LINEで送る
Pocket

マクロタグ……これを知ったら吉里吉里の作業がぐっと軽くなります。
マクロは簡単に言うと、計算式の省略

10=1+5+4

という式がありますね。

普通、テキストだったら
1+5+4 をいちいち入力しないといけないのですが
マクロだと 10 の部分さえ入力して、別.ksで 1+5+4 を入れてしまえば
10だけを入れておけばいいのです。

実際に画面で見るとこうなります。
(テキストはサクラエディタを使っています)

めがび0 吉里吉里説明画面

赤く囲ったところがマクロです。
囲った部分のマクロ式はこうなっています。

[aoff] :全ての前レイヤ(人物を消す)
→ 

[macro name=aoff]
[backlay]
[freeimage layer=0 page=back]
[trans method=crossfade time=200]
[wt]

[backlay]
[freeimage layer=1 page=back]
[trans method=crossfade time=200]
[wt]

[backlay]
[freeimage layer=2 page=back]
[trans method=crossfade time=200]
[wt]
[endmacro]

[runaiey] :背景レイヤの一つ

;ルナ家夜
[macro name=runaiey]
[backlay]
[image storage=”runaiey” layer=base page=back]
[trans method=crossfade time=1000]
[wt]
[endmacro]

[aya-shi-no0]:人物レイヤ、真ん中設定

;彩私服普通
[macro name=aya-shi-no0]
[image storage=”fgimage/aya-shi-no.jpg” layer=0 page=fore visible=true pos=center]
[endmacro]

おまけ、左と右

[macro name=aya-shi-no1]
[image storage=”fgimage/aya-shi-no.jpg” layer=1 page=fore visible=true pos=left]
[endmacro]

[macro name=aya-shi-no2]
[image storage=”fgimage/aya-shi-no.jpg” layer=2 page=fore visible=true pos=right]
[endmacro]

このようにマクロを作らないと、いちいち上記のようなタグを
シナリオに入れなければならないのです。

これがとても面倒くさい、HTMLならCSSだと思っていただければいいのですが。

ちなみにマクロファイルはfirst.ksの中身をすべて消して

名前を付けて保存→makro.ks
ほかにもう一つ、about.ksを作っておくと著作権表示に役立ちます。
about.ksは後でグーグル検索しておいてください。
ゲーム配布にとても大切なので。

吉里吉里マクロ

そしてマクロシナリオは
*macro で初め
[return] でくくりましょう。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

LINEで送る
Pocket