おはよう、しゃしゃ。
情報に関わる問題として、民進党の山井和則議員が、
2chを引用リツイートしていた。

私はまとめブログの引用ツイートはしているが、2chのツイートはないなあ。

ところで、山井議員が2ちゃんねるを情報源としてツイートしたら、
多くの人から笑われているよ。どうしてだろう。

 

書き込める2ちゃんねる

書込み

2ちゃんねるは「匿名」で書き込みができる。
最もIDが出ているので、警察はあの手この手で書き込み人を特定し、
犯罪につながる書き込みをした人を逮捕している。

ところで、匿名の書き込みを利用して、
スレッドを立てればいくらでも匿名で書ける。
まさか「国会議員」が2ちゃんねるに書き込んでいるなんて、
多くの人は考えすらしないだろう。

山井さんが書いているかどうか、私にはわからない。
仮に彼が引用した2ちゃんスレッドに書込みを行い、
ツイートという形で広めたら……

「みなさん、これで盛り上がってくださいね」
議員というより煽り屋に近い動きをとっている。

 

国会議員なのにソース元って

多くの人が山井議員のツイート引用で笑う理由は、
「国会議員なのに情報源が2ちゃんって、大丈夫かw」

彼が引用したニュースは「毎日新聞」だ。
私から見て毎日新聞は、虎ノ門ニュースに内容証明を送り、
百田尚樹さんに「waiwai事件他」を暴かれた新聞社。

あまり良い印象を抱いていないよ。

関連:虎ノ門ニュースに内容証明を送った毎日新聞

国会議員は「取材」できる。
疑惑について週刊誌や大手メディアのほか、
議員が自ら乗り込んで調べられる

森友学園にて、民進党の玉井議員と辻元議員が直接、
大阪へ足を運んで調べたね。
(予算委員会をさぼって行った)

自分らで取材し、いくらでも調べられる立場にいる。
なのに、誰かが取材した情報源の、
さらに情報源で語り合う場をツイートしている。

誰かがツイートした文章をリツイートしているのでなく、
直接2ちゃんサイトへ足を運び、ツイートしている。

山井議員は確実に2ちゃんねるを愛用している。
書込みを行っている確率も高い。

彼が2ちゃんで書き込んでも、一つの意見として終わる話だが、
2ちゃんねるをツイートしている姿を見ると、

「あんた、国民・有権者のために仕事しないで何をしているの」
侮蔑を込めた笑いしか浮かばないよ。

 

メディアの気が緩んでいる

先日、東京新聞で取材もしないで米海軍の記事を書いたところ、
米海軍側から怒りの文書が載った。

「取材もしないで、いい加減な記事を書くな」と。

またニュース女子の言論弾圧問題における記者会見で、
朝日新聞の編集委員が問題を提起した側に対し、

「情報元がしっかりしないと記事にできない」述べた。
自分の目で情報源を確認しろと突っ込まれていたよ。

森友学園の国有地買い取り問題でも、
民進党がよく「週刊誌」を情報源として取り上げている。

週刊誌を情報源にしなくても、
週刊誌で取材した人を議員が直接取材へ赴き、
(あるいは秘書や誰かを雇って取材させ)
直に話を聞けばよいのだが、怠っている。

「取材の怠り」が表面化したメディア。
大手メディアとして、仕事の質を落とし、自ら信用を落としている

信用は何もメディアだけの問題ではない。
私たちだって仕事に「慣れ」が生まれ、
「緊張感」が抜けてしまうと、怠けた気持ちが出やすい

仕事はいつどこでも、何があっても気を引き締めていけば、
「取材もしないで、変な情報を書くんじゃない」と、
怒られないで(恥をかかないで)すむ。

だからこそ、私たちはチャンスにあふれている。

 

信用を落とさない癖を

信用を落とすのはお客様ではない。
売り手側(仕事人)が持つ「気のゆるみ」だ。

私も一人の「売り手」として、気のゆるみに気をつけねばならぬ。
気を付ける方法は「意識」するだけ。

慣れても意識するだけで自ら恥をかく機会が減っていく。
仕事をまじめにやったからと言って給与がすぐに上がるわけではない。
でも、意識してきっちり仕事を行う人は、他人が見ている。

他人が見ていなくてもお天道様が見ている。
お天道様は「予想外」な形でしゃしゃに良い何かをもたらすよ。

 

別の意味で盛り上がる

山井議員の2ちゃんツイートをした目的として、
「俺のツイートをリツイートして、みんなこの話題で盛り上がってくれ。
(安倍おろしにつながれば、なおよい)」

けれど、国会議員で取材もできる立場でありながら、
裏も「自分の手」で取れていない情報をツイートするって、
どれだけ気が緩んでいるの、怠けているの。

笑われる意味で盛り上がっているよ。
本当、大丈夫なんだろうか、山井議員。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket