Pocket

負けるかも交渉

ども、しゃしゃ。米国大統領選挙の共和両党の候補指名争いにおいて、
あまり日本のマスコミで報じられなかった人物、
保守強硬派のクルーズ上院議員がトランプ氏に勝利した。

彼はキリスト教保守派でテキサス州選出なんだと。
日本にどのような影響を与えるのだろう?

 

米国保守と日本

テッド・クルーズ上院議員はガチのキリスト教信者だ。
宗教を持っているからこそ、彼が仮に大統領になった場合、
彼の生き方や「何が好きで嫌いか」を分析すると、
日本としても何かしらのチャンスを得るかもしれないね。

後、共和党の集会といわれている茶会(ティーパーティー)にて、
絶大な支持を受けているんだと。
トランプさんは茶会から支持はされていないんだと。

参照:共和党強硬派“鼻つまみ者のクルーズ”が投じた一石
極右翼のキリスト教派「ティーパーティ」
米国大統領選挙の候補者一覧

 

ラファエロ伝説

テッド氏の父親、ラファエロさんを調べると、
彼はキューバの人間であり、かつてキューバ独立を勝ち取る側
カストロさんについていた(カストロは日本の天皇を崇拝していた)

「無神論者は収容所に隔離すべき」

上記発言はラファエロさんの持論だ。
「神が存在しないなら、人間は本能に支配される。
絶対的道徳が欠如し、性的堕落や虐待、ついには希望を失う」

日本の場合、神様は自然そのものだ。あちこちにいる。
神はいないのでなく、いすぎて一人を指名できないんだ。

日本の神話:愛と涙と勇気の神様ものがたり まんが古事記

キリストやイスラムは唯一神だけど、日本は「たくさんの神様」が目の前ににいる。
人によっては二次元(アニメ)にも神様を見出す。
それが「日本人の倫理」となっているところはあるんだ。

ところでラファエルさんはこうも述べている。
「進化論は共産主義者によるたくらみ」
科学の視点で見ると、さすがにこれは受け入れられないなあ。

彼が大統領になったら進化論を否定し、教科書検定をするのかな?
まだ大統領と決まったわけじゃないけれど、気になるんだよね。

参照:テッド・クルーズは何者か?

 

アメリカは強さを望む?

彼はオバマケアに反対の立場であり、不法移民に市民権を与えることにも反対だ。
キリスト教信者として、同性結婚や堕胎に反対している。

他にグローバル主義者にも反対の立場を取り、
オバマの銃規制においては下記画像を作って批判しているよ。

オバマ批判

クルーズ議員の立場を見ると、現状の米国民が求める姿として、
多少狂ってでも強くて威厳のある米国を取り戻そうとしているね。
中国に対しても「強硬路線」を打ち出している。

対話じゃ平和は無理をオバマが証明した。

米国で比較的日本の立場を理解しているテキサス親父によれば、
米国は「政治的正当性」に蔓延された議員が多いんだと。

人種や民族、ジェンダーや職業に宗教……差別意識の助長を防ぐため、
意味のない言葉狩りや少数者保護の被害者ビジネス、
行き過ぎた個人中心主義に辟易しているんだと。

まるで西欧社会の現状を見ているようだ。

米国でも「強いリーダー」を望み、
大国でありながら中国やロシア、中東に何も言い返せない、
他国の利益のために動かされている弱いリーダーを欲していない。

だから間違いなく米国は強さを見せるために、オバマが最も嫌う社会を作るだろうね。

参照:銃規制強化、オバマ大統領の〈涙〉
新アメリカ大統領と中国政策~厳しくなる対中外交
トランプ氏が人気のワケ

 

選挙CMにA○女優を使い、自滅?

クルーズ議員が選挙CMにおいて、こちらの○V女優を使った。
彼はキリスト教原理主義者であり、キリスト教は婚前による交尾を許していない。
(こういう女優はほとんど悪魔と同列に見なしているんだとさ)

トランプさんなら「ジョーク」の一つとして話題になっただろうね。
でもクルーズ議員は妊娠中絶すら禁止をする人。
当然「性」については厳格な立場をとっている。

なのに「性」に寛容な女性をCMに出す、他候補者に攻撃材料を与えたね。

とはいえクルーズ議員が彼女の立場を利用して、何かを発現すれば、
支持者が熱狂するチャンスに生まれ変わるだろう。

参照:クルーズ議員、CMでやらかすw

 

サンダースが大統領になったら?

サンダース民主党議員は「俺は社会主義者」と述べている。
米国で社会主義者といえば、資本主義とは違う姿勢。
かつてのソ連を思い出させる政策を取ろうとしている。

社会主義とわかっていながらも、若者から支持を集め、
ヒラリークリントン候補を脅かしているんだと。
(その後の調べでヒラリーさんが勝利したそうだ)

サンダースさんが大統領になった場合、社会保障の大幅な拡充を掲げている。
高等教育や幼児保育の費用を政府が負担、
公共事業に政府がガンガン出資する、最低賃金の引き上げと、
若い人を中心に人気を集めているんだ。

参照:サンダース候補を真剣に受け止めるべき時

 

私が思う米国大統領の姿

共和党の保守は「威圧を行う」人という印象を持つ。
戦う際は真正面から取り組まないと、重圧をかけられる。

日本のために良い行動をとろうとしても、相手の威厳の強さに負けてしまう。

一方で民主党は「日本を嫌っている」印象がある。
今でこそ米国と中国は争っているけれど、
裏では米中が日本を封じ込めようと働いているからね。

手引書:日米戦争を起こしたのは誰か ルーズベルトの罪状・フーバー大統領回顧録を論ず

オバマ大統領時代、鳩山由紀夫元総理が色々やらかし、
安倍総理になって靖国参拝したら「失望した」言われ、
色々信頼を取り戻すの大変だった。嫌われても仕方ないんだよね。

どちらにしろ、一筋縄ではいかないだろう。
一方では日本に我慢を強いるようにひたすら重圧をかけてくるし、
もう一方はライバル国が好きであり、日本をぞんざいに扱う。

日本としては正直「一筋縄でいかない」取引相手と向き合わねばなるまい。

 

交渉で心が折れないために(有)

勇午 Final(1) (イブニングコミックス)

ちょっと脱線し、交渉の話に入ろうと思う。
ここから先は私自身の話をたっぷりする。
そのため、220円で販売するよ。

「相手と交渉するうえで負けたくない」
心底考えているなら読んでおくと損はないよ。
昨日あった「ある儲け話」の裏と自分の弱さを中心に語っている。

変なことに引っかかりたくないと考えているなら、読んでおいたほうがいいよ。

note:交渉で心が折れないために

 

クルーズ大統領は大変かも

クルーズ議員が大統領になったら、交渉事も強いと思われる。
彼はオバマケア反対のために21時間も議事堂にこもった経緯がある。
粘り強い人間なのだ。

彼のような自分の意見を通すためには何時間もいる姿勢。
彼を相手にするなら心で負けてはならないと考える。
日本はどうなるのだろう。

 

クルーズ撤退(5/4)を表明

5月4日になり、突如ニュースで「クルーズ撤退」と報じられた。
トランプ候補が指名確実となる見通しだ。

日本によってよい風が吹くのだろうか、それとも……
いずれにしろ、次の時代を多くの人は心から望んでいる。
良い方向に向かうと考え、行動していきたい。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約 powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

Pocket