トルコクーデター事件など

おはよう、しゃしゃ。
フランスのテロ事件に続き、トルコでは軍隊がクーデターを起こした。
どちらも日本時間の「朝」に起きている。あさが来たじゃないのに。

ところで、軍によるクーデターが起きる前まで、
エルドアン大統領がどんな評価を受けているか。

また、経済ではどんな影響が出たのか。見ていきたい。

 

ゴールド大上昇

世界の株価トルコクーデター

※ 世界の株価より

ヤフーニュースによると、15日夜(日本時間16日午前6時ごろ)
軍隊がクーデターを起こしたよ。
日本時間午前6時は米国ニューヨークだと午後5時頃だ。

クーデターが起きた後、ゴールドが一気に上昇
円も投資家が「安全・信用」として購入し、円高となった。

(円高:円ドル相場にて、グラフで減少に向かう様)
先日まで、円安は1円ずつゆっくり上がっていくのに、
事件があるとすぐさま円高になって、下がっていく。

上げるのは難しくても、下がるのは簡単なのが円なのかしら。

フランスに続いて中東ヨーロッパ方面でいさかいが起きるとは。
軍隊がクーデターを起こすとなると、考えられる原因は……

・大統領が軍隊を粗末に扱っている
・大統領の戦略が売国過ぎて泣ける
・他国や一部の大手投資家がそそのかした

他国やグローバル企業にそそのかされて動くほど、
軍隊はバカな組織ではない。
あくまでも「補助」としてみるべきであり、
本質はリーダーが軍隊にとって都合の悪い行動を起こしたからだ。

記事元:トルコでクーデターか 軍参謀本部「行政を制圧した」

 

円高2円以上、ユーロ/英ポンドが

ユーロポンド

※ ヤフーファイナンスより

ところで上記画像にて、赤く囲っている部分がある。
減少傾向とは反対に「上がり傾向」にあると判断した。

特にユーロ/英ポンド。危機があると投資家たちは「信用できる円」を買う。
しかしユーロ/ポンドではユーロ売りが加速している。
反対に見ると「ユーロよりポンドが信用できる」とみられ、
ポンドを購入する投資家が多いとわかる。

※ アタチュルク:トルコ共和国の元帥

後もう一つ、カナダドルも売られ、スイスフランを買う人が多い
カナダの方でも政情不安定な出来事があったのか。

調べると、トルコとカナダが今後、自由貿易を結ぶ良い関係になろうとしていた。
そこでクーデターが起きて、契約が破たんしそうになっている。

参照:トルコとカナダ、今後自由貿易の可能性を示唆

 

エルドアン大統領は権力にとりつかれた魔物?

参照サイトをいくつか見て回った。
エルドアン大統領は権力にとりつかれ、
トルコの最高指導者かつ独裁者になろうとしていたそうだ。

別の参照記事によると、トルコの通貨「リラ」が暴落した。
(もちろん、今回も落ちている)

原因が汚職事件の発覚で、何人かの閣僚も引き込んで、
政治事件に発展したんだと。

反対派を糾弾し、中央銀行にまで圧力をかける。
あまり良い印象を抱いている人は少ないみたいだ。

経済で見ると、エルドアン氏が大統領になる前、
トルコはハイパーインフレが発生し、国の危機に陥った。

彼が大統領になると、積極的に外交して投資してくれと、呼びかけた。
一方でトルコ中央銀行に圧力をかけて、内政をおろそかにした。
選挙運動も重なり、経済改革も止まってしまった。

軍人としては危機感を抱いたのだね。

参照:権力狂エルドアン、トルコ最高指導者となる企みで

参照;トルコ・リラ特集、エルドアン大統領強権

参照:エルドアン大統領の政策志向を考える

 

軍人が政権を掌握した後

軍人が政権を承諾した後、大きな問題として……
経済に優秀な人などを、大臣に雇わないと、
エルドアン在任中より、トルコ経済が大打撃を受けるだろう。

優秀な人を雇っても、軍隊の下で政策を行う。
軍人が経済担当を任せると、武器の使い方はプロでも、
経済勝負にかけてはど素人の集まりだ。

素人は現場に接して初めて現実がわかる。
現実が休む暇もなく訪れたとき、
逃げたくても逃げられない状況が続いてしまう。

そういう時、国を乗っ取るチャンスが生じる。
いくら軍事方面が良くても、お金や女、名誉や地位など、
「人間の我欲」を最大限高めてくれる連中にそそのかされると、
結果としてトルコの治安は大きく乱れる。

乱れると内戦に陥る確率が高くなり、武器が売れる。
素人が実験を握って化ける人もいるけれど、
たいていは「押し寄せてくる現実」や、
「隙を狙って利得のために動く連中」にそそのかされ、
物事を正しく見れず、間違った方へ向かう。

結果、そこに住む国民を路頭に迷わせるだけだ。

なお、軍事クーデターは失敗に終わった。
ただ、全員が白旗を上げたわけではないので、今後も起きるだろう。

 

脱線:プロと素人の違い

ふと気づいた、素人とプロの違いは何かと。
世の中生きていれば「ありえない・嘘だろ」
焦る出来事、思い通りにならない現実が押し寄せて来る。

頭の中では「こうなるはずだ」完璧な計算をしたのに、
現実は完璧どころが、予想外の結果が出てしまい、
「期待と現実の差」に立ち会わねばならぬ。

このとき、冷静に涙を流しながらも、
現実を受け入れながら同時に期待をし、次につなげる人がプロだ。

現実を受け入れず、ただ期待だけをもって、
結果に向き合わない人は素人だ。

素人が大きい仕事を行ったらどうなるか。
初めのうちは良いんだけど、嫌な事実はどんどん押し寄せて来る。

しゃしゃはどうだろう。嫌な事実が起きても、
歯を食いしばって結果を受け入れているかい?

 

次はどこが来る?

今回の事件を通し、一部の軍人はこう思うかもしれない。
「トルコにできたのだ、俺らにだってできる」

飛び火して、どこかが紛争地帯になるかもしれぬ。
日本はどうなるのだろう……というより、
チャイナが南や東シナ海含め、争いが起きているから、
色々と備えておかないといけないね。

現実をきちんと観ない、受け入れない、振り向かない姿勢が、
大きな災いをもたらす
のだ。気持ちだけでも備えておこうね。

 

旅行中にテロ・争いにあったら?

しゃしゃがどこかへ旅行した場所にて、
いつテロやクーデター他、命に係わる事件に遭遇されるかわからない。

コロンビアにいる私の知人はバスに乗車中、
クーデターに巻き込まれたよ。金品を渡して無事だったと。

二次元と違って、実際は敵を倒す能力はほぼないから、
一つの身を守る手段として、お金は余分に持っておいた方が良いね。

海外旅行前に:海外旅行保険のAIU

「もし海外で何かあったら不安だなあ。旅行で不安な出来事に巻き込まれたら……」

少しでも思っているなら、上記サイトにて海外旅行における注意や、
被害実例、旅行前に注意すべき内容があるので、ぜひ読んでみて。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket