LINEで送る
Pocket

傲慢 | さくる [pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=55561603

傲慢 | さくる [pixiv] 傲慢といえば鋼の錬金術師に出るキャラ「プライド」だ。

おはよう、しゃしゃ。おときた議員と毎日新聞の記事において、
都議会に関するお金の関係で面白い文章があった。

引用URLは後で出すとして、文章に抗議をした議員がいる。
すると抗議を受けた新聞記者から「一つの課題」が見えた。

 

バーチャル空間で文句を言われても困る

初めに記事を引用する。一部わかりやすいように編集しておく。
小池知事を囲む地方議員の会合が行われました。

「舛添氏批判の議員に「不思議な支出」 政活費公開(林田七恵、柳澤一男)」
数日前に記事を書いた、毎日新聞社の男性記者(柳澤記者と思われる)が突撃してきました。

お「記事に明確な誤りがあるので、後ほど質問状と抗議文を送付させていただきます」
毎「公人なのに、そんな喧嘩腰な態度とは何事か。バーチャル空間でどうこうと言われても困るんです。そんな対応(抗議)をしていると、困るのはおときた議員の方ですよ?」

引用記事URL:ネットを「バーチャル空間」と揶揄した毎日新聞記者さまへ、質問状と抗議文を提出いたします

この後、おときた議員の怒りと疑惑への釈明は個別に読んでほしい。
毎日新聞記者の考え方が気になった 。
もちろん全員の記者がこう思っているわけではない

「バーチャル空間でどうこうと言われても困る」

ネット新聞は単なる仮想空間であり、記事も「仮想(ヴァーチャル)」である。
「仮想」ごときに文句をつけられても困ると、記者の考えが見える。

彼が書く記事も「仮想」であり「嘘」を発信しているわけ?
しょせん「仮想」だから本気でとらえなくていいよ。

って、この記者は暗に述べているんだけど、
色々取材して、一つの真実を書いた記事が「仮想」扱いでいいの?

記事の質のみならず、毎日新聞の信用も落とす発言だけど、
訂正したほうがいいんじゃないかな。

 

大手メディア在住だから喧嘩できる

他に自分たちに逆らったらどうなるか?
脅し文句をつけるのは背後に「毎日新聞」がついているからであり、
記者単体だと、すぐに足をひっこめてしまうだろう。

集団の強さであり、もろさでもある。
おときた議員のブログによると、毎日新聞記者はこの後もやってきて言った。

「あなたは権力者なんです!監視される側の人間なんですよ!」
「失礼じゃないですか、きちんと目を見て話してくださいよ!」

マスコミも第四の権力と呼ばれ、ネット民に監視をされている。
共同通信の記事なんか、青山繁晴さんが議員になる前から、
記事の「不正確さ、誘導」に怒っていたもんね。

関連:青山繁晴さん(議員前)が見抜く共同通信の誘導術

 

記者も一人の「社長」

先日、東京都議選挙に関して、内田茂元幹事長の名前が挙がった。
今まで「裏」に隠れてメディアにも乗らなかったのに、
猪瀬直樹元都知事をはじめ、文春が記事を書いて、有名になった。

都議連のベテラン議員がリオ五輪の視察に「自腹」で行く羽目になり、
マスコミに恫喝をしていたそうだ。舛添さんと同じなんだね。

参照:リオ五輪視察自腹はマスコミのせい

権力側がいちゃもんをつけたら、反対に脅してやればよい。
俺は権力者だ、別の権力者へいちゃもんを付けても許される。

という考えは、かえって自分の立場を表に出され監視される。

今後、男性記者が少しでも「偏向」記事を書いたら、
ネットですっぱ抜かれる確率が多くなるのではないか。

関連:東京都議連の元幹事長、内田茂さんはなぜ表に出された?

 

朝日新聞の林望記者と英文記事

数日前、朝日新聞に勤務している林望記者が話題となった。
朝日新聞が米国の新聞に向けて、こう書いた。

「日本はいまこそ中国の南シナ海での無法な行動に理解を示し、中国抑止の国際的な動きに加わらず、対中関係を改善すべきだ」

記事引用:朝日新聞記者の媚中記事DCから発信

「日本向けではない」けれど、日本にも情報が届く事実が面白い。
朝日新聞は無法な行動ばかりして、記事を書いているのかしら。

少なくとも朝日の中には信念を持っている記者やスタッフがいる。
彼らに対しても「こいつらはみんな無法な行動」しかとらない。
思われてしまうのだけど、いいのだろうか?
だから早く潰せ、売り上げがどんどん落ちてメシウマ状態。

いろいろ叩かれるのだね。
一人の記者が書く文章が、会社すべての信用にもかかってくる。

土台をみんなで支えているんだけど、一本でも折れると総崩れする。
日本で「表現の自由」があるから信用低下で済む。
他国でこんな発言をしたら今頃……

自分の愚かさで周りに迷惑をかけたくないなあ~
考えているなら、社員のうちから一人の代表として考えて、
行動したほうがいいだろう。

 

脱線:虎ノ門ニュース木曜日にて

虎ノ門ニュースにて青山繁晴議員が述べていた。
「国会議員の中には国を認めぬ、国旗も国歌も天皇陛下も、
日本に関することなら何から何まで認めぬ議員がいる」

これを聞いたとき、心底傲慢な議員がいるものだと思ったよ。
彼は「日本」で議員として働いている。
いくら「日本のすべてを認めぬ」ほざいても、
日本にいる以上、日本から離れることは永遠にできぬ。

家で養ってもらいながら「俺がここの主だ、この家を潰す」
自立できていない子供と同じ思考だね。

長く日本にいて、自分一人であれこれやらないと、
こういう考えにたどり着くのだろうと、私は考えている。

 

脱線:天皇陛下と生前退位

マスコミを見て気づいたことがある。マスコミも権力者の一部だ

天皇陛下に対する言葉遣いがおかしい。譲位でなく退位と表記しているね。
(譲位は後継者を決めて譲ること。退位は後継者を決めずに退くこと)

今は天皇陛下のお仕事を「国事行為」の一言で片づけ、
「天皇は日本の象徴」と、抽象的な表現しかないから、
「税金泥棒一家」「日本のお荷物」思ってしまう。

若いころの私がまさにこの考えだった。
その後、天皇陛下のお仕事や政治をもう一度勉強してから、
いかに「日本の将来」を決める公務をなさっているかと知り、
自分は傲慢で恥知らずだなあ……気づかされた。

マスコミは今も「生前退位」表記をしている。
「言葉なんて、どうでもいいでしょ」思うかもしれない。

マスコミは「言葉・情報」を扱う仕事だ。
彼らがいかに「言葉」が他人にどんな影響を与えるか。
知って書いているのだ。

そこから「メディアは政治家はもちろん、天皇より偉い存在」
考えが透けて見えるのだ。見下しているわけだね。
おときた議員の抗議に対する毎日新聞記者の反応からも見える。
だからネットを中心に、多くの読者から「見下されて」いるわけだ。

 

自分の傲慢に気付く「鏡の法則」

自分の態度がどんな状態なのかを知るには、
自分が「相対的」にどうみられているか、つかんでいけばよい。

すると「多くの人から○○で嫌われているなあ」
思ったら、そこを直していけばいいだけ。
でも、自分を変えることは勇気がいる

何しろ「今までの」自分を反省しなければならぬ。
反省は敗北と考えてしまうと、認めるのが怖くなる。
過ちに気づきながらも、ますます嫌な未来がやってくる。

そうなりたくないなら、反省は敗北でなく改良。
考え方を認識していけばいい。

傲慢は気づきにくい。
「~は当たり前」思ったら、「傲慢」であると気づく兆候だ。

今すぐ自分に問いかけてみよう。
「自分の中で、誰かや何かに対して不満や愚痴を述べていないか」

その部分に「当たり前」の考えがあり、「傲慢」の兆候が見え隠れしている。

自信の態度を振り返る意味で、おときた議員が毎日新聞記者に感じた事。
しゃしゃがこの記事を読む時点ですでに他人事でなく、
将来のしゃしゃが味わう「自己災害」の一つとして、今すぐ見直していこう。

 

こういう目にあいたくないなあ~

「傲慢や自分の軽はずみな発言で、自分の足を引っ張りたくないなあ」
不安を抱いているなら、他人の失敗事例をきちんと研究しておこう。

成功事例は研究の対象になるけれど、失敗事例は軽視しがちだ。
今回、記者の発言一つで「会社の信用」という意味において、
「一つの失敗事例だな」勉強になったと思うんだ。

他人の失敗事例を読み、同じ道を踏まなければ、
足を引っ張られる確率も減っていくよ。

失敗の研究 巨大組織が崩れるとき

私も気を付けなければならない、油断したら毎日新聞記者のように、
つい「傲慢」な発言を述べ、取り返しのつかない事態となるだろう。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

LINEで送る
Pocket