LINEで送る
Pocket

ども、しゃしゃ。
このブログでは「怪しい」メールについて、
注意喚起を含めて書いているんだけど、
今回も20時4分に怪しいメールが届いた。

 

【速報版】重要なお知らせ

重要なお知らせ

初めにタイトルで「なんだこれ、重要って何?」
疑問を持たせて開く確率を高める。

重要なお知らせがございますので、ご連絡差し上げました。
誠に大変恐れ入りますが、早急に下記内容をご確認ください。

この時点で「重要なお知らせって何?」
疑問を抱かないと、クリックする確率が高くなるよ。

ご確認と言いながら、長いURLへ誘導しようとするんだ。
通知内容のURLにおいて、気になった英単語を見ると、

bin→CGIプログラムでよく見る単語
rank→何かのランキングサイト?

長いURLは変なところへひっかけられる確率が高い。
仮にクリックして「何もなかった」としても、

クリック「した事実」こそ、
「やった、こいつのメールアドレスは生きている」

生きていると、何度か似た内容のメールを送ると、
「ひっかかるだろうなあ」相手がしめしめ喜んでいる。
興味本位でも、クリックしたらあかんで。

関連:ゆうちょ銀行システム完了のお知らせ

 

見事にうまい注意書き

蝶速報

この後に書いてある「注意書き」がうまいと思った。

初めに通知詳細を行わない理由が「個人情報保護と、
法律を逆手にとって、読み手に理由を納得させている。
デメリットは考え次第でメリットに変わるね。

重要なお知らせのために、
普段お受け取りになられていない場合でも配信しております。

初めて受け取ったにも関わらず、「重要なお知らせ」強引な理由で、
「いきなりメールが来られて怖いんだけど」気持ちより、
「あら、そうなの」納得しそうになるんだ。

納得しそうになる文言は相手への「警戒心」をほどく
一種の情報テクニックだと思ったよ。

最後に「送信用途のみ」であり「返信」は確認していない
要は「あんたからのクレームメールなんて見ないから」
宣言している。出す方は痛くもかゆくもないわけだ。

こいつらは自分らの行為が「違法」認識しているからこそ、
「正当化」するための文章テクニックを遠慮なく使っている。

正当化のみならず「納得」してURLを踏む確率を高めている。
勉強になったので載せたよ。注意してね。

なおメールを開かせるテクニックにおいて、
神田さんが書いている内容に沿った技術を使っている。

テクニックを知ると、自分で物事を考えられるし、
知らないから、同じメール内容に引っかかってしまう。

禁断のセールスコピーライティング

少しでも変な情報から身を守りたいと考えているなら、読んでおくといい。
メールを送った人間は、彼あ書いたテクニックを実行したのかしら?
思うほど、記述内容にのっとってメールを送っているんだ。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

LINEで送る
Pocket