ける)になればよいと思い、購入したので、役立ったところを載せる。

色彩遠近

受験生として地方から都会に出る前にホテルの予約を決めた?

受験生として地方から都会の大学を受けるとき(あるいは都会から地方へ受けるとき)、ホテルの予約を済ませただろうか。予約は遅いほど自分にとって不利となる。志望校を決めた時点で撮ってしまってもかまわない。センター試験後に決めるとライバルがたくさんいる。

大学選び

プロフィール

name:千賢光太郎(Koutaro Senken)

昔は雨水で水道代をしのぎ、今はコーヒーを飲んで水道代を万々使っている。時々知人からコンサルタントの依頼を受け、楽しいアイディアを実行してもらい、手を立ていていたら、天井に頭をぶつけました。他、詳細は上記画像をクリックしてね♪


しゃしゃ(あなた)

主な聞き手であなたを想定した人物。私の相棒であり分身でもある佐々君がモデル。彼は黙って聞くけれど、鋭いツッコミを入れて、しばしば私を困らせる。



ブログランキング・にほんブログ村へ



Instagram

Load More
Something is wrong. Response takes too long or there is JS error. Press Ctrl+Shift+J or Cmd+Shift+J on a Mac.

年別アーカイブ

お世話様

世話になれ

お役立ち情報

年別アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 真善楽美:Megabe-0 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.