Pocket

引退黒田漢泣き | かるた [pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=59817218

引退黒田漢泣き | かるた [pixiv]

おはよう、しゃしゃ。
ある言葉(単語、文法)の使い方に違和感を抱いたら、
すぐに辞書を用いて調べてみよう。

辞書の意味通りでも違和感を抱く場合、どこに原因があるのだろう?

奥山恵美子仙台市長が二期目を終えて、三期目をやらないと決めたそうだ。

河北新報にタイトルでこう書いてあった。
「奥山恵美子仙台市長が引退へ」

引退って言葉の使い方がおかしいと思ったよ。

 

引退の定義を調べると

引退を辞書で調べると、
「活動していた地位や職業から退くこと」書いてあった。
類語で「勇退(後進の人に道を開くため、自ら進んで役職をやめること)」

言葉として「正しい」使い方なのね。
私が間違っていたよ……でもね、おかしいと感じるのよ。

「引退」はスポーツ選手が選手としての活動を終えるときや、
部活動で先輩が3年生になり、ある大会を終えた後、使われる。

言葉の使い方は正しいのに、私の中では違和感が消えないんだ。

 

奥山恵美子市長と日の丸

ツイッタートレンドに彼女の名前が載り、
ツイートに「市長としての仕事」があった。

・神社に「日の丸禁止令」を出した
→神社側の都合と日の丸に対するクレームで下げた
日の丸は禁止したという書き手のデマ。
仙台市側は日の丸禁止を神社へ伝えていない

参照:仙台市 青葉神社の件について

 

・ソチ五輪凱旋パレードに「日本国旗」を持たせなかった
(トリノ五輪でも同じ現象が起きた)

参照:仙台市、羽生結弦選手優勝パレードで日章旗を準備しない方針

 

・チャイナからのパンダ招致から「チャイナタウン構想計画」があった
加えて、東日本大震災時、ダライラマ14世の面会を断った

参照:奥山恵美子仙台市長、仙台パンダは「留保というような状況」

奥山恵美子さんは2009年7月、民主(民進党)と社民党の支援を受け、
仙台市長になった。2009年といえば、民主党が政権をとった年だ。

 

河北新報と岡崎トミ子氏

次に河北新報を見ていく。
故・岡崎トミ子さんの死について取り上げていたよ。

かつて虎ノ門ニュースで青山繁晴さんがおっしゃった。
(当時、彼は議員でなく独立総合研究所の社長)

「民主党が与党だったとき、岡崎トミ子さんは国家公安委員会委員長だった。
彼女は韓国の反日デモにも参加する人物。

公安委員会の役人に対し『岡崎さんの元ではやりにくかったでしょ』
尋ねたところ、『いいえ、やりやすかったですよ』」が印象あった。

ちょっと関係のない話だったね。
ツイートを通して岡崎さんの取り上げ方を見たら、
「河北新報はそっちよりかあ」わかった。

 

違和感の正体

「引退」という言葉に抱いた違和感の正体わかった。

基本、新聞は権力者側に「敵意」を抱く。
顕著な例が日刊ゲンダイ、リテラ、朝日や毎日新聞他→安倍総理だね。

もし奥山恵美子市長が河北新報にとって「敵意」を抱かれたら
河北新報は「引退」という言葉を書かなかっただろう。

そっけない書き方だと「三期目を辞退」かな。
(もっとひどく書くと、どうなるのだろう?)

「引退」は感謝の意味を込めている。

河北新報は奥山恵美子さんを敵視しておらず、
「仲間」として「ありがたい」人物だった。

ツイッターで神社に対する日の丸(神社側が否定)、
チャイナからのパンダやチャイナタウン構想といった、
私の感情に「良くない情報」が出ていた。

私と河北新報の「気持ち」がずれているから、
引退という単語に違和感を抱いたのね。

奥山恵美子市長、市長としての仕事、お疲れ様でした。

 

違和感にチャンスあり

しゃしゃも違和感を抱いたら、放置しておくのでなく、
面倒くさいと感じても、調べる癖をつけよう。

辞書を使って単語の「意味」を確認し、
違和感を抱いたニュースについて、
気になった部分を掘り下げていった結果、違和感が分かった。

「わかったのはいいけれど、わかったから何なの?」

言葉に対する違和感に気づくと、言葉の正しい使い道がわかる。
裏返すと、間違った使い道をしないで済むうえ、
わざと間違って使い、扇動の手口から逃れられる

少なくとも、自分の身は守れるし、気になったことを記事にすれば、
「同じく」気になった人が訪れて、何か良いことが起きると思うよ。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

記事拡散のお願い

Pocket