LINEで送る
Pocket

俺だ、ヒロ様

※ プリリズRL、キンプリで活躍の速水ヒロ様、様を付ける理由はアニメを見ればわかる

おはよう、しゃしゃ。
フィギュアスケートの世界といえば、羽生結弦君が話題となっている。
彼が練習中、カザフスタンの選手、デニス・デン選手に邪魔をされ、
「それはねえだろ、お前!」猛烈に怒ったんだと。

彼の発言が「日本死ね」と同じくらいの汚さを持ち、私は驚いた。
「お前」発言から一部マスコミによるネガティブキャンペーンが始まったね。

「ネガキャンをもたらす些細な一言」に気づく話をし、
敏感なアンテナを建てるコツをつけていこう。

 

デニス・テン氏について

デニス・テン氏について掘り下げたサイトがある。
カザフスタン出身、ソチ五輪は銅メダルリストで、親族が韓国と精通している。
曽祖父が閔肯鎬(ミングンホ)で、1907年に300人の義兵を連れ、抗日戦争を行った。

そのため韓国から愛されているんだってさ。
彼は現在、キム・ヨナさんの母親が代表を務める事務所
ATS(オール・ザット・スポーツ)に2014年から所属している。

参照:羽生、テンの“マナー違反”に怒りあらわ「それはねえだろ、お前!」

参照:デニステンは韓国人?彼女と結婚は?羽生結弦の仲?発言が問題に?

 

「お前」がもたらすネガキャン

練習走行を邪魔される。
それはねえだろ、お前」と激怒した部分をスポニチに載せられる。
羽生君のネガティブキャンペーンがじわりと行われているね。

羽生君が滑っているところ、デニス・テン氏は何回か邪魔をしている。
ファンの声によれば、1度や2度じゃない。羽生君が怒るのももっともだ。

ところがメディアには「お前」と口汚い言葉を使った。
事情を知らない人からすると、「天狗(生意気)」と思われる。

政治でいう、山尾志桜里議員が質疑応答の場で、
「保育園落ちた、日本死ね」より「日本死ね」がマスコミで使われる。

共同通信なんてひどいよ。『ブログ「日本死ね」共感し国会へ』
って見出しを付けているからね。

※ 産経新聞は「お前」という言葉がない。

きちんとした文脈を読むと「あ、そういうことか」 わかるんだけど、
マスコミは文脈をわざと切り取って意図的な編集を加える。
「あの羽生君が口汚いことを言うなんて、信じられない」

ショックを受ける人がちらほら出てくる。
羽生君のファンは日本だけじゃない、韓国を含む全世界に存在するのだ。

全世界のファンが羽生君の怖い言葉ばかり取り上げられると、
「あれだけ素直でかわいい青年だったのに、こんなことを言うのは残念」
ファン→アンチに代わってしまう。

羽生君へのファン→アンチに寝返る人が多くなり、
「誰」が最も得をするであろう。しゃしゃなら誰だと思う?

 

浅田真央ちゃんへのバッシング

浅田真央ちゃんが滑っていたころ、
日本のマスコミが中心となってバッシングを行っていた。

代わりにキム・ヨナさんが持ち上げられた。
フジテレビは彼女の転倒シーンをパネルに持ち出して、紹介した。

なぜ彼女に対し、日本メディアはひどい扱いをするのか。
メディアは企業による広告収入や不動産で生計を立てている。
世界最大の広告代理店『電通』には逆らえない。

浅田真央ちゃんが電通主催のショーを断った。
それで電通が浅田真央ちゃんに喧嘩を吹っ掛けた。
事実なら電通って心の狭い会社なんだね。

羽生君は飛行機のANAに所属している。
色々調べると、スケート連盟が羽生君一家に冷たい対応を取ったそうだ。
スケート連盟には電通も深くかかわっている

参照:浅田真央ちゃんを取り巻く状況

参照:電通の正体とマスコミ支配の実態

 

休憩:キンプリはまじでいいぞ

一部の映画館で上映されているキンプリことKING OF PRISM from PrettyRhythm
(ジャニーズは「Mr.King VS Mr.Prince」)がぶっ飛んでいて面白い。

当初、ミニシアターで知名度が少ないためか、1800万円の興行収入を予想。
しかし応援上映などを通し、3億を超えた。とてもうれしい。

女子はプリズムダイブでなくプリズムライブを繰り広げ、素晴らしさを競っていく。
プリズムショーと本編を見ると、アイドルが行うダンスに物足りなさを感じる。

男子が行うプリズムショーは宇宙から電車を召喚し、尻からはちみつを出し、
空から 剣が召喚され、人の精神(PRIIDE)を切ったかと思ったら、
ックスパック(割れた腹筋)で攻撃を防ぐといった、戦いが行われている。

女子は華やかな演出で、男子は火花を散らすバトルだ。

※ こっちがジャニーズのキンプリ、プリリズとは関係がない。

よくわからない、言葉で表すことすら難しいんだけど、
見ると手に汗を握り、わくわくが終始止まらないので、今すぐ見て。

(もしもボックスさえあれば、現実世界でプリズムバトルが見れるのになあ)
キンプリ公式サイトと感想を載せておくね。

感想:なぜ人はキンプリを見てくれとしか言えないのか

感想:キンプリ感想(漫画・イラスト編)

感想:キンプリ応援上映について、冷静に書いてみた

公式サイト:キンプリ(KING OF PRISM from PrettyRhythm)

 

賢ちゃんの被害妄想ですよ

「いやいや、賢ちゃん(私)の考え過ぎでしょ」思うかもしれない。
でもネガキャンは「些細かつ細々」とした部分から始まる。
いきなり津波が来るのでなく、まずはさざ波から押し寄せる。

さざ波である間、警戒心を持つ人はとても少ない。
津波になって初めて「逃げなければ」気づかされるのだ。

言葉や態度だって同じ。まずはさざ波が押し寄せる。
「こんな言葉一つで、ネガティブキャンペーンになるわけないでしょ」

しかし、私は共同通信や朝日・毎日新聞他が出す記事を通し、
他国や官僚によるプロパガンダ
を勉強している。
わずかな変化こそ、大きな波を作らせる前兆なのだ。

ただし、いきなり津波が来ると、多くの人は警戒をする。
そこで警戒しないほどの言葉や情報を切り取り、視聴者に伝える

メディアが好んで使う、わずかな単語や助動詞(断定、推量)、助詞。
気を配らないと、しゃしゃもメディアが仕掛ける世論誘導に引っかかり、
好ましくない決断をされる確率が高い。

例:財務省主導による「消費税増税」への伏線をマスコミが流す。
マスコミによって多くの人が「ああ、日本は大借金なのか。
なら税金を上げても仕方がないなあ、家計が苦しくなるけれど…」

きちんと調べると、日本は他国に比べて借金を背負っていない。
しかし、自分で調べる癖をつけず、
マスコミの調べをただ聞いているだけだから、簡単に引っかかる。

 

何もかも自分で調べる時代

ネガティブキャンペーン・プロパガンダに気づく方法として、
メディアが伝える情報に対し、自分で言葉や状況を調べる。
情報源を自分で探さねばならぬ。

羽生君が仮に「お前」述べたとき、
いつ・どんな・誰がなど、5W1Hを普段から意識して調べるべき。

でないと、他人(主にマスコミ)が伝える情報に引っかかり、
味方を攻撃しかねない状況となってしまう。
そうならないよう、どんな情報も自分で調べる癖をつけよう。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

LINEで送る
Pocket