Pocket

キラメキドーターズイラスト

おはよう、しゃしゃ。
ツイッターを使って私が書いたつぶやきをまとめたい。
まとめたり、一言コメントを入れていこうと考えているよ。

 

「自分」の作品は素晴らしい

しゃしゃが書いた作品は素晴らしい。
どんな業界だろうと「すごく」て「すばらしく」て、「人さま」のためになる。

しかし、そう思っているのが「自分自身」だけであり、
他人にこれらの気持ちを共有していただくには、
「告知」について研究し、考えねばならぬ。

私は告知について勉強するために、たまたま目に入った本を購入した。

アマゾン:禁断のセールスコピーライティング

告知をするとき「遠慮」はしないほうが良い。
ただし、告知する際「規則」は守っておこう。

例えばツイッターで告知をするなら、ツイッターのルールを知っておく。

そうすると、どうやって盛り上げようか?
徹底的に考えていくようになるよ。

後、私のツイートをRTした人に対し、
なるべくお礼として、人さまの作品も私の方で告知しつつ、
さっと読んだ感想を述べているよ。

 

あれ、性格と診断が違う

腹黒さを示す遊びをツイッターでやっていた。
今、小説家になろうで執筆中の「キラメキDaughters」にて、
腹黒い女の子と違う子をそれぞれ当てはめてみた。

結果、腹黒いはずの子が中間で、腹黒くない子が真っ黒全開だった。

こういう時「ああ、名前を間違えたかなあ」
一瞬、思ってしまうのだ。

でもそこから新しい考えもできる。
「じゃあ、少し腹黒いところを入れてみようか」
「腹黒く見えて、実はとても純粋な演出に変えていこうか」

発想次第で、どうにでもなるよね。

 

あえて美人を描かない

女の子はよほど「恨み・憎しみ」を抱く人でなければ、
みんな美人だと確信している。

でも女性を数人横並びさせたとき、
主観で「この子は美人だけど、あの子はちょっと……」
区別をつけてしまうだろう。

しゃしゃが美人かブスか、そうでないか。
そんなもの、他人の客観でしかない。
自分から「ブスになる行動」をとっていなければよい。

他人をやたらに恨む、憎む、自分の人生を呪う。
気持ちが沈み、草っていると、
どれだけ化粧で美人をごまかしても、仮面がはがれると考えている。

なので、私から見てイラストを描いた女性も、
「美人」には見えないけれど、個性はある。
顔からどんな人生や問題を考えるか。

そこらを探るのも作品の面白さだね。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

Pocket