Pocket

おはよう、しゃしゃ。
森友学園問題が面白い方向へ流れている。
籠池元理事長を証人喚問するそうだ。

ところで、ジャーナリストの山口敬之さんによると、
『AbemaPrime』という番組で、安倍総理と電話した。

19日からの訪欧で非常に難しい交渉があり、
対応策で頭の中はいっぱい。森友学園問題はあんまり興味がない

引用:安倍総理は"証人喚問になってよかったよ"と言った

ここから私たちにも学ぶ箇所がある。

 

「どこ」に意識を注いでいるか?

チーろっぱ歴訪

※ グーグルマップより

民進党は日々森友学園というより、
学校に寄付をした安倍総理・夫人に焦点を向けていた。
(他に共産党、社民党など)

彼を総理大臣の座から降ろし、共謀罪をはじめとして、
一部の外国にとってデメリットとなる法案を潰していく。
あわよくば、民進党が再び与党へ返り咲く。

一部のメディアも民進党の立場に協力していた。
ネットでも「安倍は辞任だ、もっと追い詰めろ」喜ぶ人を結構みた。

過去記事:森友「しか」扱わないメディアの統一感に危機意識

先日書いた記事を改めて読むと、日本メディアの関心が
「籠池元理事長の発言→安倍総理辞任へつながるか」

ほとんどこればかりで、日本はこれ以外問題はない。
たいしたニュースもない印象を受けた。

ところが安倍総理は国内のごたごたよりも、
日本の国益につながる「外交」へ焦点を絞っていた

何だろうね。「注目すべき場」の違いは。
野党は日本の国益につながる外交などやらないから、
日本国内に焦点を絞っているのだろう。

※ 日本共産党-赤旗HPを見ると、
志位和夫委員長はキューバや韓国への訪問など、
「野党」として外交を繰り広げているね。

参照:日本共産党の野党外交

「リーダー」として「どんな結果」に注目しているのか
自民と民進では大きな違いが表れているよね。

 

欧州外交はどうでもよい?

山口敬之さんによると安倍総理の関心は森友、
「国内のごたごた」より「ヨーロッパ外交」に焦点を当てている。

ヨーロッパ訪問はメディアで大きく取り上げていない。
外務省HPによると、ドイツ・フランス・ベルギー・イタリア。

外務省HP:安倍総理の欧州4か国訪問(19日から)

ヨーロッパ訪問が日本にとって「どのような国益」をもたらすか。
訪問した結果、ヨーロッパ四か国とどんな関係を抱くのか。

日本の仮想敵国であるチャイナに対し、
いかなる「外交攻撃(武力でなく情報)」を仕掛けるのか。

結果、日本にはどんなメリットをもたらすのか?
ヨーロッパとの関係が悪くなると、
日本はどんな形で不利に追いやられるのか。

日本メディアが「森友」ばかりに関心を抱き、
私たちが「今、日本は森友以外、たいしたことがない」
思ってしまうと、欧州への訪問が何をもたらすか。

考えられないので「無駄」な外交と思い込んでしまう。
この記事に載せているツイートのように。

 

外交と国益

外交を通して日本はどんな利益を得ているのだろう?
知らないと、ただ遊びにいった印象しかないよ。

メディアも「わかりやすく」伝えていないし。
(むしろ、誰がどんな表情、服装、無駄話をしたなど、
国益とは関係ないところばかり、焦点を当てる)

ひとつの事例として、
韓国はTHAAD配備を決めた途端、チャイナが韓国に報復を決めた。

韓国からの芸能人を出さない、
旅行を前日でキャンセルし、損害を与える。
チャイナから韓国への旅行を禁止するなど……

「お前は信用に値しないわ」
判断されると、外貨獲得手段を失ってしまい、
国内経済に影響を与えるよ。

最も「内需(自国内の経済循環)」が良ければ、
物価や生活のしにくさへたいした影響を与えない。
韓国は「輸出入」による外需依存が高い。

参照:内需国家と外需国家

魅力ある取引国と経済協議を行うだけでなく、
相手から「嫌われない」のも、外交で必要な「価値」だ。
仮に嫌われても「影響が出ない・戦略」なら別に良い

経済ががたがたになると、現政権に対する暴動率が高い。
たいした暴動もなく過ごせる日々も「国益」の結果だと考えているよ。

参照:安倍総理ら米国への訪問–トランプ大統領との会談–(外務省HP)

 

リーダーとして「観る」場

仮に総理が森友学園問題に集中していたら、
高確率で「国益」につながる行動をとらない。
「自分の問題」で頭がいっぱいだからね。

山口敬之さんによると、総理大臣は国内のごたごた
――日本の将来に大きくつながる出来事――でなく、
国益につながるかどうかに神経を注いでいる。

一方村田蓮舫民進党代表は「安倍総理の辞任」に集中していた。
(稲田防衛大臣もいたね)

メディアも「総理他が辞任するか?」に焦点を絞っている。
「ヨーロッパ外交でどんな結果を出すべきか」について、
議論しているところなど、耳に入ってこない。

しゃしゃはどうだろう?
森友関連を意識するのもいいのだけど、
「別な方、メディアが取り上げないところ」にも関心を抱こう。

 

総理の関心どころを知りたい

思ったら山口敬之さんが出した本を読んでみよう。
安倍総理大臣の周りにいたから、情報信ぴょう性は高い。
時に辛口、時に褒める。

「総理はこういう考えを抱いているんだ」がわかると、
日本がより多くの国益を得るために、
どんな考え方をしていけばいいのか、わかってくるよ。

本:暗闘(山口敬之)

本:総理

 

脱線:メディアの主張と国民の声

メディアは基本、自民党を追いやる情景を映すが、
野党にとって「ブーメラン」となる情報は流さない。
野党でも「自社に都合の悪い情報」は一切流さぬ。

メディアが載せる情報→国民が「一番」関心を抱いている情報
政党が受け取ると、集中すべき部分はメディアの視聴率になる。
(新聞や週刊誌なら購読率、ラジオなら聴衆率など)

新聞のテレビ欄

ところがネットは「メディアが隠す・載せない」情報も載る。
嘘もあるけれど事実もあり、メディアに出ない「声」がある。

本当は「声を大きくして叫びたい情報」なのに、
「どのメディアも拾ってくれない」言葉。

日本の国益につながるか、かえって損害を与えるか。
世の中をありのまま見て、善悪判断を省き、
「どうしたら国がより面白くなるのか」

米大統領選挙における、隠れトランプ派を見ている感覚だ。
(口ではヒラリー、心はトランプ。そういわないと殺される)

「メディアが取り上げる情報=国民の声・最も関心のある情報」
捉えている政党は、現実にショックを受ける。

メディアが取り上げる情報は「必ずしも」国民の声、
最も関心のある情報とは限らない。

そこに気づいて「別な視点」から情報を得ているかどうかで、
今後、大きな「差」が開くのではないかと考えているよ。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約 powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

Pocket