エクアドル震源地2016

おはよう、しゃしゃ。
今からセンター試験地学を対策する場合、
人によっては3か月もあれば十分と考えている人がいる。

一方で何か月やっても一向に成績が上がらない場合、
どうしたら上がるのか。そんな時に読み、今すぐ取り組んでほしい。

 

センター試験対策(2020年まで)

2020年をめどにセンター試験が廃止するそうだ。
だから2021年以降は地学の試験があるかどうかも分からない。
(あると思うが)

ところで、センター試験は「教科書に書いてある内容
を元に出題される。出題範囲はすべて教科書から出る。

当たり前ともいえる前提を忘れると、
あるところで成績が伸び悩んでしまうのだ。

言い換えると、練習問題や過去問をある程度やった際、
教科書に書いてある内容を、自分の言葉で説明すると、
センター試験の問題に対する取り組み方が変わる。

ポイントは「練習問題後の教科書攻略」にあるわけだ。

 

教科書はつまらない→面白い

初めに教科書を読んでも、面白くない。
しかし練習問題や過去問にある程度取り組み、
地学に出題される「大まかな出題範囲・傾向」
を知ってから教科書を読むと、とても面白い。

教科書はある程度、練習問題をやったうえで読むと、
理解が深まる。初めのうちにパラパラ読むのもいい。
でも、問題集を通して全範囲をやった後、改めて教科書を読むと、頭に入る。

 

自分が教科書になる

しかし、教科書は読むためにあるのでない。
自分の言葉で説明できるためにある。

そこを素通りして「テクニック」「頻出問題の解き方」
を習っても、いざというとき役に立たない。

問題の根底に出された「出題者の狙い」こと、
教科書に書いてある「公式・キーワード・現象」
を自分の言葉で説明したうえで、テクニックが大いに役立つ。

単純だからこそ、気づきにくい。
練習問題や過去問→教科書→過去問
の繰り返しによって、地学に対する思考力が高まる。

 

問題は教科書を理解するためにある

練習問題を通し、該当する箇所を教科書から探す。
すると理解が深まり、ますます地学が面白くなるよ。
ただ、記憶は1日や2日じゃ定着しない。

頭が忘れても、体が勝手に覚えるまで繰り返す。
繰り返しながら教科書の該当箇所を自分の言葉で説明する。
そうすると、センター試験も面白くなるよ。

 

センター試験の過去問本

センター試験の過去問本はいろいろある。
だからどれを選べばいいか悩んでしまったら、
本屋で立ち読みして、「自分の感性」で選ぼう。

解説に大した差はない。
解説を通し「教科書」などを用いて調べる。
教科書をきちんと読み込まないと、
解説を読んでもさっぱりわからなくなるよ。

 

教科書攻略は他にも応用可能

[blogcard url=”https://www.megabe-0.com/archives/4592.html”] [/blogcard]

教科書は初めから読んでも面白くない。
しかし練習問題をある程度やって、成績が伸びなくなったとき、
教科書を読むと理解が深まって、とても面白いのだ。

教科書に書いてある内容・キーワード、現象をきちんと書き取る。
理解をすると、だんだん地学の問題に対し、
教科書を背景知識に持ちながら、問題に取り組めるよ。

そうすると、正答率が高くなるからぜひやってみよう。
間違えたときも確認しやすくなるし。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket