Pocket

おはよう、しゃしゃ。
日本は言論の自由があり、自由は必ず責任を持つ。
しかし自由がもたらす責任を受け入れないと、違う形で制裁がやってくる。

12月10日、小菅信子中央大学教授が五野井郁夫高千穂大学経営学部准教授から、
榊原元弁護士を通して「警告」という形で脅してきた。
小菅さんが「警告」の内容をツイッターであげたんだ。

そこから言論と自由について話をしていこう。

 

警告内容は?

警告の内容証明通知

警告というよりは脅迫にも見えるね。
発言内容を見ていたら新潟日報の元部長のように、
過激かつ脅迫ともとれる内容は載っていませんね。

「五野井さんは反原発について熱心になっているのに、
どうして福島に対する暴言は無関心なの?」

(2011年3月11日、東日本大震災で福島原発に事故がおきた)

これが警告によると、五野井さんはきちんと仕事をしたそうです。
でもツイッターなどで反論すればいいだけのこと。
実際に被災地支援を行ったのなら、証人だっていますよね。

私は内容証明(警告)を送るほどでもないと思う。
まあ、人から批判や罵倒をされて気持ちよくないから、
そういった意見を聞きたくないのはわかる。

参照:警告とネットの反応

 

五野井郁夫氏の特徴?

しかし、五野井郁夫氏は小菅信子教授だけでなく、
ほかの人に対しても影から批判をしていたんだ。

断っておくけれど、人を批判するのも罵倒も自由だよ。
ただし、そのあと何がおきても逃げられないよ。

ITジャーナリスト宮脇睦(あつし)氏が、五野井郁夫准教授とツイッターでやり取りした。
参照に経緯が載ってある。

ヘイトスピーチに関する議論を載せていたときのことだ。
宮脇氏によると、「ぼかしているけれどあんたも私を馬鹿にしているよね」
彼も侮蔑を行っていたのだ。

※ 記事を投稿した後、宮脇氏が上記の感想を載せていました。

しかし自分が批判される立場になると、内容証明警告書という形で警告を出す。
自分は批判や影からバカにするけれど、相手の発言は許さない。
人を馬鹿にした発言は必ず自分に跳ね返る。

それを言論に対する責任と私は強く思っている。
だからしゃしゃ、発言は本当に気を付けてね。
一言が命取り、自分の職業や権威を失うことだってあるからさ。

参照:ヘイトスピーチと五野井郁夫に見つける左翼の自爆

参照:安保法制と、「#首相官邸を包囲せよ」の意味 (五野井氏の原稿)

 

榊原元弁護士を懲戒請求

榊原元弁護士懲戒請求

小菅淳教授は相手の一方的な侮蔑に業を煮やし、
「今後も内容証明を送って相手が脅迫しながら罵倒する」
恐れがあり、それに加担した代理人(ここでは榊原元弁護士)に対し、
懲戒請求を横浜弁護士会に送ったんだ。
職権乱用の恐れもあって、食い止めるために送ったみたい。

単なる批判に内容証明で脅す。
小菅教授がさらさなければ、裏でこんなことが行われていたのか。
わからないままだったろうね。

榊原弁護士はほかの人からも懲戒請求を受けている。
彼は今後、どうなっていくのだろう?
日弁連がまさか彼を擁護するなんて、あまり考えたくないけどね。

弁護士といえば、上瀧浩子弁護士の日本人差別つぶやき事件もあった。
弁護する立場だからこそ、人とは違う意見が出るのだろう。

 

小菅教授のツイッター集

小菅教授のツイッターの中で、気になった発言を選んでみた。
一緒に考えていこうと思う。まず朝日新聞に関する発言。

朝日新聞の編集委員にたてついていいと思ってるのか

朝日新聞という虚報をやらかしたところから、
傲慢なことを言われると、腹立つよね。
編集委員は「朝日新聞」の肩書がなければ「ただの人」だ。

「虎の威を借りる狐」になってしまうと、
年を取ってからしっぺ返しを食らう確率は高い。
だから、虎の威を借りる狐にならぬよう気をつけよう。

 

週刊金曜日との戦い

週刊金曜日との間でひと悶着があったようです。
取材を申し込んだはずなのに、記事にしない、資料も返さない。
それって「人」としてどうなってんだ、おい。答えてよ、平井編集長。

メディアはこういうことが平然と行われているそうですね。
そういえば新聞を読む際、気を付けてほしい発言があります。

新聞でこんな言葉があります。
「政府の関係者の発言で分かった」

「政府の関係者」は本当に存在するかどうかもわからない。
言い換えると、取材を本当にしているの? いや、していないでしょ?
関係者をぼかして発言しているとき、いないこともあるんだ。

