空飛ぶ絨毯
※ 空飛ぶアラジン | erimaki [pixiv]より、アラジンのような魔法のじゅうたんも作られるのかな?

おはよう、しゃしゃ。
アインシュタインが予言していた「重力波」を米国が観測した。
カリフォルニア工科大とマサチューセッツ工科大の研究チームが見つけたよ。

現在は重力波の発見だけだが、
将来はある映画のように、空間を走り回る車ができるのだろうか?

 

重力場と重力波

重力場

この世の全ての物体には質量がある。
100グラムの物体と1000グラム(1キログラム)の重さ。
見た目が同じ箱ものだとすると、自分で持たぬ限り重さはわからぬ。

しかしスライムのようなゲル状の物質を用意する。
そこに100グラムの箱と1000グラムの箱を間隔あけて入れる。

すると100グラムと1000グラムでは沈む深さが変わる。
「重力場」の簡単な説明になる。電場や磁場と似たようなものだ。

wiki(参考程度に読んでおいてね)によると、
重力場はニュートン式(運動方程式と万有引力)と、
アインシュタインの一般相対性理論に基づく定義がある。

アインシュタインによると、重力波は「時空間のゆがみ」で生じる。
同一時間、空間で曲がるのでなく、ねじ曲がった時空間を進んでいる

重力波2

式は難しいので省略するが、
歪んだ時空間では光や物体の軌跡(進む方向)が分かれる。
「光」が関連することで「波」も発生する。

重たい惑星・隕石(ブラックホールなど)が衝突した際、空間が多いに歪む。
歪みが光速でいたるところに伝わる現象を「重力波」という。

重力波は遠くまで伝わる性質があり、
はるか遠くを探ることで宇宙誕生の謎に迫れるんだと。
ニュートリノも宇宙誕生の原理に深くかかわっている。

イメージとして、今から両手を叩いてみよう
叩くことで空間が一気に叩かれる、力が発生し、気圧差が生じて風が生まれる。
風は減衰するまであちこち吹くよ。

重力波も手を叩く(惑星の衝突)ことで熱や風(波)が生まれるのだ。

過去記事:ニュートリノに質量が私らの生活にどんな意味を?

 

重力波の声を聴く

重力波の「音声」を聞き取ることに成功した。
音も波の一つだから、聞こえてもおかしくないね。

フリー音源に使えそうだ。

 

宇宙を少しでも知りたいなら

宇宙を少しでも知るなら入門誌として、子供向けの天体ものがいいよ。
なかなか面白くてためになる情報ばかりだからさ。

ドラえもんの理科おもしろ攻略 天体(地球・月・太陽・星の動き)がわかる (ドラえもんの学習シリーズ)

後は星座に関する本を読んでおくといい。
星座はギリシャ神話などとくっつけると、歴史の勉強になりやすい。

星と神話 物語で親しむ星の世界

その後中学理科、高校物理・地学で天体運動や知識を知っていこう。
受験になるから高度な知識が手に入るよ。
理科を勉強しておくと、自然災害に備える知恵や商売を行うとき、
世の中の現象を自然と深く観察する知恵が身につくよ。

記事:地学の受験参考書が少なくて嘆きたくなる

 

宇宙の解明と私たちの生活

※ Youtubeで調べると、トヨタがプロペラ付きの空飛ぶ車を開発していた。

私たちにとって「重力波の発見」が何をもたらすか?
研究者たちは「宇宙の起源を知る」謎に迫る一歩となる。
しかし私たちの生活にはなんも影響をもたらさない。

そこで少し空想をしてみよう。電場や磁場を発見することで、技術が生まれた。

電場⇒コンデンサー(電荷を蓄える装置、マイクやパソコンに使われる)
磁場⇒リニアモーターカー(反発しあう磁場を利用して加速する電車)

仮に重力場や重力波を制限する装置ができたら、飛行機を運営する会社が焦るだろう。
私は「空飛ぶ車」が作られると思っているんだ。
空飛ぶ車と空間道路が作られたら、飛行機は焦るよね。

重力場を制限することで、一定空間まで無重力状態が作られる。
すると、移動空間が広がるから旅行も気軽にできる。
ただし、空から移民や難民、テロリストも訪れやすくなる。
そこで新たな法律や経済が大いに動く。

私の妄想だから気にしなくていいけれど、
重力を制限する装置ができたら、良い方向だと移動手段の拡大。
拡大により経済や技術の発展にもつながる。
悪い方向だと犯罪に使われるから、色々考えなければならないね。

ちなみに重力波は「波」の一種だから、軍事に使われる確率は低い。
重力場はわからないけれど。

 

重力波と人体への影響

今のところ、重力波は人体への影響がないとされる。
そもそも産経新聞によれば、地球に届く空間のゆがみ(重力波)は微弱なんだと。
それよりも宇宙に飛ぶと放射能ですぐあの世行きになるよ。

過去記事:放射能についての説明と海面上昇

 

科学世界の常識

科学の世界はそれまで「常識」と思っていたことが「間違い」になる。
仮に重力波の発見が「間違い」だとわかっても、
観測した結果、生じたデータの一つなので、温かく見守っていこう。

 

重力波でまたノーベル賞(2017/10)

重力波の検出で、ノーベル物理賞が決まったよ。
2016年も重力波、ミクロでなくマクロの世界が今後、重視されるのかな。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket