★着物ダイヤちゃん☆ | りょうたん [pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=58059249

ども、しゃしゃ。
リオ五輪にて安倍マリオも話題になったけれど、
もう一つ話題になったものとして、小池百合子都知事の着物だ。

専門家が見ると、数千万はくだらないものだけど、
着物に無頓着な人から見ると「安物」に見えるそうだ。
「芸術・経済」に対する認識の違いは面白いよね。

書いているうちに「政治メッセージ」も読み取ったよ。

 

小池百合子さんの着物

金色の帯に鶴の刺繍、淡いクリーム色の着物。

常に着物を着ていない私からすると、
「リオ五輪で多くの人前に姿を現すのだ。
すべてにおいて高いのだろう」
考えていた。

一部の人は「安物」思っているそうだが、
安物だったらネットで見ている人が書くでしょうよ。
安い着物を着るな、日本の恥だ」って。

帯で1千万以上かかるそうだ。
試しに高価な着物サイトを見つけたので、帯の値段を調べたら……
帯ひとつで軽く50万から100万もかかっている。

価値がわかる人にとって「素晴らしい、雨の中……驚き」
だけど、着物は着ればどれも一緒と思う人にとって、
何が50万円でどれが1000万円以上かかるのか、わからない。

参照:【リオ五輪】閉会式で小池百合子知事の着物が雨で

参照:高価な着物さいと「きもの人」

 

雨にぬれたら着物は危ない

着物はなるべく水に当てないほうが良い。
雨が当たりすぎてずぶぬれになると、洗濯がとても大変なこと。

着物は絹でできており、雨にてぬれたら雨シミができやすい。
また衣服が縮んで、高価な着物価値が一気に下がるのだと。

リオ五輪閉会式の天気は大雨だった。
ずぶぬれは着物の価値が死ぬ(落ちる)という意味を持つよ。

高価な服を着ていないとさ、
「濡れたら乾かせばいいんじゃないの」思うけれど、
高価なものだと、濡れる一つが重大な問題をはらむ。

参照:雨の日の心得

 

着物について深く知りたいなあ

着物についていろいろ知りたいなあ~
少しでもかっこよく凛とした姿を見せたいなあ~

思っているなら、下記の本を参考に学んでみよう。
読むだけでも感性を養うし、日本人の美意識もつかめるよ。
日本の美意識は世界から見ても美しいと思われているし。

本:伝統を知り、今様に着る 着物の事典

本:ひと目でわかる!保存版 ― 帯の基礎知識 (特選実用ブックス)

 

重大な問題+見えぬ戦いが見えた

着物の価値がわからないと、
「雨に濡れたからと言ってたいしたことがない。
小池さんが目立つために金色の着物を着たんだな」

都しか思わないだろう……。

でもわかる人が見ると、
数千万もかかる着物の価値を一瞬で下げるほど、
(ツイッターによると前から用意をして、費用は自腹)
小池さんはリオ五輪で自分の立ち位置をしっかり行った

かなり重大な問題が見て取れるんだね。
前都知事の舛添さんなら、
確実に東京都の税金で購入した服を着る
だろう。
自前でかっこいい服など、用意しなかっただろう。

小池さんの着物は「自前」でないと無理らしい。
仮にこれが事実なら
「私は舛添とは違うよ。東京都議さんら、覚悟しておいてね」

都議に向けた宣戦布告と受け取られるね。
都議はただでさえ、五輪に自腹で行く羽目になったとき、
「お前らマスコミが騒いだから、自腹で行く羽目になった」

他人の金は使いこんでも自分のお金は使わずにため込む。
または、自分だけが満足できるものに使う。
という印象が強いからね(もちろん、全員ではない)

その姿勢とは違う、彼女なりの覚悟が着物一つに現れる。
私が述べていることは推測だけど、
仮に事実なら「見えない戦い」はここでも起きている。

見えない戦いに気づくと、世の中って面白くなるよね。

 

脱線:安倍総理の時計

はてぶにてもう一つ話題となっている、
安倍総理がリオ五輪でつけていた腕時計だ。

普段はセイコーなのに、リオ五輪の公式時計がオメガだから、
他にも「広告側」の戦いが見て取れるそうだ。

私たちは見た目であれこれ判断するけれど、
見た目のうち「小物」や「衣装」、ほかに「髪の毛」「眼鏡」など、
ありとあらゆる部分を「広告」としてみると、
熾烈な経済バトルが起きているんだね。

参照:リオ五輪で安倍マリオが着用している腕時計について

 

勉強しないと気づかぬ価値

世の中「なんでこんなものにうん千万もかかる?」
びっくりするものってあるよね。

私も着物業界に携わっていないので、
「え、そんなに大変なことなの?」思うね。

見方を変えると「高価なもの」は目の前にあるわけだ。
テレビだと芸能人が着用する小物、服など……
堂々とあるけれど、その価値に気づかない。

気づかないと、同じレベルに立ちたいなあ~
考えている人にも教えられない。

より深く突き詰めると、己の価値も高価にできない。
高価にしていくなら勉強しなければならぬ。

勉強して、価値を体で理解できるようにならないと、
私たちの観る目も上がらないね。

 

おまけ:高畑淳子の息子、高畑裕太氏逮捕

記事を上げる前にツイッターで、
女優、高畑淳子の息子で、俳優の高畑裕太さんが性的暴行を加え、
その場で逮捕されたみたいだ。

記事:俳優の高畑裕太、ホテル従業員強姦致傷容疑で逮捕

通報した人も「犯人は高畑裕太だ」述べている。
悪魔にでもそそのかされたのかよ……

は置いといて、息子の逮捕は母親の価値もある程度下げる
裕太さんは成人であり、母親と息子は関係ないはずなのだけど、
子育ては親の通信簿としても見られる。

親になると、子供の進路も価値の高低にある程度関わる。
「まさか」で価値が下がる事実は商売ならよくある
どんな業界にいようとも、気を付けてね。

 

関連:小池百合子さんに関する記事

小池百合子氏他の勝敗理由を観察すると、参謀は誰なの?

都議会の小池百合子いじめから見えたもの

上記サイトから小池さんの関連記事を読んでくれるとありがたい。
小池さんに着物を着るように命じたのは参謀かもしれないな。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket