LINEで送る
Pocket

ペン君

ども、しゃしゃ。
昨日、郵便局員の生命保険担当者が来て、契約を行った。

その際、ボールペンを手渡され、自分の名前を書いた。
ペンは重たく、私が使っている300円相当のペンと何かが違った。

「このペン、使いやすいですね」感想を述べると、
「1万円したのですよ^^」彼はさりげなく言うんだ。。

私はボールペンにあまり良い印象を持っていなかった。
しかし、高価なペンを使って考えが変わったよ。

 

ランスロット(ぺんてる)ボールペン

お兄さんが使ったボールペンを調べると、
ランスロット(ぺんてる)ボールペンだった。
ネットで調べると、1万円するペンもあれば、1000円程度とピンキリだね。

ぺんてる 油性ボールペン ランスロット2シリーズ ネイビー LCB20C / 5セット

 

ストレスがかかるかどうか

ランスロットボールペンはストレスがかからなかった。
重心を持ち、手に負担をかけることなく、記述できる。

一方、彼が帰ったあとに300円ほどのボールペンを使った。
すると、力があっちこっちに逃げていく印象を抱いた。

高価ボールペンは力が逃げず、がっちりおさまるのだ。
一方安いボールペンは力が逃げたり変に力が入ったりする。
ときに私の手に負荷をかけないと、文字を書けないわずらわしさ。

結局、ペンにおける値段の高さと安さを分ける要素は、
書いている私に「余計な」ストレスがかかるかどうかだ。

 

使わせていただく

郵便局員のお兄さんが手渡した高価ボールペンを通し、
「価値」の違いを感じたよ。

高いものほど「使わせていただいている」、
安いものほど「使われている」

私だけかもしれない。
疑いを持ったら近くの文房具屋に足を運び、
まずは万年筆を試し書きしてみよう。

それだけでも「違い」はわかる。

 

品の良いボールペンを使いたい

探しているなら文房具屋に足を運ぶか、
ボールペンに命を注ぐ会社があるので、カタログを見ながら選ぶといいよ。

下記ボールペンサイトはラッピングや修理が無料。
しゃしゃだけのオリジナルデザインを作れる。

真鍮製高級ボールペンの【ペン工房キリタ】は名入れ無料!

 

万年筆も同じ

思えば万年筆も安いものから高いものがずらっと並んでいる。
高いものを使うと、ストレスがかからない。
安いものは手に力を入れるなど、こちらに大きな負担をかけるのだ。

「別に負担くらいどってことないっすよ」
思うなら、安い万年筆でもいいんだけど……

「ああ腹が立つ、きちんとうまく書いてくれよ」
安い万年筆を使ってストレスを持ち始めたら、高いものを考えてみよう。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

LINEで送る
Pocket