Pocket

二人の少女

おはよう、しゃしゃ。
最近、伸び悩み行き詰っていた。

そこである事実に気づいた後、
コロンビアにいる師匠へ電話をかけた。

すると、彼はおっしゃった。
「世界観」のためにインプットをしなさいと。

後で振り返ったとき、
「勉強」は世界観を作るためのステップだったと気づいたよ。

 

世界観とは何か?

万年筆と数学

世界観とは何だろう。
例えば私が小説家になろうで書いている作品、
キラメキドーターズでは空の色=時間として表している。

空の色をHSV空間に例え、Hの変更と共に時間も変わる。
空の色が変わると、異世界に住む人たちの作業も変わる。
生活も地球と違ってくる。

そこをはじめとして、交通はどうなのか。
地形は、気候は、政治は、経済は……と、
「学問」で見に着いた社会や理科の知識を使い、
細かく分けて調べていくと、面白い世界が出来上がる。

師匠はおっしゃった。

「アウトプット(作品を書く作業)よりも、
インプット(世界観の構築)に時間をかけろ。

アウトプットを1時間としたらインプットに4時間使いなさい。

すでに完成したものを載せながら、
新しい話の構築をしておきなさい」

私はこういう作業をしていなかった。
だから自分の中で「薄っぺらく感じるなあ」思った。

 

勉強と世界観

子供が書いたイラスト

勉強をすると、あるところまでは伸びるのだけど……
必ずある個所で行き詰る。

どういうわけか、一度、成績が伸びなくなる。
人によっては焦るだろう。

おすすめとして、教科書に書いてある項目をしっかり読んで、
ノートに書きとり、教科書を読まなくても、自分の言葉で相手に伝える。

社会はもちろん、理科や数学、英語など、
「教科書があるもの」ならすべてに応用できる。

教科書を勉強しながら、改めて問題を解いてみると、
今まで気づかなかったかところから問題を見つめ直し、
原理をつかんだうえで問題に取り組められる。

後は教科書に書いてある項目をすぐに引き出せるよう、
何度も反復練習を積んでいく。

反復練習を作品に当てはめると、
すでに浮かんでいる世界観を何度も読んで確かめながら、
編集+追加していくよ。

私たちは勉強を通し、
知らない間に世界観を作る作業をしていたわけだ。

意外なところに気づくって面白いね。

 

おまけ:ほしいものが幻だった話

人間、生きているなら何かを欲する。
お金が欲しい、女が欲しい、●●さんのようになりたい、
●●賞を取りたい……欲だ。

欲は悪いことでない。原動力になる。
でも欲を達成すると「その場」では喜ぶのだけど、
「数日」たつと、喜びも消えていく。

その場では感動したのに、数日たつと感動もなくなる。
代わりに新しい感動、欲を求めて生きる。

その間に欲を達成できない自分にいら立ち、焦り、
ついには体も心も壊してしまう。

ふと気づいた。

「もしかして、誰かが釣り竿にぶら下げたニンジンを、
ただ追いかける馬になっているんじゃ?
(ことわざで、馬の鼻先にニンジンをぶら下げる)」

ウェーブヘア

気づいたとき、私がほしい、なりたいな。
思っている願いがすべて幻と思ってしまった。

幻をずっと追いかけていると気づかされた。
しゃしゃはどうだろう。

今、欲しているものについて、
「切羽詰まった、はっきりとした」事情はあるだろうか?

切羽詰まり、はっきりとした事情がない限り、
本当に求めている何かは手に入らないと考えている。

例えば私、仕事でどうしても必要な道具が欲しかった。
でもお金がなくて購入できなかった。

神社で参拝したときに「すでに入った」ものとして、
ゆったりとした気分でいたら、仕事仲間から電話がかかった。
そこで必要な道具に対する交渉を行ったところ、
その方が私の代わりに購入してくれたよ。

(その後、私は別な形で対価を支払った)

本当に必要なものは向こう側からチャンスがやってくる。
機会を逃さずつかめばいいだけ。
(ただし、ある程度の覚悟は必要だ)

気づいたとき、心にぽっかり穴が開いてしまった。
欲するものがない場合、どう生きたらいいのだろう。
妻や子供を含む家族を愛しながら、
目の前の仕事を日々こなしているだけでよいのか。

そこで目の前の仕事をやろうとしたら、
「なにも欲していない自分」はとても気合が入る。

なんだかわからないけれど、気合が入る。
ほしいものに惑わされると、仕事をこなす速さも遅くなるが、
欲するものが幻だったと気づいたとき、
目の前の仕事をただひたすらこなすようになった。

ただそれだけなのだが、余計なことを考えていないためか、
ものすごく作業に集中できたよ。

 

おまけ2:自分で気づく価値

ウェディングドレス

「ほしいものが幻と気づいた」話を師匠に述べたら、

「マズローの欲求段階説だね。
マズローが書いた本を読んだことがあるの?」
尋ねたから、私は以下のように述べた。

「いいえ、キンドル向けに本を書いていたとき、
欲求を分析したら気づきました」

すると彼はおっしゃった。
「過去の書物を読まず、世の中(内観も含む)を分析し、
気づく行為は非常に価値がある」

しゃしゃはどうだろう?
しゃしゃが気づいた何かはすべて、尊い価値だ。

だから私は価値を記事にして共有する。
少しでも未来につながればいいなと思っているから。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

Pocket