Pocket

note

おはよう、しゃしゃ。
イケダハヤトさんというブロガーがnoteについて書いていたので、
興味をもって登録したんだ。

note記事を投稿するサービスで、記事を有料化できる。
しゃしゃもツイッターIDがあればすぐ入会できるよ。入会金はかかりません。

今回、自分の記事を有料化したときにはっとわかったことがあった。

 

有料と無料の線引きは?

有料(220円):潜在的不満を捉える情報のつかみ方

有料(220円):○○を書けばすぐに6時間で2000人訪問

先日、初めて自分の書いた文章を有料化してみました。
反応はともかく、出したということに意義がある。売れた・売れないは後でいい。

一つずつ行い、壁を見つけて壊していく過程が大切なのです。

自分の記事を有料化し、今後もやろうと決意したとき、
「どこからどこまでを多くの人と共有するか」考えます。

考えても時間だけが無駄に過ぎるから、実験しかない。
色々実験して、反応を計測していくしかないんだよね。
実験する際、きちんと紙に書くことも大切。

どんな記事もお買い上げされるかわからないので、
こちらも様々なものを販売し、反応をつかまなければなりません。

 

どこを線引きにする?

noteアクセス解析

線引きは自由でいいと思っています。私がフォローしている方を見ると……
「コーヒー豆の入れ方」
「タバコを吸い過ぎないようにするコツ」
「ブログの今後トレンド」

私は記事を有料化にするまでは、自分の記事を有料化していいのだろうか?
仮にするとしても、どこをすればいいか全くわからない状態だった。

だから記事のうち、一つだけを有料化してみることにしたんだ。
するとわかってしまった。無料と有料のはっきりとした線引きが。

具体的な解決策を有料にして、それ以外を無料にしていく。
といった形で、しゃしゃも「有料」「無料」の線引きができるよ。

 

実験が大切

私も「何がお買い上げされるか」わからない。
だからしゃしゃの手でたくさん実験をしてほしい。

ちなみにフォロワーはここを有料化して儲かったと述べている。

akane@ブロガー:100ノート目!

「書き手」であるあなたが「有料記事」を執筆すべき理由

他にもいろんな方が面白い切り口でnote有料化しているから、
参考にしつつ、実験するといいよ。

 

自分も有料化してみたいなあ(有)

自分の記事を有料化してみたい場合、
すぐに有料化するのもいいけれど、まずは購入してみよう。
誰でもいいから有料化した記事を購入してみるといい。
noteは「質疑応答」も価値となっているんだ。色々あってびっくりするよ。

例:キティに質問できるnote(100円)

例2:人が育つには手をかけず、目をかける

購入時に必要な道具はクレジット(デビッド)カード。
携帯料金から引くこともできるけれど、私はデビッドで購入した。

購入したいマガジンをクリックし、クレジット番号を間違えずに入力。
購入したらメールまたは記事で直接閲覧できるよ。

加えて「クリエイターサポート」という名の寄付がある。
寄付は応援してあげたいと思った人に投資するといいよ。

「みんなこんな感じで有料化しているのか」
コツをつかむだけでなく、購入者としての視点をつかんでから、
売り手側に回るといいだろう。

購入者視点に立った際,必ずノートなどに気持ちを書いておこう
購入する際、どこが不安だったか?
どうしてくれればもっと購入しやすいかなあと思ったか。

色々書いておくと役に立つよ。

 

終わりに:noteすごいね

noteは試行錯誤しながらやっています。
どんなことをすれば反応が出るか、noteで語っております。

私のnoteはこちらです

 

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

記事拡散のお願い

Pocket