Pocket

Ace Attorney - Rivalery | Suisei Killfaeh [pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=59697295

Ace Attorney – Rivalery | Suisei Killfaeh [pixiv] 議論といえば逆転裁判

おはよう、しゃしゃ。
虎ノ門ニュース火曜日は面白い。

前に毎日新聞から内容証明抗議が届いた。
今回は民進党有田芳生議員があるニュース事件の抗議から、
番組に出るかと思われたのだが、出なかった。

虎ノ門ニュース側の事情を考え、
有田議員は「議論」から逃げたと考えている。

議論」について語るよ。

 

東京堂書店とサイン会中止

※ 1:16:45あたりから

番組内で火曜日コメンテーターの百田尚樹さんは、
東京堂書店における千葉麗子氏サイン会取りやめ事件について、
状況と物的証拠を元に、番組内で発表したよ。

詳しい内容は虎ノ門ニュース火曜日を見てほしい。
東京堂書店が千葉麗子氏サイン会を開こうとした。
千葉さんは「くたばれパヨク」本を出した。

すると一部の連中が「抗議」してサイン会を中止へ追い込んだ。
(抗議も単なる罵倒だけでなく脅迫もあった)

言論と営業の場を一つ潰したわけだ。
有田議員はこの騒動について、ツイートしている。

「内容から判断」して断ったという出発点かつ本質的な事実

百田さんの調査によると、
脅迫電話がやってきて、書店側の判断で中止を決めた。
きちんと「千葉麗子サイン会」を開く契約をとっていた。
(こちらは物的証拠あり)

 

スケジュールの都合が合わず番組辞退

有田議員も東京堂書店へ聞いたそうだ。
百田さんの説明と矛盾している他含め、
番組に出てよと13日に申し込んだ。

すると6日後に番組出演するかどうかをツイートし、
結局「出演の辞退」を決めた。
6日間、何をしていたのか……パクネ将軍のあれと同じ?

パクネ将軍(空白の7時間)は置いとき、
虎ノ門ニュースは生放送へ出られない人のために配慮している。
・事前収録できる
・スカイプなどの生中継ができる

これらをやらないので、
私たち見ている側は「逃げたな」判断したよ。

かつて小坪しんや議員が有田議員から文句をつけられた。
小坪議員が「堂々と話し合いましょう」述べたところ、
彼はツイッターで、小坪さんを見下して反論し、
堂々とした議論に参加しなかったよ。

 

議論から逃げてよかったのか?

有田議員が仮に虎ノ門ニュースへ出演しても、
私たち実況を含め、色々言われるだろう。

言うことなすこと一つずつ取り上げられ、
「お笑いの対象」になる確率は高い。

ただし、彼が堂々と議論をしていたら、
「彼もいいところがあるじゃないか」

見直すきっかけになったんだよね。
自分でその機会を潰した→
有権者の思考が変わるチャンスを自分の手でつぶした

おまけに国民の代表者である「国会議員」として、
議論から逃げると、不安を抱いてしまうのよ。
その上、彼が議論から逃げると「民進党」の評価につながる。

民進党は「嫌な問題」があるとすぐ逃げる。
逃げるどころか弾圧までして、意見を封じようとする。
イメージ低下につながってしまう。

本当に「出演を辞退して」よかったのかねえ?

 

議論は負けてもいい

議論は正解がない、互いに意見をぶつけ合い、
お互い学べる部分に気づいて、世の中をより深く見る行為が目的だ。
だから議論に負けてもいい。

論破されると恥ずかしいけれど(私もよく論破される)
勉強になる部分は必ずある。

論破されて悔しかった部分を調べ直し、
持論の確認を行えば、だんだん議論に強くなる。

出演を辞退した結果、自分も強くなる機会を失った。
議論に勝ち負けはないけれど、
「議論なぞする価値もない」言って初めからしないのは、
「逃げた→弱い、この人」多くの人が判断するよ。

負けたくないなら徹底的に事実をつかむ。
事実の積み重ねを言うだけで、
普段から嘘や逃げる人にとって、怖い存在につながる

虎ノ門ニュースは百田さんが「簡単に論破されぬ」対策として、
東京堂書店で何があったのか、取材に基づいたうえで、
有田さんの言動を切り崩していった。

仮に有田さんの言動が事実でも、
百田さんのように「証拠」をきちんと並びたてたうえ、
意見を求めると、百田さんの方に軍配が上がるよ。

 

議論に勝てない→弾圧へ

私も議論をして良く論破される、恥をかくほうだ。
恥をかいたからといって、
「あいつにもうしゃべらせないようにしよう」

思ったことはない。
相手の言うことも「相手から見た真実」だし、
自分の発言も「自分から見た真実」として、気づいたことを述べる。

ところが「自分の発言が嘘」だとわかっていて、
相手に議論・拡散されて困る情報があった場合、
やることは二つ。

1 議題(本質)のすり替え
2 初めから議論をさせない(弾圧)

議論のすり替え例として、日韓合意後の日韓議論を見ていけばわかる。
ウイーン条約に違反しているから措置をとった述。

一部の新聞はウィーン条約違反(本質)について触れず、
「日本が傲慢になった」変な方へ世論誘導を企んでいる。

二つ目は世論の誘導も効果がないうえ、
多くの人に知られたら「自分たちの立場が危うくなる」とき、
初めから議題すら出さないよう、脅迫や暴力へ訴える。

今はネットがあるので、やればやるほど
「ああ、やっぱ事実だったんだなあ」
情報社会の中で「事実をつかむ」確率が増える。

しゃしゃはどう思った?
意見がうかんだらはてぶコメントに書き込んでみてね。

 

誰が得をするのか?

有田議員が虎ノ門ニュースにお越しいただかなかったの、
私にとっては大変残念なことだ。

彼が来たら彼への印象も変わるチャンスだったのに、
自分でつぶしてしまったら、有権者の思考を変える機会を失うではないか。

有田さん含む民進党は、政権を奪還する気でいるのか。
もし「自民党のへま」を逃さず、叩けば政権へ返り咲く……
思っていたら、有権者の声でなく別なところを見ているにすぎぬ。
国会議員として、いや、人としてしっかりしてもらいたいよ。 

本:くたばれパヨク

なお、千葉麗子さんの本はサイン会中止になってから、
かえって千葉さんの新刊を知った人が多く、
ベストセラーになってしまった。告知の手伝いをしちゃった。

世の中、本当に面白いよね。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約 powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

Pocket