LINEで送る
Pocket

アイスを持つ子供

おはよう、しゃしゃ。
うちの相棒がピクシブプレミアムに入会したそうだ。
(3か月無料キャンペーン最終日に入ったそうだ)

彼はアクセス解析や「人気」検索を通し、いろいろ学んだ。
小説家になろうのアクセス解析、ティラノスクリプトに関する話など、
アクセス解析に関する話をしていきたい。

 

ピクシブプレミアムのメリット

ピクシブアクセス解析

ピクシブプレミアムは1か月あたり600円とられる。
たいていの人にとって「別に入らなくてもいいや」
思う内容だけれど……商売目線で見たらかなり面白い。

キーワードと人気検索

アクセス解析を通し、キーワードがわかる。
キーワードがわかれば、戦略も見せ場も思いつく。
特に「読者は何を求めているのか」手掛かりにつながる。

自分の絵をより多くの人に見てもらいたいなあ。
思った場合、まずは自分が描いたイラストを上げる。
1日~3日たてば、ある程度キーワードがたまる。

キーワードを通し、他の絵かき(ライバル)をチェックする。
その際、ブクマ数が多いユーザーに対し、計算をしてみよう。

ブクマ数÷閲覧数
例:ブクマ数1万/閲覧数10万=0.1%(100人中10人)

後は投稿した日と現在時刻の差を確認し、計算をしてみる。
他にも人気作者が過去、どんな投稿をしているのかもチェックする。

結果「どういうタッチが人気を得ているのか」気づくだろう。
そこから先はしゃしゃの自由だ。私はもちろん、画力上達の参考にする。

ピクシブ系過去記事:シェア機能を使えば無断転載ではないが

 

プレミアムだとクリップスタジオ

デビューをもらえるけれど、
私は初めからプロ(漫画家ならEX)を購入したほうがいい。

クリップスタジオは定期的なアップデートがある。
また、人さまがブラシやテクスチャなどを作った場合、
ほとんど無料(一部有料)でもらえるよ。

過去記事:絵の上達を手助けするクリップスタジオ

画力上達参考:脳の右手で描けが見せる絵描き力の変化

 

小説家になろうのアクセス解析

小説家になろう

小説家になろうのアクセス解析において、「キーワード調査」ができない。
そこで別の調査から色々推測をしていきたい。

役に立つのは
・どの時間帯が読まれるの?
・PVとユニーク数の割合は?
・PC/携帯/スマホの割合
・他人のアクセス解析も分かる

PVが350、UUが130だとする。
一人当たり平均350/130=2.7ページ(単位:2.7ページ/人)読んでいる
「3ページ以降も読んでいただくには?」色々考えると思うのだ。

他にどういうわけか、他人のアクセス解析も堂々と見れる。
ランキングなど→小説情報→アクセス解析を通し、読めるのだ。
そこからキーワードや物語の展開、あらすじなどを分析し、
自分の物語に生かしていくのもよいんじゃないか。

参考本:あなたのアクセスはいつも誰かに見られている (扶桑社新書)

参考過去記事:感情類語辞典の奥深さに気づかされる

 

ツイッターなども活用

ツイッターやグーグルプラス1などで、
作品を上げている場合、「いいね・RT」も参考にしてみる。
媒体手段を増やせば、計測手段も増えるので、手を伸ばしていこう。

 

脱線:アフィリエイトアクセス解析

このブログはアマゾン他を使い、アフィリエイトを行っている。
アフィリエイトにおいて、記事は大きなポイントだ。
リサーチをある程度行って記事を書く。

記事を書いた後「反応」を調べ、編集を重ねていく。
その際「キーワード」が大いに役立つよ。

キーワードを見てすぐ変更するのでなく、
「何を欲しているか」を考え、試行錯誤して記事を提供する。
そうすると、お買い上げいただく確率も少しは高まる。

結果「多くの人が求める情報」を提供できる。
「もっとキーワードに敏感になって、稼ぎたいなあ。
他の分野(私のような芸術分野など)にも応用できたあなあ……」
考えているなら、下記教材を読んでみるといいよ。