すなわち、架空の人物を作り上げて発言するのと同じ。
これに対する罰則はないからね。読むときは気をつけよう。

後、私が覚えていることとして、
2007年のTBS:アッコにおまかせで初音ミクを取り上げたとき、
クリプトン側が提示した内容をほとんど載せず、
TBS側が勝手に作り替えた情報を提示しました。

参照:初音ミクとアッコにおまかせ

 

新たに届いた脅迫訴訟案件(16/6/26)

2016年6月26日になり、小菅さんの元に新たな怪文書が送られた。
ツイッターという手段を用いて、多くの人に拡散される。

怪文書というよりは振り込み詐欺に近い内容で、
弁護士の高島章氏によれば、スラップ訴訟(恫喝、強迫)なんだと。

送った相手が横浜弁護士会に所属する人たちだ。
彼女はどんな対応をとるのだろう?

もし、しゃしゃがスラップ訴訟被害に会ったら、
こちらのサイトで行動を確認しておくべし。

また、togetterのコメントも併せて読んでおくといいよ。

参照:スラップ訴訟情報センター

参照:小菅信子さんの自宅に届いた謎の文書

 

発言に責任を持たされる

日本は言論が保障され、自由です。
政府を批判しても「安倍よ、今すぐ○ね」と書いてもよい。
ただし、発言した後に何がおきても逃げられるものではありません。

五野井郁夫氏は自分に対する批判意見に対し、
弁護士を通して警告を行いながら、一方で自分は他人を批判していた。

批判する側はどのような立場であれ、
その後に生じた結果から逃げることなく、向き合わねばなりません。

例として、上瀧浩子弁護士はツイッターアカウントをカギかけて非公開にしました。
本当は何気ない事や仕事の裏側、お知らせをつぶやきたいが……
つぶやく楽しみを自分の発言で失ってしまった。

カギをかけないと、たくさんの反論意見に対応せねばなりませんからね。

新潟日報の元部長は高島弁護士に名前や職業をさらされ、
部長としての権威を落とされる結果となった。

ある人が気に入らないからと言って、罵倒発言するのは自由。
しかし自由だからこそその後に訪れる結果について、
逃げたとしても引き受けなければならんのです。

反対に言うと、自分にとって不利益な結果を被りたくないなら、
ネットだろうが人を安易に罵倒してはなりません。

 

批判するなら事実を伝える

ただ、自分がされた「事実」は相手に伝えてもいいと思う。
今回の内容証明も五野井氏からすれば「事実」だからやったのでしょうし。

例えばかつてしゃしゃがAさんにいじめられたとする。
Aさんと久しぶりにネットで出会った時、

「そういえばAさん、あんた私のこと虐めていたけれど、
職場でも誰かをいじめているの?」

これくらいなら堂々と発言してもいいと思うよ。
何しろ自分が実際にされたという事実がある。
ツイッターなどSNSで書き込みをすると周りが見る。

すると、Aさんは恥ずかしくなるでしょう。
「馬鹿、そんなこと言っているんじゃねえよ、誰がいじめたんだよ」
その時、感情をむっとさせずに、
「いや、小学生のころさ……実際にやったじゃん」

事実を指摘するだけで、相手に大被害を与えることができます。
嘘は盛り込まないようにしてね。やられた事実は強いから。

後もう一つ、相手に反撃すると気分良くなるんだ。
その気分も気を付けて。何しろ気分の良さを求めるため、
知らない間に今度はしゃしゃが赤の他人をいじめる恐れがある。

優越感ほど、気づきにくいものはない。
また、他人に負の感情を与えて後に仕返しされる伏線ともなる。
常に自己観察を行うようにしてね。

 

お天道様は見ている

責任は人が被るものではない。自分が被らねばならんのや。
だからこそどんな風に逃げても、強引に握りつぶしても、
必ずどこかで責任を取らなくちゃならない。

ここ最近も高木毅復興大臣が下着泥棒疑惑(目撃者アリ)によって、
自分がかつて行った行為について、
当時は握りつぶしたらしいけれど、責任を取らされているよね。

誰に? 見えない何か、意思、神様と呼ぶべき存在かな?
見えない誰かを昔は「お天道様」と述べた。

お天道様は見ているからな。
最高の浮かれ時期に崖から突き落とす罰を下す。

人は生きていれば、誰にも言えない罪は持っている。
その罪は必ずどこかで責任持って受け入れる覚悟がある。
逃げようとしても、逃げられないからね。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約 powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

Pocket