LINEで送る
Pocket

丁字路の大樹 | ろく [pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=22532647

丁字路の大樹 | ろく [pixiv]

おはよう、しゃしゃ。
昨日のヒルナンデスで、芸能人たちがある男性に道を尋ねた。
「丁(てい)字路」と男性が発言し、出演者が笑った

丁字路は正しい言葉なのに、芸能人たちが笑っている。
これじゃあ男性がかわいそうだと炎上しているよ。

「芸能人らはよほど笑いのツボに入ったんだな」
しか思わなかった。愛嬌あるおっちゃんやなあ~と。
(下記ツイートに動画あり、確認しておこう)

炎上騒ぎを分解していくと、どんな視点や問題が見えてくる?

 

無知をさらけ出した芸能人たち

出演者が「丁字路」という単語を知らなかった。
(番組テロップではきちんと丁字路と表現)
知らないからこそ、自分たちが知っている情報で判断する。
丁とTは「はね」があるだけで、文字や読み方は似ているよね。

NHKの放送ルールでも、丁・Tのどちらを用いてもよいとみなしている。
(殺人事件のトリックに使えそう)

記事元:ねとらぼ(出演者が笑う一幕に批判殺到)

 

男性に対する感謝が足りない

「せっかく道を教えてもらったのに、
言葉の使い方で、お爺さんを馬鹿にするってどういう心境よ」

一部の視聴者には出演者の行為に対し、「いじめ」認識したよ。

本来、正しい言葉を使った男性を「無知の象徴」として、
出演者たちは笑いに変えた。

後から振り返ると、親切に道を教えてくれた人を馬鹿にする。
おじさんに失礼じゃないの?

そこに怒りを感じる人が多い。

 

一緒に笑って炎上に乗っかるバカ

もし視聴者の中に、炎上騒ぎが起きる前まで
「このおじさん、丁字路って呼んでいる、馬鹿だwww」
思った人は出演者と同じ認識、視野に立っていると気づこう。

その後「丁字路」とわかって、
「出演者たち、よくもだましたな、
おじさんを馬鹿にして許せないわあ~」

感じているなら反省しよう。出演者と同罪だよ。

反省するといっても、
「丁字路って単語があったのか、知らなかった、恥ずかしい」
きちんと感じ、次は間違えないように心がけよう。

「俺は、私は違う」なんて思っても駄目

自分を振り返り、気づいたら直していく。
芸能人も次、気を付ければよい。

 

言葉を振り返る時代が来ている

私にとってヒルナンデスの炎上事件は、
「言葉」を見直す良いきっかけになると考えている。

丁字路について、私も「てい」と「ティー」の発音から、
「T字路」だと思っていた。恥ずかしい。

ヒルナンデス炎上のおかげで、
今後、言葉について見直す時期が来ているのだなと悟ったよ。

しゃしゃが間違っていなくても、
今後「知っている言葉」がまさか「実は違う」気づき、
勉強になる時期がやってくる。

言葉を使って商売をすると、とても恐ろしい道具とわかる。
日々つぶやく、使う言葉に「己の内的環境」が左右される。

例えば、「あいつバカだ」「あの野郎はくたばれ」
常に思っていると、自分は何ともないと思っても……
他人から見ると「こいつ、人を見下している」みなすよ。

言葉がその人の環境を作っているわけだ。
その上、言葉から「態度」も現れる。

しゃしゃはどうだろう。
いつも自分に対し、どんな言葉をつぶやいている?
できる限り紙に書いて整理してみるといい。

その言葉こそ「他人が自分をどう見ているか
を知る、一つの手がかりだよ。

本:学研 現代新国語辞典 改訂第五版

 

罵倒する言葉と戦略

私は他人について批判はしても、侮蔑単語はめったに使わない。
他人を傷つけるのが怖いのでなく、自分が愚かに感じるからだ。

(上記文章に「バカ」という単語を書いているが、
これくらいしか書けないのが、今の自分)

私は今でもメールやツイッターなどで
「馬鹿」など侮蔑用語を言われるけれど、
「その人から見たら、自分はバカなんだな」見ている。

「そういう見方も教えてくれてありがとうよ」
怒りを抱きながらも、感謝をする。

「侮蔑する言葉」は他人に対し「大きな感情」を揺り動かす
戦略的に使っている人もいる。

例えばブロガーのイケダハヤトさんはよく言う。
「煽れ、たくさんアクセスが集まり、利益も上がる」

同じように昔、ニコ生で口喧嘩配信があって、
相手をうまく罵倒すると、たくさんの人が集まって面白い。

人工透析問題で炎上した、長谷川豊さんもつぶやいていたね。
怒りの感情をもって記事を書くと、人が集まりやすい」って。
(怒りの中には罵倒も含まれる)

罵倒を「人を呼び込む戦略」として使うと、
根強いファンと強烈なアンチをともに招き、盛り上がるよ。
ただ、心がしぶとくないとつぶれるだけ。

しゃしゃがどんな生き方をするのかわからないけれど、
心が辛くなる生き方を選びたくないなあ~思っているなら、
罵倒単語は控えたほうがいい。

それよりは「ありがとう」感謝の言葉を出しておくと、
「優しい人、愛される人なんだろうなあ~」みなされるよ。
言葉から自分を変えるなら、下記を参照してね。

関連:オポノポノはとてつもない悪書、しかし

本:はじめてのホ・オポノポノ

 

愛される人でも馬鹿にされる

人によって「優しい・愛される人」にもいら立ちを覚え
攻撃する人はいる。どんな生き方をしても、恨まれる人は恨まれる。
馬鹿にされる人はされる。

時折、知らない人から「馬鹿にされる」と、
性格が優しい人は落ち込むだろう。怒りを抱くだろう。
でも怒りは持って数日。自然と収まるのを待つだけ。

むしろ「なぜこの人は今、自分を馬鹿にしたのか。
自分に何を気づかせようとしているのか?」

己の過去を振り返り、明日を見つめていく生き方をお勧めするよ。
今、知らない人から「お前って頭悪いなw」など言われ、
気分が落ち込んでいるなら、己を振り返ってみよう。

世の中に偶然はないから。
すべて「私(しゃしゃ)にとって」必然だから。

 

感謝を馬鹿で返せない時代

今後の社会として注意すべきこと。
「感謝を馬鹿にして返す・恩を仇で返す」と、
己が馬鹿にされる、信用できない人物とみなされる。

他人が自分を敵視し、いざというとき助けてもらえない。
ヒルナンデス炎上事件を通して気づかせてもらった。
しゃしゃもそうなっていないか振り返ってみてね。

 

おまけ:イラストと太陽光の明るさ

イラスト女性

昨日もインスタグラムにイラストを上げました。
目のあたりから横に向かって「淡い光」が出ていますね。

「どうして光が漏れているのだろう?」
太陽光が物体同士の「隙間」から漏れていたのです。
わずかな間から入る光は明るさが弱く、窓から直接入る光は強い。

自然現象の面白さに気づきました。
気づいたものを何に応用していくか。

そこが創造者としての面白さだと考えています。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

LINEで送る
Pocket