CATEGORY 作品情報

自分が作っている作品に関する情報を書いていきます。

「こっち」 | かみむらあきノート

note有料を手に取っていただくためにつけねばならぬ考え

noteで私は自分の出来事、気づいたこと、実験を通して得たことを有料化して販売している。必ずしもお買い上げされるわけではないが、やらないよりは絶対に有料化してでもやったほうがいいと感じるようになった。お金が儲かるという意味だけではない。むしろ自分自身に対する価値観が変わる。

noteノート

noteで自分の記事を有料化して初めて分かる「己の価値」

noteというサービスを使いました。早速記事の一部を有料化して販売したのです。すると色々なことがわかりました。どこを無料にして、どこから先は有料にすべきか?私の場合、記事の裏側を有料と考えています、何を考えどうして記事を書いたのか。ここらの生情報を有料化しています。