万年筆購入

おはよう、しゃしゃ。
インスタグラムにて万年筆の写真を撮っていたとき、
ふと思ったことがあるんだ。

しゃしゃは万年筆はどちらかといえば使いたいほう?
それともペンにそれほどこだわらないほう?

ペンも100円から下手すると10万ほどの価値を持つ。
もし万年筆を購入したいから両親など身近な人に述べた際。

「え、万年筆を使うって? 作家でもないのに無駄だよ。
ペンなんてそこらの安いものでいいだろ」

上記の発言を受けて自信喪失につながるなら、答えは一つ。

 

手が止まらない喜び

アマゾンで調べると、万年筆にも値段が色々ある。
同じ種類で14000円もあれば7000円もある。
購入する場合はよく見てから選ぶこと。

パイロット 万年筆 カスタム74 FKK1000RB-F 細字ブラック

私は親父がもらった万年筆を使ってみたいなあ。
そして使ったら思いのほか軽くてびっくりした。

ボールペンやシャープとは全く違った感触。
柔らかい、手が疲れない、何より手が止まらない。

インクにお金をつぎ込むことすら「お金かかるなあ」
思わなくなった(そのころの私はケチだった)

万年筆が壊れ、私は独自に購入した。
万年筆は親父のものを使い続けて15年ほどたっていると思う。

万年筆を使うと、とにかく手が止まらない。
100円均一で販売中の「コピー用紙」を購入し、書きなぐる。
(500枚用紙はダメ、質が悪いから裏ににじむ)

アイディアが出たら書き込む。勉強するときも書きなぐる。
字のうまい・下手なんて気にしなくていい。

数日後全く読めなくても構わない。
とにかく書きなぐる、殴っていくうちにだんだんと本質が見えてくる。

作家になる・ならない関係なく万年筆を使うと、
何かを書きたくなる。よって人の意見なんか気にせず使うべき。
私は万年筆を使ってから「作家」という職業を知ったくらいなんだからさ。

 

休憩:noteで写真を貼る

noteにて私は万年筆の写真を貼り付けたら、驚くコメントがあった。

万年筆とnote

もしかして万年筆って敷居の高い筆なんだろうか?
15年以上も使っていると、万年筆を購入している人が多いんだ。
という錯覚を私は起こしていたのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

安い万年筆は使うな

私はパイロットを使っているから他メーカーは推薦できない。
もちろんしゃしゃはパイロット以外も試してみるといい。
必ず「ああ、これがいいなあ」思う万年筆に出会えるから。

パイロット 万年筆 カスタム845 FKV5MRBM 中字 黒

万年筆も文房具店に行けば、安いものが置いてある。
万年筆は最低でも5000円以上のものを使うべき。
1万や3万といった高価なものほどいい。

高価な万年筆は「演出」一つで、
「私って実はすごいんだよ」という波動を相手に出せる。

プロの商売人である斎藤一人さんが述べている言葉を、
私の言葉として置き換えるよ。

「一流になるなら見た目も大切。
見た目が貧しい人より豊かな人の言葉を人は聞く。

どれだけ本質を語ろうとも、見た目が貧しいと、人は見下す。
どれだけ間違ったことを述べても、見た目がかっこよくて品があると、
ついその人の言うことを聞いて、結果騙される」

 

詐欺師の自己価値上達

インクはカートリッジを使っている。スケルトンは見えるのが魅力

パイロット 万年筆 カスタムヘリテイジ92 FKVH15SRSNCF スクリュー式 F(細字)

詐欺師は相手にとって「価値」と感じないものを提供する。
彼は「自己価値」に気を遣っている。

貧しい恰好をすると騙されにくいが、
きらびやかで上品な見た目を取り繕うことで、
「ああ、この人なら信じてもいいな」思ってしまい、見事に騙されてしまう。

高価なものはただ持つだけじゃなく、
言葉を添えてさりげなく「高価値な私」を演出するよ。

胸ポケット万年筆

例えば胸ポケットに万年筆を付ける。
彼がしゃしゃの前でメモを取る際、さりげなく言うんだ。

「いやあ、この筆5万もしたんだけど使いやすくてねえ」
するとしゃしゃの中には「この人は私よりお金持ちなんだなあ」
心が引き込まれてしまうんだ。

それだけでなく「相手>私」という「精神的な貧富の差」
も心の中にできてしまう。

「価値のないもの」を提供するから詐欺師なのであり、
「価値のあるもの」を提供するなら一流の商売人(作家そのほか)だ。

むしろ正直な人ほど、自己価値の上昇を怠るから、
結果としてどれだけ高品質な価値を提供しても、
「こいつはたいしたことねえなあ」見下される。

 

かっこいい自分を演出しよう

激安購入場所はアマゾンだけではない。
上記サイトも新品から中古と、多種類の万年筆に出会えるよ。

中古・新品筆記具大量掲載!【筆記具専門店キングダムノート】

万年筆を購入した場合、
お出かけする際はなるべく胸ポケットのある服を選ぶ。
それだけで「万年筆」に興味ある人が意識する。

人によっては「あいつ馬鹿じゃね」思われるかもしれない。
でもいいんだ。少しでも「自分がかっこいいなあ」
考える人になること、目指すことが重要なのだ。

私はインスタグラムで写真を撮りながら、他人の写真を見ることで、

「一流の作家としての演出が足りないなあ」

思ってしまったんだ。
どれだけ質が良くても貧相な格好だと三流に見られる。

しゃしゃはもしかするとどうでもいい事実かもしれない。
「貧相な見た目でも素晴らしい人はいる」

しかし多数の人は「貧相より派手・ブスより美人」に目がいく。
だからこそ万年筆を通して、将来の理想像を設計していく。
すると「将来から逆算」して「今」何をなすべきかがわかるよ。

 

人生の設計は自分で創る

他人はしゃしゃの人生を設計するわけじゃないんだ。
よって「作家にもならんお前が万年筆を使っても無駄」
という言葉は受け流しておこう。

そいつがしゃしゃの人生設計を行うだろうか?
人から指摘されて落ち込んだ場合、上記の問を発するといいよ。
するとさ、しゃしゃとしてどんな決断をすべきか、わかるはずだよ。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket