LINEで送る
Pocket

神社で参拝

おはよう、しゃしゃ。私は特定の宗教に所属していない。
気が付いたら神社で参拝し、お墓参りも定期で行くようになった。

神社に行く目的ははっきりしている。
「暗い気分を吹き飛ばし、新鮮な気がほしい」

神社に行く前、悩みがとても多いんだ。
でも参拝後、悩みの言葉がすべて吹き飛んでいく。
ここについて考えてみたよ。

 

神社に行く前のうるささ

神社で参拝をする前はうるさい。
自分の中で「いかなくてもいいでしょ」
「お金を無駄にするだけだから、帰りなよ」
「行ったって、なーんもご利益もないから」

など、とにかくうるさい。
自分の頭の中でよくしゃべる何者かがいる。

参拝すると、その声は消える。
「どうして参拝しちゃったの」という声は聞こえない。

……実際に自分を客観視し、体験しないとわからない。
口で言っても「何を言っているんだ、お前」と思うだろう。

しゃしゃは独り言をつぶやくほう?
つぶやかなくても、心の中で会話しない?

会話するとき、二種類ある。
脳みそ、頭から聞こえる言葉は「まやかし」で、
丹田から感じる熱い思いは「本物」とだけ覚えてね。

 

参拝後は「ありがとう」

参拝前、私は困ったことがいくつかあった。
参拝後、困った考えが消えた。その後、解消したよ。
ただ「ありがとうございます、感謝しています」しかない。

これこそ神社の持つ力。
家や職場にいて最も苦しいのは「自分にとって辛い言葉」だ。

辛い言葉とは自分を追い詰める、馬鹿にする……
参拝後、そういった言葉が消えていく。

「ありがとうございます」しか出てこない。
自分の家を神社のように清めたいなあ~思ったとき、
部屋中を「ありがとう」で満たすところから始めるべきかな。

試しに「自分にとって見たくもない現実」について、
「ありがとうございます」述べたら、特に何も起きなかった。
けれど、辛い言葉が入り込む余地はない

 

困ったことってない?

私にとって「困っている」ことはたくさんある
と思ったんだけど……参拝後はすっかり「解決した」気分に変わる。

そこから思ったんだ。私にとって「困っている現実」はないのでは?
自分の中で「困っている~」勝手にわめいて問題視しているだけだと。

なので、余計な言葉が消えれば、
自分でも訳が分からぬうちに解決している

今、しゃしゃが困っていることは、大した困っていない。
本当に必要なら、覚悟をして正直に告白する。

正直な覚悟こそ、私が今後持つべき課題なのかなと思ったよ。
しゃしゃはどうだろう。

 

神社にも相性がある

最後に神社もいろいろあり、私は厳島神社が一番合うようだ。
他の神社でもお参りしたのだけど……違和感を抱く。

「相性」ってあるんだなあと思ったよ。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

LINEで送る
Pocket