LINEで送る
Pocket

カイロサイン
※ ツイッターでサイン入りカイロをもらった人が上げた写真。

ども、しゃしゃ。
テニスの王子様(以下、テニプリ)の原作者、許斐剛先生が話題になっている。
外で何かを販売するらしく、1月は寒い。
許斐先生は待機する人たちにサイン入りカイロをプレゼントした。

「人」を愛し、気遣う気持ちがないとできないだろう。
そこで「些細なおもてなし」を見ていこう。

 

おもてなしの基本

※ 許斐先生の温かなおもてなし風景

人に厚くおもてなしをする。
簡単にできるようで、なかなか気づかないものだ。
仮に私が何かの主催者だとしよう。しゃしゃも思い描いてほしい。

しゃしゃが何かの主催者だとしたら……
外で待っている人たちに対し、どのような気持ちを持つだろう。
寒さに震えながら待つ人に対して……

「うわあ、すごい並んでいるなあ」感嘆の声をつぶやくか?
「うわあ、金がたくさん落ちるなあ」商売心が働くか?
「寒そうだなあ……」思うか?

「寒そうだ、彼らがカゼをひかぬように何かできないだろうか?」
気持ちだけ働くか、そのあと行動に移すか?

結果が大きく違ってくるよね。
別に物販待機中の人々を見るだけでもいい。

でもどちらかといえば、彼らをただ見るだけよりも、
「ファンを心配」して解決できるサービス(費用は掛かる)を行うと、

「許斐先生、本当に優しい」

ツイッターTLを見ていると、彼に対する印象が大きく変わるよね。
テニプリという作品だけでなく、許斐先生という人に対する印象も変わるよ。

 

細かい気配り

商売をやるときも「細かい気配り」がポイントとなる。
商売だけじゃない、すべての仕事にも言えることだ。

「お客様が○○で不安を抱えているかもしれない。
××で被害を受けているかもしれない。自分としてできることは何だろうか?」

これを普段から考えたうえで行動すること。
書くことは簡単だけど、いざやれと言われたら……なかなかできぬ。

何しろお客様がどのような被害を受けているか?
まず視点が回らないし、相手を深く考えてあげないと気づかない。
いわゆる同情してあげないと気づけないのだ。

しゃしゃはどうだろう?
ここ最近、身近な人に同情したことはあるだろうか?
相手の立場に立って、どんな被害を受けているか?

考えているだろうか?

どちらかといえば、他人より自分のことばかり考えてしまうだろう。
自分のことを考えることも確かに大切だ。
しかし仕事や商売なら自分よりも相手の被害を考えねばならぬ。

お客様の被害を考えるから救済するために何をすべきか?
そこに需要と供給が生まれる。

 

おもてなしができる人になるなら?

まずお客様を想定することだ。
いつとこで誰がどんな被害を受けているか(5W1H)?
常に考えてあげること。相手が受ける被害を考える。

できなければ身近な人で訓練してみよう。
例えば自分の子供、自分の友達、アルバイトや仕事でお世話になっているお客様……

彼らはどのような被害を受けているか?
深く考えると自然と何をすればよいかが見えてくるだろう。

誰からも「気がきく」と言われる45の習慣

相手のことを考える能力は「気がきく」とも言われている。
気がきく人(許斐先生)が存在するので、彼のように気配りするとどうなるか?
ツイッターは称賛の嵐であり、ファンより「人間」として心からお礼を述べたくなる。

ぜひ彼の対応を真似して、輝く人になってほしい。

 

結びに:気遣いできる人はかっこいい

※ 先生もだけど、スタッフもねぎらってあげよう。

お客様と接するとき「彼らはどんな被害を受けているか」
言っていることは簡単だが、行動はとても難しい。大損をこくだけかもしれぬ。

しかしやることで「人の和」は暖かくなる。
許斐剛先生優しいなあ……という気持ちだけでなく、
私も彼のような気配りをできる人になる。

なりたいじゃなく「なる」と決めて、今からやろう。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

LINEで送る
Pocket