Pocket

仕事人

おはよう、しゃしゃ。

物語やビジネス文書、イラストを描いていると、
必ず出来上がった作品を冷静に見て変えていく作業、
「編集」に頭を費やすよ。

編集は販売用の文章やPOPだったら売り上げに影響を与え、
物語なら人物や世界観への興味を大きくもたらす。
でも編集に関する「ノウハウ」はあまり出ていない。

小説の書き方、ビジネス文書の書き方、絵の描き方……
描くノウハウはあっても「編集」の指標がない。
自分で作らなければならない。

私がイラストや文章を描いて、どのように編集を試みているか。

「より良い編集」を見つける意味で記事を書いてみたよ。

 

編集の定義

私は何かを行う際、必ず言葉を定義する。
辞書で調べると「特定の狙いにそって、情報を集め、構成、整理する作業」
これだけだと「特定の狙い」があいまいになる。

あいまいな定義はあいまいな結果しか生まぬ。
自分で定義し直さなければならぬ。

そこで私はこう定義しなおした。
「読者(自分も含む)から見てより魅力、わかりやすく、
頭に自分の意見がしみ込むように情報を整理し直す作業」

読者に魅力を感じてもらうこと。
読者が魅力を感じた場合、作品への興味も深まる。

 

編集と学習の関係

勉強において、復習は大切だ。
一度やった箇所を何度もやって、体に覚えさせる。
結果、類題にも何とか対応できる。

復習は同じ作業の繰り返しでない。
できなかった部分をつかみ、できるにはどうするか?
何ができて、どこがダメなのかを見極める学習だ。

何も考えないでただ答えと解説をノートに書いても、
ちょっと頭を使う類題が出たら、対応しにくい。

復習ほど、できない箇所をきちんとやりこなすために、
わからない箇所を深く掘り下げ、時間を費やす。

復習は同じ作業の繰り返しでなく、細かい分析が必要な「勉強」だ。

編集も復習に近い。自分や誰かが書いたもの(原稿、イラストなど)を
改めて読み直し、改良を加えていく。

 

編集の要点

花びらスカート

編集はどこに力を入れればよいのだろう?
文章やイラストで「おかしい」部分を直すのはもちろんだ。
でもおかしい部分だけを直しても、たいした意味はない。

編集するうえで私が基準にしたものは

1 読者の需要(質問)に答えられているか
作品ならテーマ(どこを強く描きたいのか)をはっきり表しているか
イラストなら読者が求める「どんな状況」を絵に表したのか

2 流れを意識して作っているか
作品なら話に加え、人物や世界観の魅力を描けているか
イラストならストーリーに沿って描けているか

3 文章の読みやすさ、イラストなら色調整

作品を直すうえで最も欠かせない「需要」の問題
ブログ記事なら誤字脱字よりも、「読者が欲する情報」を書いているか。

読者は星の数ほどいるから、
「自分」を読者の一人と置いて、考えてみる。

物語なら読者として「どんなシーン」を楽しみに捉えているか。
イラストなら読者として「どんな状況」を鑑賞したいのか。

次に読者(自分を含む)として、なるべく誤解なく表現できているか。
ブログ記事なら、ほかに情報が出ていないか。
物語なら、人物や環境に関する情報を描けているか。
(情報量が足りているか)

イラストなら「どんな状況」を描いているのか、
ストーリーとしてうまく伝えられるか。

最後に文章を印刷し、声に出して読んでみる。
そこで文法や単語の使い方を確認する。
丹後は辞書を使って言葉を調べ、適切か見ていく。

イラストも、PCで絵を描いた場合、スマホで確認をとる。
印刷して色の塗り具合やおかしいところを見る。

一番は「読者として何を求めているか」であり、
次に「読者に適切な情報を与えているか」で、
最後に事務的な編集(文章チェック)と私は考えている。

 

執筆者の私≠読者としての私

私は記事を書いている。
私が書いた記事は「未来の自分」にとって欲する内容か?

執筆者としての私と、読者としての私は違う。
私が書きたい記事は必ずしも、私(+読者)が読みたい内容ではない。

反対に私がたいした書きたくない記事は、
未来の自分(+読者)が欲している情報だったときもある。

しゃしゃは編集に関する情報として、
どんな疑問を抱き、解決に至る考えが浮かんだだろうか?

私が書いている記事は「読者から見て」、
欲しているかどうかわからないけれど、
アクセス解析を見て、読者数が多いとき、
「ああ、この情報を欲しているんだ」捉えて間違いがないよ。

 

編集を変えれば作品はより良くなるか?

イラスト

今まで編集と言っても、文章の誤字脱字、
イラストなら色塗りに気づいた違和感を直す程度だった。
全体を読んで、話の流れや人間の性格に矛盾はないか?

でも、登場人物をどう描けば「より魅力」をもたらすか。
編集も「勉強」の一環として捉えると、
気づくところが増えて、作品がより面白くなる。

参考になっただろうか?

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

記事拡散のお願い

Pocket