小説家になろうの原稿

おはよう、しゃしゃ。
小説家になろうで小説を書くようになってから、
文書を印刷する機会が増えた。

増えると、どうしても「費用」を考えてしまう。
インクに費やす費用、また黒しか使わないから他のインクはいらない

「モノクロだけで、文書をたくさん印刷できたらいいなあ」
そこでネットを使って調べると、プリンタがあったんだ。

 

レーザープリントについて

インクのコストがかすむから、レーザープリントを選ぼうかなあ。
思っていろいろ調べてみた。

レーザープリントを使った人の声によると、
大きい、重い、電気を喰う、うるさいの四重苦がある。

電気代コストを調べたところ、
インクにしようが電気にしようが大差はないのだとか。
ただ、使うときだけ一瞬、部屋が暗くなるような現象が起きる。

ドライヤーを使ったとき、ふっと明かりが消える状態と同じで、
使うときだけ、最大限の電力を食うのだと。
最大電力は電子レンジ以下だそうだ。

参照:レーザープリントを使った感想

上記プリンタ:EPSON Offirio A4モノクロレーザープリンター LP-S310N ネットワーク標準対応

 

インクとレーザーどっちがいいの?

インクとレーザー比較において、
「速さ」を追求するならレーザーだろう。

レーザープリンタはコピー機だ。印刷速度がとても速い。

「費用」を追求するならインクの方がよい。
レーザーはトナーを交換せねなばならない。
そのとき、5千円以上かかってしまう。

私は「速さ」に関してあまり気にしないので、インクで十分だ。
なお迷っているならこちらのサイトを読むといいよ。

参照:インクジェットとレーザー、どう違ってどっちがお得?

参照:結局どっちがお得なの?

プリンタ:EPSON Offirio A4モノクロレーザープリンター LP-S100

 

エプソンのインクとプリンタ費用比較

どれを購入したらよいかわからないとき、
私は「一単位の費用」で計算をする。

例えば私が持っているPX-V630
インクICBK31は容量が18g、平均価格は1100円。
計算方法:「金額÷グラム」で、
1グラムあたりいくらお金を出すのか?

ICBK31 インクカートリッジ ブラック
1100÷18g=61円/gと、1グラムにつき61円使う。
(モノクロプリンタよりも費用をとって驚いた)

カラーならもっと別の選択肢を持つけれど、
モノクロを買うのだ。メーカーはエプソンしか考えていない。

アマゾンで調べたところ、二種類のモノクロがあり、悩んだ。
しかもレーザープリントまである。

以下、金額とグラムを書いていく。
プリンタ(インクジェットのみ):価格:多少変動
PX-K150:6100円
PX-S160T エコタンク搭載(大容量):22000円

インク(金額÷グラム、小数点一けたを零捨一入)
 ICBK73 (PX-K150):2500円で86g (29円/g)
 ICBK73L 増量:5300円で136g (39円/g)
KSU-BK-L インクボトル(PX-S160T):2200円で191g (12円/g)

金額だけで見ると、PX-S160TよりPX-K150が良いかなあと思える。
インクは使い切ったら取り換えなければならない。
そのとき、取り換える費用がいくらかかるか?

計算をすると、PX-S160Tが安くて済むのだ。
グラム数を見ると、ICBK73が86グラム、
ほぼ同じ金額でKSU-BK-Lは191グラムだ。

本体が高いから、安い方を選ぼうと、購入する前は思った。
インクの費用を元に未来を考えたら、
本体が高い方が実は費用を抑えられる。

 

ホッチキスも欠かせない

印刷を終えたら、もう一つの問題が生じた。ホッチキスだ。
ホッチキスで印刷したプリントを閉じる。
小説を書くと15枚以上になるため、
最低30枚くらい止めるものでないときつい。

私が持っているホッチキスは最大13枚程度であり、
30枚以上ホッチキスを使う場合、足りなくなってしまう。

プリントアウトする場合、ホッチキスはなるべく大きい方がいい。
30枚のうち1から10枚目を「1」、11から20枚目を「2」とする場合、
「1」から「2」に移るとき、集中力が途切れてしまう。

コクヨ ステープラー パワーラッチキス 32枚 青 SL-MF55-02B

なので、ホッチキスも見逃してはならないのだ。
なお、針なしホッチキスの購入は考えていない。
強度が針ありに比べると弱いから。

何度もめくって文章を練るため、針がないと取れる確率が高い。

 

おまけ:手書きの原稿に文章を書いた

手書きの原稿

印刷するようになってから、ワープロ打ちよりも、
手書きで原稿を書きたくなったのだ。
(上記の原稿用紙は子供が書いた)

手書きで書きたい理由として、
1 歩きながら文章を書ける
2 ほとんど手直しをしない真剣勝負

中でも自分が思った「意味不明な文書」をかけるのが面白い。
さて、どうなることやら。

 

おまけ2:S160Tを購入した

PX-S160T感想

PX-S160Tを購入したよ。

記事:PX-S160Tを購入した感想を書く

こちらで感想を取り上げているよ。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket