庁瀬半党
※ これが一番人気らしい…おいおい

おはよう、しゃしゃ。民主党と維新の党が合体した。
名前を公募しているが「朝鮮半党」「反民主党」「居直り強党」
大喜利が続いているよ。

なぜ自分たちで名前を決めないのだろう?
背後にある心理として「失敗恐怖症」があると確信した。

 

与党の揚げ足取り

民主党は与党こと自民党の揚げ足を取っている。
はじめは揚げ足を取って民主党の存在を目立たせたい。
そう思っていたんだけど、名前を公募する背後にある心理を読むと……

「自分たちの失敗を指摘されることが怖い」

安倍総理が国会答弁で民主党議員の質疑応答に対し、
「民主党時代は~だった。私は事実(ファクト)を述べている」
上記発言をすると「私(民主党側)はそんなこと聞いていません」反論する。

相手を糾弾するという背後の一つに、
「自分が犯した過ち・失敗」を他人に指摘されたくない。

指摘される前に相手を糾弾し、
自分は糾弾されないよう、安心な場にとどまる。

しゃしゃは自分の失敗を知られたくないため、
相手の失敗を大げさに騒ぎ立てた体験はないだろうか?

 

公募の背後にある恐怖症

彼らはなぜ自分たちで名前を決めないのだろう?
一つは国民の方向を向いているよという宣伝だ。

でも別の視点から見ると、
「自分たちで物事を決めると、後で必ず責任を負うから怖い

何か政策を行い、失敗した。
責任を多くの国民が指摘すると、心が滅入ってしまう。

しゃしゃだってさ、自分の失敗を上司や部下から指摘されると、
「ああ、やっちまったあ。ごめん、本当にごめん」
心が苦しくならないかい?

委縮すると、自分で物事を決めるたびに国民から批判される。
そのうちだんだんと「自分らで決める怖さ」が現れ、
「自分たちで決めるより、他人が決めた政策に従うほうが楽
考えが変わってしまう。

そこから「依存症」が始まってしまうんだね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

反省か批判か

しゃしゃがさ、ある部活のリーダーだとしよう。
自分の判断が多くの部員を惑わせて、部員から言われる。

「もうあなたの戦略は使えない、交代してもらう」

すると、しゃしゃはどんな気持ちになるだろう?
「自分のやり方は間違っていた」という事実だけ残る。

問題はこの後どうするかだ。
自分のやり方を再点検しながら、初心に帰るか。
過去を見直さず、交代した人のあら捜しを行い、自分の存在を際立たせるか?

 

反省は心が辛いけど

私もここ最近の生き方を見直していると、
逃げたくなる事実が山のように襲ってくるんだ。
それこそ人から指摘されてさ、引きこもりたくなる事実もある。

しかしそこに向き合うって苦痛に見えて実は楽しい。
むしろ事実に向き合うからこそ、楽しさが見えてくるんだ。

事実の大半は受け入れがたい現実だ。
でもね、逃げることなく真正面から見つめるとさ、

「ここをこうしたほうがいいんでねえか?」
対策が見えてくるわけ。

実行していくと初めのうちは変わらないけれど、
数か月後に目に見える形で成果が出るのよ。

だからね目を背けたい事実は逃げるのでなく、
むしろ向き合って自分の生き方を変える娯楽にすべき。

自分を良い方向に変えることこそ、一番の娯楽だからね。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket