Pocket

なんでこんなことに

※ この場合の「こと」は大事件・重大な事態を意味(画像はプリンセスプリキュア)

おはよう、しゃしゃ。
昨日、私の知人からお手紙をいただき、ある表現に気づいた。

「……世の中の状況を深く知ることが大切なことだと気づかされました」

気づいた? 「こと・もの」に関するお話だ。

 

「こと(事)」を分析

事(こと)はいろんな意味でつかわれる。
「人間が想ったり考えたりする対象のうち、
物(もの)のようなはっきりした存在でないとき」
に使う単語だ。

上記の文章をもう一度書く。
「世の中の状況を深く知ることが大切なことだと気づかされました」

知ること:動詞(知る)を名詞化する際、使うよ。
動詞:物事の動作・作用・存在を表す単語。
名詞:物事の名称をあらわす単語。体言ともいう。

動詞を名詞化することで、以下の意味を持つ。
経験、習慣、場合や可能性、仮定の事柄、必要、事実、最善の方法、伝聞

知ることは上記意味のうち、どれに当てはまるだろう?
私は「必要」だと考えている。

根拠として「世の中の状況を知る」と書いてある。
すなわち筆者は世の中の状況を深く知らないわけだ。

深く知らない→深く知らねば。よって「必要」と私は判断した。

次に「大切なこと」に入ろう。
まず「大切・な・こと」品詞分解をしてみた。

「な」は相手の関心を自分に向けるとき、
念を押しながら言葉をつないでいくとき、
文末に使う(軽い詠嘆や怒り、禁止を込めた表現)

体言に挟まれているから、「念を押す」意味で使う。

「こと」の使い方として「特に取り上げる大切な出来事」がある。
よって「本当に大切、特に大切」強調表現として使われる。

 

「こと」を変えよう

「世の中の状況を深く知ることが大切なことだと気づかされました」

「こと」の使い方を軽く知ったうえで、しゃしゃに問いかける。
「こと」は本当に必要だろうか?

私なら以下のように書く。
「世の中の状況を深く知る必要が大切と、気づかされました」
「こと」を使わなくても表現できるね。

より文章を洗練させるなら、
「世の中の状況を深く知らねばと気づきました」
「世の中の状況をより知らねばと
気づきました

「こと」を使うタイミングとして、自分が「ここを強調したい」場合に使う。
他に「必要。体験、伝聞……」を考えねばならず、面倒くさい。
そこで「こと」と書いて済ませる。

私も上記表現にて「考えねばならぬ」を「考えることが大切」と書いたんだ。

「こと」を使えば読み手が
「ここで使う<こと>の意味は<必要>だ」 解釈してくれるのだ。
相手に委ねているから使える(俗に言う以心伝心)

しかし実用文として書く場合、正確に自分の思いを相手に伝えねばならぬ。
その際、あいまいな表現を使って相手に委ねてしまうと、
読み手に誤解を与えてしまうのだ。だから避けるべき。

 

「もの」も同じ

「こと」のほかに「もの」もある。

例:辞書はわからない言葉を調べるものだ。

この場合の「もの」はどんな意味でつかわれるか?
早速、国語辞書で調べてみよう。

「もの」もいろんな使い方がある。
形としての物(ぶつ)や、対象を漠然として指す場合、
動作の対象(具体的に何であるかは文脈判断)、
当然・普通、過去の感慨深さを表すとき……

調べてみると、様々な使い方に適応できて驚くね。
上記の「もの」は対象を漠然として指す場合に使う。

そこで対象をはっきりさせると、
辞書はわからない言葉を調べるものだ。
……を調べる書物(辞典)だ。

対象物をはっきりさせたほうが、相手に誤解なく伝える。
しゃしゃはどちらかといえば、どちらがわかりやすい?

 

休憩:今日のまんちゃん

万年筆の働き

いただいた手紙を分析し、日本語の使い方を訓練している私。
まんちゃん(万年筆)を使いすぎてしまい、倒れてしまった。

ぬるま湯万年筆

ふう……水の中で休憩中のまんちゃん。文房具にも休みは必要だね。
万年筆に興味を持っているなら、下記記事を読んでね。

[blogcard url=”https://www.megabe-0.com/archives/info/pilot_custom74″] [/blogcard]

 

文章訓練は盲点だ

文章は小学校から高校に至る授業において、誰でも扱える。
だからこそ「相手」を配慮した文章を意識しないまま書いてしまう。
結果、相手に誤解を与えてしまう。

文章は盲点だ。特に日々文章を書いている人にとって、
「別に訓練する必要もない」思うと危険だ。

文章を訓練すると、言葉の使い方が敏感になる。
敏感は「相手への配慮」や「仕事におけるこだわり」 となって、
目に見えない形・関連しない方向に応用できる。

未来において困らないために、今すぐ鍛えるべきだ。

 

文章を鍛える方法

鍛える方法は色々ある。
添削してもらう、書いた文章を音読する(印刷するとなおよい)

助詞や助動詞の使い方や用法を体に叩き込む。
あいまいな表現は避ける(単語や代名詞が示す内容を考える)

伝わる! 文章力が身につく本 (基礎からわかる“伝わる!"シリーズ)

上記本を通し、書いている内容をノートに書き留める。
体で覚えているか、自分に問題を出す。
数か月かかるだろうけど、間違いなく上達するよ。

くわしい国文法 中学1~3年[新学習指導要領対応] (中学くわしい)

他に国文法を勉強し、助詞や助動詞、敬語の使い方を学ぶ。
助詞・助動詞はチェックテストをしよう。
記事を書きながら続けていくと、少しずつ敏感になっていくよ。

[blogcard url=”https://www.megabe-0.com/archives/category/calling”] [/blogcard]

「伝える話」について、過去記事も書いている。ぜひ読んで。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

Pocket