Pocket

おはよう、しゃしゃ。
私のブログではいろんなことを騙っている。
今日は今作っている作品に関わる話だ。

ひとつでは話が短くなるから、二つに分ける。

私は男を描くのが苦手だ。
インスタグラムで人物を模写しつつ、
自分なりに考えて絵を描いているが……

今一つ、自分の中で「これいいな」思ったものができぬ。
そこで発想を変えてみた。

 

イケメンでなく女の子

困ったとき

「女の子を描くつもりでイケメンを描いたらどうだろう?」

思ったきっかけが少女漫画の男子どもだ。
彼らを見ていると、男の子なのだけど……
「あれ、女の子にも見えてしまう」ふと考えた。

どうしてそう考えたのかはわからない。
ただ「細身の男の子」を描いているうち、
「女の子と大差ないのでは?」考えた。

そこでイケメンの男の子を描くとき、
「男でなく美少女を描くのだ」思い込ませ、
イケメンを描いてみたら、思った以上の出来だった。

 

得意分野に引きずり込む

画用紙イラスト

イラストでも私は男の子を描くのが苦手だ。
特にかっこいい男性を思ったように描けない。
美少女を描くのは得意だ。

「得意分野を描く」意識で、「苦手分野」を描いてみると、
頭を固めずにすらすら描けると気づいたよ。

苦手な科目があって困るんだよ、どうしたらいいか……
考えているなら「苦手」をやるのでなく、
「得意科目」をやっているんだと意識
して、
苦手なものに向き合ってみると、考え方が変わってくるよ。

 

文章が固い,どうすれば柔らかくなる?

文章が固い

作品に関連し、ビジネス書を書いているよ。
書いた原稿を印刷して音読すると、
「なんか文章が固いなあ~」気づく。

私が書いている文章の一部を抜き取りましょう。

人間は幸せな気分だと「やりたいこと」に対し、より深く追求できます。そこにあなたの「最高価値」が眠っているのです。反対に自分で「だめだな」と不幸な気分でいると「最低価値」を生み出してしまうのです。他人はあなたが出す「最高価値」を求めています。最高価値を出すために態度や言葉において「幸せな気分」を自分で作り上げる行為が大事です。

文章を読んでいて、表現が固いなあと思った原因を追究したところ、
1 熟語(漢語)を使いすぎている
2 接続表現を使って、論理を重視

例えば漢語の部分として、

「幸せな気分」を自分で作り上げる行為が大事です。

を取り上げたとき、
柔らかくするためのポイントは二つ。

1 熟語をなるべく使わない
2 より簡単な表現にできないか、検討

「幸せな気分」を自分で作り上げる行為が大事です。
→「幸せな気分」を自分で作り上げることです。
→「幸せな気分」を作り上げましょう。
→「幸せな気分」を作りましよう。

作り上げる:すっかり完成させる
作る:手を加えて何かへ変える

文章を柔らかく変えた後、辞書で単語を調べる癖をつけると、
語彙力が上がり、相手に納得してもらえるよ。

 

古文と漢文で柔さと固さを学ぶ

源氏物語や枕草子を声に出して読みますと、
漢語(熟語+する・させる 例:学習-する)でなく、
大和言葉(漢語+ひらがな 例:学-ぶ)で書かれている。

古文と漢文(書き下し文)を音読していなければ、
「なんか文章が固いなあ~」気づかなかった。

固い表現を好む人がいれば、柔らかい言葉を好む人もいる。
「誰」に読んでもらい、どうなってもらいたいのか?
考えたとき、固い表現より柔らかい方がいいよねと思った。

文章における私の基準は「絵本」だ。
絵本には熟語がほとんどない。
なるべく柔らかい大和言葉を使い、子供に伝えている。

読者を想定していないなら固い表現でもいいけれど、
私は自分に問いかけているよ。

「自分の人生が今書いている本一冊にあるとしたら、どうする?」

すると答えは決まってくる。
固い表現より柔らかい表現を使った方がいいか?

しゃしゃならどうする?

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

記事拡散のお願い

Pocket