りなちゃんりんごとなしの妖精

※ 子供が書いた「りんごとなしの妖精、りなちゃん」

ども、しゃしゃ。
業務スーパーを展開する神戸物産が大阪国税局の税務調査を受けた。
結果、所得隠しが明らかとなった。

「業務スーパー」と「業務用スーパー」の違いを知ったとき、心底震えたわ。
マスコミのプロパガンダに近い戦略話を取り上げるね。

 

神戸物産業務スーパー

神戸物産」がお店を出す際、「業務スーパー」という名前を使う。

参照サイトによると、主に中国から仕入れた安い食材を中心に、
食品などを激安で販売している。

「食事なら何でもいいや」思う人にとって、
ありがたいお店だろう。私も利用していたし。

参照:在日企業に巨額脱税とインサイダー

参照:業務スーパーに行ったらこれを買え

 

業務「用」スーパーについて

業務用スーパーは「業務用」で使用する人に狙いを定めたお店だ。
特に飲食店で料理をふるまう際、調味料や食材を仕入れる場所として、
業務用スーパーは好まれる。

一方「業務スーパー」は神戸物産が経営するお店の名前
業務用スーパーは業界用語である。
「用」のある・なしで意味合いが変わる。

 

インサイダー取引の疑い

神戸物産の株

※ 神戸物産の株情報

上記参照サイトのスレッドによれば、株価の動きがおかしいそうだ。

今年の2月に証券取引等監視委員会が金融商品取引法違反容疑で調べた。
インサイダー取引は昨年の7月と12月に行われたのではないか。
神戸物産は2015年7月と2014年12月に自社株を購入をした。

その際、神戸物産関係者が事前に情報を知り、
同社株を大量に買い付けたんだと。

株画像を見ると「おおおっ」声を上げたよ。
年間取引画像で見ると、確かに膨らみ方がおかしいね。
特に2015年7月の動きは自社株購入の上昇ぷりといったら……

インサイダーは基本、わかりにくい。
内部告発によって、大半はばれるそうだ。

インサイダー取引における株価のつり上げ事例として、
抑えておくといいよ。

参照:神戸物産、インサイダー取引で50億円利益か

参照:インサイダー取引に要注意、何気ない株取引でも抵触

参照:インサイダー取引はどうやってわかるの?

 

言葉は武器になる

業務スーパーと業務用スーパーをさっき、妻と母に教えた。
すると「え、業務用スーパーと業務スーパーに違いがあるの?」
私も調べるまでは同じ気持ちだった。

一言が抜けているとつい「どちらも同じだろ」
思ってしまうけれど、実態は大きく違う。

反対に見ると、多くの人は一言があろうとなかろうと、
「同じ意味」で捉えてしまいがちだ。結果、判断を誤ってしまう。

似た事例だと「断定」と「推量」の使い道だ。
断定は「意志が強い」場合に使うけれど、
推量は「こうだったらいいなあ」希望を詰め込んで使う。

読み手は「断定」も「推量」もほぼ差がないものとして扱う。
差がない言葉として扱うと、潜在意識にも同じ現象が訪れる。

一言って怖いんだよ。自分の未来を縛り上げてしまうからね。
だからしゃしゃ、言葉の使う際、慎重になってね。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎
ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。 雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。 0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい 3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる 8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。 12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。 18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった) 21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける 27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。 28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。 29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。 自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。
Pocket