LINEで送る
Pocket

仕事にしくじった

おはよう、しゃしゃ。
ある仕事の依頼が届いた。

私にとって正直「やりたくない」仕事だ。
なのですぐにこなした。5日かかった。

途中、ほかの仕事を投げ出すほど熱中した。
熱中する自分に嫌気を覚えた。

他がおざなりになるからだ。
でもやりたくない仕事を行いながら訪ねた。

しゃしゃも今、やりたくない仕事をしているなあ。
感じているなら、すぐに質問をしてみよう。

 

自分の成長にどんな意味があるか?

otukare

仕事はすべて「自分が成長する」ためにある。
嫌な仕事でも引き受けた以上、

「自分の成長にどうつながっていくのか」
考えなければならない。

何も考えないで引き受けるから、
「ただのお金を得る、ストレスのたまる作業」になる。

私にとって嫌な仕事の一つが、ブログのカスタマイズ。
ある人からお金をもらって頼まれたのだけど、
カスタマイズする時間で他の作業ができるから嫌だった。

でも引き受けてしまった以上、やらねばいかん。
やるうちに他の作業がどうでもよくなってきた。

そこで自分に問いかけてみたんだ。
「今している作業にどんな狙いがあるのか」

「指導する存在」がいるとして、
彼が何かを通して私に気づかせようとしている。

その「何か」を自分で見つけなければならない。
見つけたら、すぐさま自分の仕事に応用する。
すると、仕事の成果も変わってくるわけだ。

なので、自分にとって嫌な仕事を引き受けた場合、
単に嘆くよりも「自分の成長にどんな意味をもたらすか?」
問いかけてみよう。何かに気づかされるよ。

 

どうして私がこんな仕事を?

ウェディングドレス

この質問を思い浮かべているなら、
「仕事における全体像・役割」が見えてない。

例えばアフィリエイト、私もアマゾンや楽天など、
このブログで堂々とアフィリエイトしている。

ブログアフィリエイトを行う場合、

・ブログ
・書き手
・アマゾンなどの商品サイト

最低でも3つの条件を満たさねばならぬ。

「俺のところから紹介して儲かるといいなあ」
という考えだと「自分」しか見ていない

「読者が今後、成長していただくために商品を伝える」
という考えをもって「周り」を見渡している。

関連:すぎやまこういちさんの言葉より未来に気づく

しゃしゃに質問だ。

ブログ、書き手、商品サイトのうち、
ひとつでもかけていたらどうなると思う?

ブログアフィリエイトなんてできないよ。
ブログがなければ、いくら良い商品があっても、
紹介する人がいない。

書き手がいなければ、誰も記事をかけないから、
アフィリエイトする機会すらない。

商品を紹介するサイトがなければ、
たとえ商品の名前を紹介しても報酬が入らない。

ひとつでも欠けてしまうと崩れてしまう
大工が家を創るとき、柱が一つでもないと不安定になり、
家が崩れて人が死ぬかもしれない。

「柱を立てる意味」をきちんと理解している人と、
そうでない人は「生きる責任」が大きく違う。

「何のために仕事をしているのだろう」
思った場合、仕事における全体図をつかもう。

 

おまけ:激務と時間の流れ

otouto

ここ最近、仕事が立て込んでいた。
でもインスタグラムにイラストを上げるほど時間はあった。

また小説家になろうで小説を書く時間すらあった。

激務だと思っていたけれど、そうでもなかった。
なんというか、時間は平等に流れていない。

今、しゃしゃが記事を読んでいる時間が3分だとする。
カップラーメンが出来上がる時間を待っているとする。
仕事に追われて3分以内に片づけなければならないとする。

これらは同じ3分だけど、
最も時間を感じないのが、仕事に追われている状態だ。

早く何とかしなければならん。と考えている時に使う時間は、
いつもよりも早く消費している。

向こうを見つめて

でも、一番時間が余っているなあという印象を与える。

なんと言ったらいいのだろうか。
時間は平等に見えて実は不平等に流れているんじゃないか。
水の流れと同じように、1秒の間に何をしているかで、
「暇な時間」の量に差が生じるのではないか?

変なことを考えていたよ。
意味不明な文章だと思うので、あまり気にしないでね。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

LINEで送る
Pocket