Pocket

琴奨菊

ども、しゃしゃ。
今年の大相撲は日本人力士、琴奨菊が優勝した。おめでたい。

試合の運びと彼の勝ち方、展開をみると「八百長」疑う人もいる。
八百長ができる背後にギャンブルが一つ。
後は私たちが「感動できる物語」を欲していることだ。

そこで彼の優勝に関し「神様の演出」を抜き出してみたよ。

 

八百長とスポーツ作品

八百長:真剣に勝負を争うように見せかけて、脚本通りに試合運びをするさま

漫画やアニメ原作のスポーツ作品なんて、ある意味八百長だ。
何しろ作者の考えに従って試合が決まるのだから。

漫画やアニメは「エンターテイメント」であり、
相撲やプロ野球、サッカーなども観客に楽しんでもらうこと。
すなわち「エンターテイメント」だね。

エンターテイメントで求めている気持ちは「感動」だ。
どんな試合にもっていけば、観客が最も感動するか?

今回の琴奨菊関による優勝までの道のりは、
日本人視聴者として感動できる要素があった。

 

琴奨菊優勝時の出来事

奄美大島で大雪

彼が優勝した日、鹿児島でも雪が積もる異常事態が発生した。
奄美大島では115年ぶりに雪が積もった。

亜熱帯に近い地域で雪が積もってしまう現象が一つ。
普段、雪なんか降らない場所で積もった。
私たちは気象と未来の出来事をつなげようとする癖がある。

特に小説だと何かを暗示する伏線で用意されるよ。
例:星が落ちる⇒誰かが死ぬ

 

横綱に勝利を収める

琴奨菊の優勝を多くの人が確信に至った背後に、横綱らに勝利したことだ。
私も二人の横綱に勝利を収めた際、
「ああ、こりゃ優勝琴奨菊できまりだなあ」思ったよ。

相撲の中で最も強いとされる「横綱」に勝利すること。
優勝できる確率は高いよね。

 

大親友+ライバル豊ノ島

初め、琴奨菊は全勝するかと思われた。
しかし、豊ノ島(琴奨菊のライバルであり、大親友)
が彼を破ったところで、すんなり優勝できなくなった。

ここに「ドラマ」としての面白さがある。
すんなり勝つより一敗でもして、千秋楽まで気持ちの乱れを生じたほうが、
千秋楽の勝利を見たとき、大喜びするだろう。

しかもライバルは同期であり、破ったところにドラマもある。
ただ一人、琴奨菊に負けを作らせたのも彼だからね。

 

脇役の大活躍

「琴奨菊及び、彼を優勝してほしいと願う人たち」にとって、
琴奨菊関以外はみんな脇役、ライバル役だ。

脇役の活躍によって、優勝候補を叩き落とす。
白鵬横綱を破る恐怖の関取、稀勢の里はここぞというときに仕事をする。

本当は琴奨菊から見ると稀勢の里はライバルなんだけど、
稀勢の里以上に脅威を振るうライバル、白鵬から勝利を取って、
琴奨菊の優勝を間接的に支えてくれた。

「間接的な支持」も相撲の面白さであり、ドラマでもあるね。

 

誰かがうまく考えた小説?

今回の琴奨菊関の物語、相撲の視点だけで見ると「おめでとう」
でも、別の視点こと作家の目で見ると、「なんてすごいドラマなんだ」
見ているほうもハラハラさせられた。

横綱らに勝利をおさめ、「優勝する確率高くなったなあ」期待し、
ライバルに敗れたとき「ここで他の力士が勝利しちゃうの?」不安になり、
千秋楽は白鵬が逆転優勝をするのかなと思いながら、
きちんと勝利をおさめ、横綱同士の試合がただの消化試合となった。

すんなり全勝して終わるのでなく、
ちょっと予想外の展開を入れて「はらはら」させる物語。

しかも大雪という異常気象もあって、
「相撲の歴史に新しい何かが起きても不思議じゃない」
天気とスポーツの異なる物同士を結びつける特徴。

作品を書く場合、参考になるんじゃないだろうか?

 

結びに:おめでとう

琴奨菊関、おめでとうございます。
優勝インタビューを見ていたとき、私の父が述べていた。

「大きな口を叩かない、こいつはすごい」

しゃしゃはどう思う?

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約 powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

Pocket