LINEで送る
Pocket

ラム | POR [pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=56333038

※ ラム(Re:ゼロから始める異世界生活) | POR [pixiv] 小説家になろうから現在、アニメ放送中。PIXIVはレム(妹)のイラストが多い(理由も原作やアニメを見れば納得)ので、ラムだけを載せた。

おはよう、しゃしゃ。
小説家になろうで小説を書いており、驚いた事実がある。
しゃしゃの何かに役立てればいいなあ。

 

読んでワクワクしなければ編集

スマホで確認

音読する際、読んでもワクワクしなければ、直すべき。
吉本ばななさんの「TSUGUMI」作者不明「竹取物語(原著)」
を音読している時、人物がありありと浮かび、わくわくするんだ。

TSUGUMIだったら、つぐみがまりあと話をする様が出て来るし、
竹取物語なら、かぐや姫の難題にあれこれ企む男たち……。
展開を知っているのに、読むと「ワクワク」する。

しゃしゃが描く小説によるんだけど、
(例:ホラーなら「ドキドキ」、恋愛なら「ニヤニヤ」)
読んでいるうちに感情が出ないなら、書き直した方がいい。

私も自分が書いた小説を読んで、わくわくする部分が少ないので、
伏線や感情を誘う展開を考えているんだ。

ワクワクするって、大変だね。

 

音読と黙読の違い

黙読で文章を確認すると、
助詞や助動詞、単語のつづり間違いに気づきにくい。

声に出すと、一言一句を読まねばならぬから、
必ず間違いに気づき、訂正できる。

声に出すと、文章にリズムをつけたくなる。
リズムの取り方がわからない場合、
実際にカラオケで歌を歌ってみるといいだろう。

恋愛なら愛に関係する曲を口ずさんでみると、
リズムを意識できると考えるよ。

脳を鍛える大人の音読ドリル―名作音読・漢字書き取り60日

 

姉にダメだしされた言葉

私の姉が私の作品を読んだとき、言われたよ。
「お前の小説を読んでいても、登場人物が独り歩きしない。
登場人物たちに魂がこもっていない。
平岩弓枝や宇江佐真理を読んでみろ。
登場人物がひとりでに会話するし、情景も思い浮かんでくるから」

小説を読んでいるうちに「がはは」「ううう(涙」「ちくしょー(怒」「負けるな」
といった感情が沸き上がるもの。
ヒントとして「その人が行動する理由」を自分なりに昇華できているか。

過去記事:ステラ・アドラー「魂の演技レッスン22」を読んで

 

小説を編集したら読み手が増える

小説家になろうにて

アクセスが上がる一つの体験として、
「毎日小説を書いても、必ずしも読者が増えるとは限らない。
今まで書いた小説を編集し、ツイッターで告知すると、
読者が興味を抱き、読んでいただいている」

編集するタイミングとして、話を一区切りつけたとき、
展開に息詰まったとき、わけがわからなくなったときだ。
それまでは一気にストーリーを書き上げてしまうべき。

直す際、直接パソコンやスマホとにらめっこするのでなく、
いったん文章を印刷し、声に出してみるといいよ。

リズムや状況を意識するから、
より「読みやすい」方向に変わっていくよ。

 

更新をしていなくても告知する

更新するか

アクセスが増えた体験として、
更新をしている・していないにもかかわらず、
ツイッターなどで告知をすると、読む人が増える。

更新をしないとき、ただツイッターで「作品を書いています」
書くより、自分で書いた文章を声に出し、訂正する。
また、紙に「この部分は何を強調したいのか」
メモに取ってから告知をするといい。

※ 告知例1

というのも、ただ広めるだけだと、伝える際に感情を抱かないが、
文章を読んだうえで告知を行うと、
「この部分が面白いよ」感動を読者に教えるからだ。

アニメのまとめブログなどにて、
「次回は○○が悲惨な目にあうからな、楽しみにしていろよ」
書く人がいるんだけど、目的は感動を人に伝え、共有したい。

読んでくれる人が広がった経験として、
簡潔にあらすじ、問題を出す」行為だ。

※ 告知例2:画像付きで想像しやすい

例えば「キラメキDaughtersを連載しています。よろしければお読みください」
ツイッターに記すより、
「大和君が由良ちゃんに連れ去られてしまいました。彼はその後」
展開をにおわせる形で書いた方が、読んでもらう人も多くなる。

スマホを持っているなら、カメラで自分の描いたイラストを写真に収める
後は画像編集ソフトで明るさを調整しながら、文書を簡単に入れる。
絵は「見せる」広告だ。ワクワクしていただくためには……を考えてやると、
見ている人が興味を抱くと考えているよ。

他にGIF動画として、アニメ絵にするなど工夫をこなすと、
より伸びていくと私は考えているよ。

本格的なイラスト作成なら:ClipStudioPaintについて語る

 

コピーライティング/セールスを学ぶと

告知については、広告を研究すると役に立つ。
お店に行った際、POPを見る。書店では「手に取ってしまった雑誌」を見る。

いくらしゃしゃが素晴らしい作品を作っても、
告知を怠ったら、多くの人に注目されなくなるよ。

一つ例を出す。応援上映で話題となったキンプリ。
今も隙あらば笑わせようと企画が進んでいる。

当初、彼らも「いかに注目していただくか」を考え、
前売り券は男の裸だったり、ツイッターなどでバンバン告知他を行ったりと、
精いっぱいやれるだけの告知を行っているのだ。

多くの人はそもそも「知らない」から、読みようがない。
だから告知を研究して、少しでも多くの人に読んでもらい、
読んだ人の生き方が良い方へ向かうお手伝いをしよう。

鍛える:禁断のセールスコピーライティング

過去記事:キンプリ映画を見に行ったらホラー映画を見た気分に

 

大きいものにまかれろ作戦

ツイッターで情報を更新すれば、アクセスは増える。
ツイッターをスマホで見ると「虫眼鏡」ツールがある。

オスと、トレンドキーワードが上がっており、
その中で「診断メーカー」があるから、作中内の人物に当てはめ利用した。

アクセス解析

なろうのアクセス解析にて、、19日から試してみた。
やらないよりは「診断メーカー」といった、多くの人が見る、
利用するもの
を通し、私も乗りかかってみたら、増えたよ。

 

文学とライトノベルの違い

ライトノベルと呼ばれる文章に目を通すと、
頭を使って読んでいる気分にはならない。

「じっくり」でなく「さーっ」と読んでいる感じ。
漫画やアニメのように、気軽に読める。

ラノベは普通の人間ならあり得ない行動を、大胆にやるから面白い。

さーっと読める小説は人の感情を判断する材料が少ない。
ほとんどセリフと動作で、相手の心情がわかる。
心情がわからなくても、動作を楽しめればいいと考えている。

そこが私の思うライトノベルの定義だ。

※ 告知例3 動画を使っていると、よりイメージしやすくなる

一方、私が現在音読している「文学」は頭を使って読まねばならぬ。

人間の心情はセリフや動作に加え、背景描写も含む。
背景描写は「読者に理解してもらう状況」に加え、
「語り手・主人公が抱く心理を代弁」する存在でもある。

別に背景が代弁する心理を読み取れなくても、
小説を読むのに問題は生じないのだけど、
読み取れると「ああ、裏ではこう考えているのか」
「この人、今後はこうなってしまうのか……」

背景に「今後の自分、裏で思っている自分」
を代弁させているから、震えてしまうのだ。

次に「行動より内面」を重視する。
内面の変化は中高生にとって面白いと感じるだろうか?

私が高校時代、現代文の教科書に掲載している小説について、
特に面白いと思わず、苦痛だった。
年を取ると、苦痛と感じていた小説が面白いとわかった。

そのとき、気づいたのだ。文学とは人生経験がないと読めないな。
なぜなら「地獄」を味わって、内面を振り返る機会が多くなったから。

 

文学とアニメキャッチコピーが話題に

芥川賞が近づいて、文学キャッチコピーが話題となっている。
コピーライターが記した文書、ネットで話題になったら成功だ。

参照:人生に文学を、がアニメを馬鹿にしているのでは?

上記のサイトを通して「文学って何だ?」思ったんだ。
私は「頭を使って読む作品」と捉えている。

文学といえば、明治の文豪が書いた小説を思い浮かべるだろう。
ライターはきちんと定義していない。
文学があやふやなもの、意識高い人だけの読み物と、
斜めに構えて見てしまうのだ。

試しに私の家族に「文学って何?」尋ねても、
みんな単純に答えられなかったよ。

あやふやなものなんだよね、文学って。 
世の中には「定義をしっかりしない、あやふやなもの」がある。
きちんと定義をしていかないと、変な言葉をささやかれ、
洗脳される確率が高くなるよ。

関連:青山繁晴さんが解説する共同通信の世論誘導術とは

関連:事実が分かっても新聞を読むと「戦争法案反対」になってしまう(汗

 

小説を鑑賞すると、作品つくりに応用可能

上記の本を図書館で見つけ、後に購入した小説読解入門だ。
しゃしゃが今、学校で小説を読んでいるけれど、
さっぱりわからないのだったら、ぜひ読んでみるといい。

小説を鑑賞するポイントだけではなく、
書き手として文章に「トリック・仕掛け」を仕込む際の参考になるはずだ。

プロの作家がいかにして「隙あらば罠を仕込み、はまってもらう
伏線を立てる際の参考になると、私は考えているよ。

なお、上記本で星新一さんの小説を鑑賞した際、
「仕掛け」がわかって、得体のしれない恐怖が押し寄せてきたんだ。
「意味が分かると怖い話」でぞくっときたよ。

入試現代文の小説問題も、丁寧に読解しつつ、
「感情」を表現する文章を抜き取ると、書くときも参考になるよ。

参考本:ちくま小説入門 (高校生のための近現代文学ベーシック)

参考本:小説的思考のススメ: 「気になる部分」だらけの日本文学

関連:入試現代文の小説読解対策など

 

ラノベは「夢」文学は「未来」

※ 告知例4:終わった作品でも告知をすれば見る人は多い

ライトノベルにて描いている小説は「夢」だ。
夢は叶うものでなく、はかないもの。生きる希望や価値を与えてくれる。

一方文学は「未来」であり、現実として訪れる確率があるのだ。
ラノベは訪れる確率がとても少ないけれど、文学はラノベに比べたら、確率が高い。

戦国時代もので小説を書くと考える。
「登場人物は武将だけど、すべて美女」ならライトノベルだ。
史実によると、みんな「おっさん」ばかりだからね。

本来なら相手の首をとるはずが、許して自分の配下におく。
「美女と戯れたらいいなあ……」夢を描いている

一方、文学は史実に合わせる。登場人物が考える内容、態度、理念……
舞台において「現代社会」とつながる部分に気づくと、
「歴史小説」は「現代社会の問題を描く文学」に変わる。

※ 上記のサイト、文学の定義がないんだよね。

大きく見るとラノベも文学も変わりない。
文章を読んで、何かを学べば「文学」だと私は考えているよ。
学ぶとき、頭を大いに使う。だから勉強になるわけだ。

ラノベだろうが一般向け小説だろうが、頭を使って考えながら想像する。
その時点で、作品が何であれ「文学(文章を通した学問)」だと思うね。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

LINEで送る
Pocket