過去記事:1ラウンドアフィリエイトを実践してみた

 

確認ツールの必要性

スマホティラノスクリプト

小説家になろうもピクシブも、そしてティラノスクリプトも、
書き上げた後は確認する。ただ、確認方法がまた時間を要するのだ。
そこで私がやっている方法として

 

印刷と音読

文章を印刷し、声に出して読む。躓いた個所は必ず直していく。
自分が躓くという行為は相手も「うん?」疑問を抱く場所だ。
また、黙読だと気づかない「単語の打ち間違い」も、音読だと気づく。

原稿を出す前にこの作業をやってしまうと、編集だけで数日を費やす。
小説家になろうの「投稿日数」を見ると、
ほぼ毎日「ブログ」のように挙げていると、アクセスも増える。
(他にツイートをRTしていただく人、ありがとうございます)

なので、はじめはプリントアウトしないで上げる。
その後、文章を印刷して音読するといいよ。

音読参考本:勉強革命!「音読」と「なぜ」と「納得」が勉強力とビジネス力をアップさせる

音読参考本:文章読本(谷崎 潤一郎著:中公文庫)

 

別の媒体を使う

萌香ちゃん

※ パソコンで画像を見る

例えばパソコンでイラストを描いたとする。
落書きなら別にいいのだけど、きちんとした絵を出すなら、
パソコンだけでなくスマホでも確認すべき
(恥ずかしくないなら印刷もOK)

小説家になろうで書いた小説も、パソコンだけでなく、
スマホを使って確認をとるといい。

スマホで確認

※ スマホで同じ画像を見る

書いている時には気づかない「アラ」が別の媒体だと気づく。
パソコンだと全く意識しない「雑さ」がスマホだと気づく。反対もまたしかり。

一つの例として、クリップスタジオに手渡しは「グリッド」を使っている。
絵を出すとき、グリッドを付けたままJPGファイルに置換する。

JPGファイルで絵を見る際「あれ、こんなんだったっけ?」
よく自分の絵に疑問を抱いてしまうのだ。
そうならないよう、様々な確認ツールを持っておくべし。

 

リピーターは必ずいる

私のブログにも言えるが、100人訪問したら1人は必ずリピートする。
と言いう前提で考えてみよう。

どうしても1万、10万といった「アクセス数」にこだわってしまう。
ユニーク数の1%から10%を「リピーター」と勝手に設定した場合、
どのような展開や作品を提供すれば、
「なんてこった、こんなにわくわくさせてくれるとは、早く次回を」
ワクワクしていただけるのだろうか。

そういう時、同業者やテレビ、ラジオなどで「ワクワクさせる人たち」
を見つけたら研究をすればいいと考えているよ。

 

最後に:ロボットに負けないために

過去のニュースにて、ロボットが小説を書いて小説大賞に出したところ、
審査に何度か合格をしたんだと。

今後、ロボットも「芸術家」の仲間入りを果たし、ライバルとなる。
そのとき、人はどんな状態を目指すべきなのだろう?

ロボットはあくまでも「過去のデータ」を整理し、
「予測」を通して物語を描いていく。科学で成り立つ存在だ。

でもロボットにはなくて人間にはあるものを検討すると、
見えない力というべきか、エネルギーというべきか。
「ひらめき」を人間は持っている。

ロボットは「過去のデータを踏まえ、未来を作る」が、
人間は「データ+表現できない些細な風を読む力」をもって、
「未来・次世代」を作っていく。

そこで考えてみよう。
しゃしゃが感謝され、同時に感謝をしたくなる未来とは何だろう?

ヒント:この素晴らしき「気」の世界がすごい面白い

ヒント:見えない力を味方につける本を読んだ後

ここに作品と商売の結びつきが生まれ、
ロボットも作れない「人間としての未来価値」があると考えているよ。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

LINEで送る
Pocket