Pocket

おはよう、しゃしゃ。
絵師の怒りを表したツイートをあるサイトで取り上げられていた。
記事を通してふと疑問が浮かび、気づいたことがある。

自己デフレ現象だ。

 

絵師と「素人」依頼人

絵師は日々技術を磨いている。努力もしている。
絵師にイラスト制作を依頼する人は、彼らの苦労を全く気にせず、
料金も安い-無料でやれと依頼する。

断ったら、彼に二度と仕事をさせないよう圧力をかける。
個人でなく「会社」が。

断りたいのに断れない。
断ったら圧力をかけられ、絵師としての人生がおしまいになる。

参照:絵師、正論

なんだろう、一部の怖い人に脅されている構図だ。
絵師を含む創造者・仕事人は日々技術を磨いている。

絵、文章、大工、声……と、自分の専門分野を磨いている。
時には高額の料金を払い、時にはたくさん時間をかけて身に着ける。

依頼する人は「技術を手に入れる苦しさ」をほとんど見ない。
(もちろん、見て判断する人もいる)

会社としては低予算で品質の良い商品(イラスト)を得たい。
相手の技能を認めるけれど、高いお金を払う気になれない。
こっちにだって限られた予算がある。

もし相手(絵師など)が高跳びしたら会社がつぶれる。
彼らにも都合はある。

 

依頼人の立場

絵師VS依頼人の記事を読んだ後、
私の中で気になった言葉がいくつか出た。

「絵師として依頼人から低く見積もられ、怒っている。
彼らは『他の分野』で依頼人と同じ動きをとっていないか?」

彼らの中には「私」も含む。
私も知人の依頼でイラストを描いたことはあった。
(報酬は全くもらっていないが、技術は上がったと思う)

記事を読んだ後「知人から報酬をもらえばよかった」思ったよ。
でも同時に私も「予算の都合」から、
自分の知人に対し、依頼人と同じことをやっていたよ。

絵でなく違う分野だけどね。

しゃしゃはどうだろう?
もしこの記事に心が反応したら、
自分も過去に別の分野で依頼人の立場になっていないか?

振り返ってみよう。

 

脱線:きっかけはオポノポノ

絵師の気持ちがわかる人、絵師と同じ苦しみを味わった人は、
もしかしたら別の分野で「依頼人と同じ立場」をとっていないか?

考えたきっかけはオポノポノだ。
私・しゃしゃにとって「感じた何か」は自分にも当てはまる。

自分の「過去の体験」が引き金となり、反応した。
だからこそ責任をもって問題を受け入れねばならぬ。

自分の思考や生活を振り返る。
すると「依頼人の立場」を別の分野でやっていたと気づいた。

「今後の生き方」に大きな影響を与えるよ。
オポノポノはこちらで詳しく書いてあるよ。

本質はクリーニングよりも「自身の記憶に気付く」ところだ。

アマゾン:豊かに成功するホ・オポノポノ 愛と感謝のパワーがもたらすビジネスの大転換

記事:オポノポノは悪書だが読むべき

 

自己デフレ現象

経済と価値

次に浮かんだ言葉が「自己デフレ現象」だ。
デフレとはお金の価値が上がり、商品・サービス価値が下がる現象。

例えば1万円の衣装が千円に下がった
買う側は「やった、値引きだ」喜ぶかもしれぬ。
売る側は「本来なら9千円も得られた利益が……」悲しむ。

もっと身近な例だとスーパーでの半額商品だ。
食品が閉店1時間前になると、半額に替わる。
デフレを身近な現象として味わえるよね。

買う側を考えるとデフレはうれしい現象だが、
売り手の立場を考えたら、デフレは利益を多く得られず、
より少ない予算で商売をやらねばならぬ。

会社としては給与もたくさん社員に払えないから、
賃金引下げか、リストラを行って人を辞めさせるしかない。

 

気持ちから生まれるデフレ

半額

※ 半額シールを参考に作ったイラスト(PNG)、ご自由にお使いください

買う側としてはいつもより値段が安いからうれしい。
「安い・高い」で見ると大きな心理罠に陥る。

みんな(私やしゃしゃを含む)の中にデフレ思考が生まれる。
お金が安くなければどれだけ欲しくても買わない。
入ってくるお金の量も少ないから、安くないと買えない。

絵師と依頼人の立場に置き換えてみよう。
ぞっとしないだろうか?

自己デフレ現象は「中古品を購入」する時ほど表れやすい。
例えば古本屋で本を買うとしよう。

正規の値段が1500円だとしたら、中古本は750円から100円、
ネットだと1円(+配送料)で商品を購入できる。

買う側としては「1500円の本が100円、やったね」
得した気分になるかもしれぬが……

「値段がもっと安くならないと、たとえ今、緊急で必要だとしても買わない」
潜在意識に刻み込まれ、ひとつの生活習慣へ変わる。

運気・チャンスを逃すだけでなく、
「もったいない」思考が働いて、成長の機会を自ら潰す。

 

デフレからの解放宣言→インフレへ

自己デフレ現象に陥ると、
商品・サービス購入(絵師への依頼も含む)に対し、
「安さ」が第一基準となってしまう。

その上品質が良くなければ怒る。
「品質が良く、安くて当たり前」思考があるからだ

加えて「損をなるべくしたくない」
「詐欺の被害にあいたくない、騙されたくない」気持ちもある。

自己デフレ現象から脱却するには「損をしてもいいや」
損をしてもいい覚悟を持たねばならぬ。

1500円の本が100円に落ちるまで待つのでなく、
1500円のまますぐ購入する。

お金の価値を自ら下げ(商品の価値を上げ)ねばならぬ。
正規の値段で買う習慣をつけ、自己デフレから抜ける覚悟が必要だ。

自分に強く言える。アマゾンで商品を買う際、
「中古品」を真っ先に見るからね。

今、私やしゃしゃは「自己デフレ」罠に気づいた。
罠にはまったまま人生を送るのもよい。

少しでも自分の価値を上げるなら、
「損をしたくない」でなく「損をしてもいいか」
考えから生活習慣を変える覚悟を持つべき。

アマゾン:スイス人銀行家の教え―お金と幸せの知恵を学ぶ12のレッスン

上記の本に「お金の奴隷解放制限」があった。

 

損をするのが怖い

とはいえ、新しく購入した本を翌日、古本屋で売っていたとき、
「先にこっちへ来ればよかった」思ってしまう。

中古店にしか商品がないときは仕方ないと思うが、
お店に商品があったら、なるべく正規の値段で買って、
自己デフレ現象から脱却しよう。

損をするのが怖いなら反対に考える。
「損をすればお金がどんどん入ってくる」と。

「損をするとお金がどんどん無くなる」
考えるから節約を心がける。

反対の考えを与えた本がこちら。

心屋さんの考えでお金に対する価値が変わった。
簡単な考えを変えられないから、いつまでも同じ道を歩んでしまう。
お金に関して少しでも「違う道」を歩みたいなあ~
思ったら、今すぐ読んでみてね。

アマゾン:一生お金に困らない生き方

過去記事:心屋仁之助「一生お金が困らない生き方」にショック

 

民主党政権と第二次安倍政権

民主党が与党だったころ、円高放置のデフレ対策をとった。
物価はどんどん安く、買い手に素晴らしい状況が続く。

会社の利益はもっと下がり、日本より海外移転が増えた。
事業仕分けで「無駄」を省きまくった結果、
本当に必要な個所も省いて、かえって損失を出してしまった。

第二次安倍政権になってアベノミクスこと、
金融緩和から積極的公共事業、働き方改革をやり、
有効求人倍率は上がり(ツッコミどころはあるが)、
公務員はもちろん、一部の会社給与も上がった。

とはいえ、安倍政権時もデフレは続いている。

参照:総務省統計局「デフレの原因は一つでない」

自己デフレ現象に気づいた際、物価は高いより安い方がお得。
私たちの大半が思っているからだ。

会社の論理や努力、技術(相手:絵師)より、
買い手の台所事情(自分:依頼人)を重視するよね。

ある商品を買う際、中古の値段を見ないで正しい値段で買う覚悟。
特に財布事情が厳しいほど、覚悟を問われる。

しゃしゃはどうだろう? 抜け出す覚悟がある?

……自分で書いて、厳しい覚悟を求められたよ。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

Pocket