Pocket

フェイクニュース

※ 誰かが作ったチラシ。簡潔でわかりやすい。

おはよう、しゃしゃ。
フェイクニュースに関する話題に関心を持ち、
ネットでいろいろ調べてみると、面白いものが見えたよ。

 

フェイクニュースが生まれたきっかけ

「フェイクニュース」という単語が生まれたきっかけはトランプ大統領だ。
CNNという大手米国メディアに対し、大統領就任会見で、

「お前たちはフェイクニュースだ、お前らの質問には答えぬ」

大統領選挙にて、ヒラリー候補を応援するあまり、
CNNが積極的に嘘やねつ造をはじめとして、
スキャンダルが生まれると、視聴者を煽るように載せた。

他にヒラリー候補優位な状況を作り、世間に間違った考えを思い込ませた。

公平かつ事実を追及するのでなく、一方的かつ教育を目的としたニュース。
大手CNNがやったから、トランプ大統領が就任時会見で罵倒した。

 

日本の定義に抜けている事実

フェイクニュースとは

知恵蔵によると、

虚偽の情報でつくられたニュースのこと。主にネット上で発信・拡散されるうその記事を指すが、誹謗・中傷を目的にした個人発信の投稿などを含む場合もある。

参照:フェイクニュース(コトバンク>知恵蔵:朝日新聞社が提供する用語辞典)

確かにネットにあふれる情報は事実もあれば嘘もある。
私ですら見分けるのが大変で、時に騙されるほどだ。

知恵蔵には大切な言葉が抜けてある。
トランプさんが示した「場所」はネットより「大手メディア」だ。

CNNは確かにネットニュースも流しているし、
テレビやラジオ、新聞といったほかの手段でも記事を流している。

「主に大手メディアのテレビや新聞・ネット上で~」
わざと大手メディア(テレビやラジオ・新聞など)を外している。
辞書からしてフェイクディクショナリー(カタカナ文字は嫌い)だもんね。

ネットには真実も嘘もたくさんあるよ。
いろんな意見があって、自分で探し、真実を得ていく。
大手メディアだけではいろんな情報を載せないどころか、嘘も載せる。

だから自己責任かつ進んで、私たちは情報を得ていくわけだ。

参照:朝日新聞が「CNNの報道はすべて正しい」かのような記事を仕立てる

参照:森達也さん、ネットとウソを語る

 

真実と嘘を見分けるには?

「どの情報が真実/嘘か。わかんないよ」

大丈夫、私も分からない。
あの時は真実だと思った情報が嘘で、反対もある。

何が最も問われているか?
全ての情報は資料だ。資料を基に自分で考察し、真実へ向かう。

メディアが出している情報が仮に真実でも、資料の一部に過ぎない。

資料を基に自分で色々情報をつかみ、組み立て、まとめ、
法則や事実を見つめ、自分の生活へ当てはめねばならぬ。

ある情報が真実だとしても、考えを止めてはだめ
騙されやすくなるよ。

真実/嘘を見分ける前に、情報を受け取った後、
自分でいろいろ調べてから初めて「真実」が見える。

 

真実は人それぞれ

  • しゃしゃが持つ先入観(感情)
  • 自分から調べた情報量/質

二つの条件によって、見る立場が異なる。
事実は一つでも真実は人の数だけある。

例えば加計学園騒動。
安倍総理が好き・嫌いでまず真実が分かれる。

次に自分で加計学園騒動に関し、どこまで調べたか。
メディアが与える情報は自分で調べたうちに入らぬ。

メディアが出す情報だけでは、自分が得た情報ではない。
得た情報から疑問を抱き、自分で調べ、初めて真実へ向かう。

 

定義を間違えると政策も誤る

※53分あたりから

今日の虎ノ門ニュースで、政治学者の藤井厳喜さんがベネズエラ事情を述べた。
ベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領、
ウゴ・チャベス前大統領が行った経済政策。

徹底的なばらまき経済政策だ。
石油の売買で外貨を得ていたが、食料を自発的に作れない。
(農業を行う技術がない)

農業や工業などを生産し、内需を創り上げるのでなく、
小麦や乳業買うのでなく、直接パンを買う。

パン屋がパンの原料として小麦や砂糖を農家他から買うのでなく、
パン屋が別のパン屋からパンを買って販売する。

自分たちで作るより外国から物を購入したほうが安い。
石油で利益が取れなくなったら、
「商品を作る技術」を持たず、危機が訪れた。

彼のツイートがとても気になった。
定義を間違えたら、国の在り方すらも誤ってしまう。

フェイクニュースに関する定義を「ずらす」と、
フェイクニュース→ネットはうそつきしか見ず……

テレビや新聞といった大手メディアが嘘をついている。
別な視点へ焦点を合わせられなくなるよ。

言葉には力が入る。言葉一つで人間は簡単に動く。
「今すぐ勉強しなさい」一言で人は学ぶし、
「お前●ね」言われたら、腹が立つ。

誰もが使える「道具」だからこそ気をつけねばならぬ。

 

時事用語は意味だけでなく

「言葉ができた流れ」もつかまねばならぬ。
ネット時点で見るフェイクニュース(時事用語)の意味がずれている。

フェイクニュースができた流れをつかめば、
ネットのみならず大手メディアも含むとわかる。

大手メディアは自分たちの不手際を指摘されるのを嫌がるのか、
ネットだけに焦点を当てて定義をしているけれど……
時事用語は意味のみならず源流も追いかけないと、だまされるね。

自分で様々な情報を得た後、いろいろ調べて真実をつかむ。
今後、自発的な調査が命に係わる出来事として求められるよ。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

記事拡散のお願い

Pocket