LINEで送る
Pocket

空飛ぶ絨毯
※ 空飛ぶアラジン | erimaki [pixiv]より、アラジンのような魔法のじゅうたんも作られるのかな?

おはよう、しゃしゃ。
アインシュタインが予言していた「重力波」を米国が観測した。
カリフォルニア工科大とマサチューセッツ工科大の研究チームが見つけたよ。

現在は重力波の発見だけだが、
将来はある映画のように、空間を走り回る車ができるのだろうか?

 

重力場と重力波

重力場

この世の全ての物体には質量がある。
100グラムの物体と1000グラム(1キログラム)の重さ。
見た目が同じ箱ものだとすると、自分で持たぬ限り重さはわからぬ。

しかしスライムのようなゲル状の物質を用意する。
そこに100グラムの箱と1000グラムの箱を間隔あけて入れる。

すると100グラムと1000グラムでは沈む深さが変わる。
「重力場」の簡単な説明になる。電場や磁場と似たようなものだ。

wiki(参考程度に読んでおいてね)によると、
重力場はニュートン式(運動方程式と万有引力)と、
アインシュタインの一般相対性理論に基づく定義がある。

アインシュタインによると、重力波は「時空間のゆがみ」で生じる。
同一時間、空間で曲がるのでなく、ねじ曲がった時空間を進んでいる

重力波2

式は難しいので省略するが、
歪んだ時空間では光や物体の軌跡(進む方向)が分かれる。
「光」が関連することで「波」も発生する。

重たい惑星・隕石(ブラックホールなど)が衝突した際、空間が多いに歪む。
歪みが光速でいたるところに伝わる現象を「重力波」という。

重力波は遠くまで伝わる性質があり、
はるか遠くを探ることで宇宙誕生の謎に迫れるんだと。
ニュートリノも宇宙誕生の原理に深くかかわっている。

イメージとして、今から両手を叩いてみよう
叩くことで空間が一気に叩かれる、力が発生し、気圧差が生じて風が生まれる。
風は減衰するまであちこち吹くよ。

重力波も手を叩く(惑星の衝突)ことで熱や風(波)が生まれるのだ。

過去記事:ニュートリノに質量が私らの生活にどんな意味を?

 

重力波の声を聴く

重力波の「音声」を聞き取ることに成功した。
音も波の一つだから、聞こえてもおかしくないね。

フリー音源に使えそうだ。

 

宇宙を少しでも知りたいなら

宇宙を少しでも知るなら入門誌として、子供向けの天体ものがいいよ。
なかなか面白くてためになる情報ばかりだからさ。

ドラえもんの理科おもしろ攻略 天体(地球・月・太陽・星の動き)がわかる (ドラえもんの学習シリーズ)

後は星座に関する本を読んでおくといい。
星座はギリシャ神話などとくっつけると、歴史の勉強になりやすい。

星と神話 物語で親しむ星の世界

その後中学理科、高校物理・地学で天体運動や知識を知っていこう。
受験になるから高度な知識が手に入るよ。
理科を勉強しておくと、自然災害に備える知恵や商売を行うとき、
世の中の現象を自然と深く観察する知恵が身につくよ。

記事:地学の受験参考書が少なくて嘆きたくなる

 

宇宙の解明と私たちの生活

※ Youtubeで調べると、トヨタがプロペラ付きの空飛ぶ車を開発していた。

私たちにとって「重力波の発見」が何をもたらすか?
研究者たちは「宇宙の起源を知る」謎に迫る一歩となる。
しかし私たちの生活にはなんも影響をもたらさない。

そこで少し空想をしてみよう。電場や磁場を発見することで、技術が生まれた。

電場⇒コンデンサー(電荷を蓄える装置、マイクやパソコンに使われる)
磁場⇒リニアモーターカー(反発しあう磁場を利用して加速する電車)

仮に重力場や重力波を制限する装置ができたら、飛行機を運営する会社が焦るだろう。
私は「空飛ぶ車」が作られると思っているんだ。
空飛ぶ車と空間道路が作られたら、飛行機は焦るよね。

重力場を制限することで、一定空間まで無重力状態が作られる。
すると、移動空間が広がるから旅行も気軽にできる。
ただし、空から移民や難民、テロリストも訪れやすくなる。
そこで新たな法律や経済が大いに動く。

私の妄想だから気にしなくていいけれど、
重力を制限する装置ができたら、良い方向だと移動手段の拡大。
拡大により経済や技術の発展にもつながる。
悪い方向だと犯罪に使われるから、色々考えなければならないね。

ちなみに重力波は「波」の一種だから、軍事に使われる確率は低い。
重力場はわからないけれど。

 

ブラックホール計測手法の追加

私が仕事をしながら合間に聞いているニコ生、アオイゼミ(理科)にて、
SHT「スーパー☆早川☆タイム」というコーナーがある。

サイエンスの池上彰こと早川先生が重力波について説明していた。
(動画が上がったら、後で載せておきますね)

彼曰く、ブラックホールを計測する手段として、
今回の重力波測定は大きな効果をもたらしたと述べている。

「ブラックホールを分析する道具」がふえた。
より深く宇宙や世界がどんな仕組みでできているかがわかる。

ブラックホールはあまりにも強すぎる重力のため、
光すら脱出できぬ天体だ(光は電磁波であり、粒子の一つ)

重力波は私たちも出しているんだと。でもあまりにも小さい数字で、
周りにほとんど影響を与えないんだって。与えるとしたら分子レベルかな。

参照:
アオイゼミチャンネル(YOUTUBE)

アオイゼミ公式サイト

 

アニメだと多い重力制限

アニメ「蒼の彼方のフォーリズム」で、
反重力で空を飛べる靴、通称"グラシュ"を用いて、
新興スカイスポーツ“フライングサーカス(FC)”を行っている。

アニメだとドラゴンボールが重力を無視して空を飛ぶ
ドラえもんは「タケコプター」がないと空を飛べない。
後、今期の魔法つかいプリキュアは空飛ぶほうきを使ってあちこち飛ぶのだろうか?
他にもアニメは空を飛ぶ人たちが多い。

人間が空を飛ぶってロマンにあふれるよね、
いずれ重力場・重力波の解明で人も空を飛べる時代が来るのかしら?

 

重力波と人体への影響

今のところ、重力波は人体への影響がないとされる。
そもそも産経新聞によれば、地球に届く空間のゆがみ(重力波)は微弱なんだと。
それよりも宇宙に飛ぶと放射能ですぐあの世行きになるよ。

過去記事:放射能についての説明と海面上昇

 

結びに:科学世界の常識

科学の世界はそれまで「常識」と思っていたことが「間違い」になる。
仮に重力波の発見が「間違い」だとわかっても、
観測した結果、生じたデータの一つなので、温かく見守っていこう。

 

忘れ物:続報入り次第、記事追加更新

より詳細な情報を出すので、はてなやポケットを使い、
お気に入り登録(ブックマーク)しておいてね。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

LINEで送る
Pocket