日経平均株価2.9

ども、しゃしゃ。2・9ショックとでもいうのだろうか。
日経平均株価は前日918円ほど下がり、
円高ドル安がたった1日で4円も変わり(114円)、
そのうえ長期金利が初のマイナスを迎えた。

まさか1日で日本経済がぐらつくとは思わなかった。
これがあるから株やFXは怖いなあと感じる。
ところで長期金利マイナスは日銀のマイナス金利を思い出すね。

たった1日で経済が大きく変化した。何を意味するのだろう?

 

ドイツ銀行が破綻する?

株価に対するニュースを読むと、
日経平均暴落の原因として、ドイツの銀行が破綻するんじゃないか?
ドイツを発端に株安が続いたそうだ。

日本が考えている以上に世界は不安であることを改めて知らされる。

参照:
ドイツ銀行を巡る暗い噂。ドイツ発の世界恐慌の可能性も

ドイツ発世界同時株安で円高がヤバイ!

 

神戸物産がインサイダー

神戸物産

ザ・ボイスのニュースピックアップセブンを見ていたら、
神戸物産(東証一部上場)がインサイダー疑惑があると昨日わかった。
インサイダーによるも上kが50億円ほど。おかげで株価が500円も下がってしまった。

インサイダーが起きてストップ安状態になった。

記事:インサイダー疑惑、神戸物産を強制捜査

 

マクドナルド赤字347億円

マクドナルド

マクドナルドが347億円の赤字を出した。
私もマクドナルドでテリヤキバーガーを頼んだとき、
ハンバーグに違和感を感じましたからねえ……

これも日経平均株価に影響を与えたと考えているよ。

 

長期金利マイナスと円高

円高ドル安114

日銀においてマイナス金利を行った結果、
銀行はお金をため込むのでなく、企業に流さねばならぬ。
とはいえ、銀行は大企業に手数料を負担させるという政策を考えている。

今回長期金利がマイナスになることで、
日本国債に資金が集中して買われているとのこと。
言い換えれば、世界が不安定になり、日本円を購入する人が増えた。
(海外勢が一気に売れば、日本が傾くかもしれない)

円を購入する人が多くなると、円の価値が上がる。
円が信頼されている証拠でもあるんだ。
1枚の絵を少しでも高値で購入しようと企むオークションだね。

結果として円高(1ドルの値段が数分前の円よりも値段が下がる)
が発生し、119円⇒114円ほどまで下がった。

円高になることで海外からの原材料が安く入る代わりに、
輸出品の価格が上がって、輸出産業の経済が危なくなる。

参照:
円高のメリット・デメリット

円を買う」と「円高になる」の因果関係

過去記事:日銀のマイナス金利が何を意味する

 

アメリカ経済の動き

参照サイトによれば「アメリカ経済」をどう捉えるか?
ドル安が続く背景として、米国含む世界経済への不信感。
投資家たちはリスクを回避したい。

それで円高ドル安傾向に走っているんだと。
欧州銀行の先行き不透明も加わっている。

さらにマイナス金利によって、
これまでの銀行は日銀(中央銀行)に預けるだけで、金利によって儲けが入った。

しかしマイナス金利によって、預けることで損失が出る。
今日のダウも大きく下がるだろうなあ。

参照:史上初の長期金利マイナスへ突入し、今後はどうなる

 

何を意味するんだろう?

色々と訳が分からない状態になっている。
(現状、私の頭がものすごく混乱している)

日本はやばくなるのだろうか?
と言いたくなるけれど……日本は国民から借金をしている。
同時に他国からは借金をしていないのだ。

例:日本政府が米国債をたくさん買っている
⇒米国は日本に借金をしている

むしろ他国が日本に借金をしている状態だよ。
日本としては内需に目を配ってより需要を上げていく。
内需の拡大による雇用の改善がアベノミクスの目的であるため、
より国内需要が増えるといいね。

不安や危機感は持っておいたほうがいいだろうけれど、
こんな時、私の母が実際に行った体験が役立つかもしれぬ。

 

長い目で待てばチャンス

私の母がかつてマイナス金利のような状態を味わった。
ある株が購入時の半分に下落した。売ると大損害をこうむる。
母はすぐ売らず、半年以上待った。

時間がたつと金利が上がり、無事に回収できたそうだ。

慌てることなくじっと待つ忍耐力が問われている。
すぐに「終わった」判断することがないよう、じっと耐えよう。
チャンスは必ず訪れるので。

後、ザ・ボイスで「次回の金融政策会合」に注目しておくといいと述べていたよ。

日程は日銀のホームページにある。後で読んでおくといいよ。

日銀:金融政策会合カレンダー

 

結びに:株は怖いわあ

株やFXを運営する場合、世界全体を見渡す視点が必要になる。
正直、私もいつどこで何が起きているのか把握できていない。
よってドイツ銀行の破たん?情報や世界情勢の不安など、訳が分からない状態だ。

こういう時こそ一つずつ勉強して対処していこう。
私が記事を書いた一つの理由として、
自分なりにメモを取って、中身をしゃしゃと共有するためだ。

少しでもしゃしゃの未来に役立てればいいな。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket