LINEで送る
Pocket

「SEALDsは平均偏差値が28程度」一部の人からバカにされております。
偏差値が低いから馬鹿にされるのでしょうか?

確かにそれはあるでしょう。
人間、少しでも優位だと思ったら見下す傾向がありますからね。
ということで、偏差値を見ていきましょう。

 

偏差値が低いと馬鹿にされる?

スペルミス

上記画像はハロウィンパレードにおける替え歌です。
別に替え歌は風刺が入っている程度で問題ないのです。
しかし、みんなに配布するために「HOLLWEEN PALADE」と、
「Halloween」スペルミスを行ってしまう。

間違いは誰にだってありますから仕方ない。
しかし問題はこの替え歌は一人の人間が作ったわけでないのに、
誰も指摘する人がいなかったという事実。

そこから「偏差値が低いって、些細なミスも気づかないんだな」
嘲笑の的になってしまうのですね。

「大学生にもなって、何単純な間違いをしているんだ」
という意味を含んでいるのです。私だって時折ミスするとき、言われます。

「確かに間違っていました、ご指摘ありがとうございます」
といって、すぐ間違いを直せばいいだけなんですよね。
しかし彼らを見ていくと、受け流しができていない。

食って掛かるうえに正義を主張するからいじられやすい……

過去記事:青林堂の見事なクレーム対策と激怒する人

参照:
高い偏差値じゃないと恰好つかない
はすみリストは合法、お前らは卑怯や

 

偏差値が高いから立派は誤解

ぱよぱよちーん

偏差値は確かに学歴を決めます。
だからと言って立派な人ばかりとは限らない。

フェイスブックに個人情報をばらまいたF-secureの久保田氏、
(F-secureはセキュリティ会社)
彼は東京大学卒業で、会社では人事やスマホセキュリティリーダーなど、
とてつもなく重要な役職についていました。

それでも感情に身をゆだねたことと、
敵視する側に攻撃を加えたく、愚かなことをやってしまった。
バカをやるのに偏差値は関係ありません。

むしろ偏差値が高いと、興味の対象が増えるため、
バカなことをやりたくなるのです。
(ただし人を傷つけるか、喜ばせるかはまた別の問題)

 

偏差値が意味する本質

基本的に学力を図るといわれる偏差値。
偏差値が高いと、それだけ思考力も深くなります。

基本、東大などの偏差値が高い大学の問題は難しい。
難しさはどこから来ているのかというと、重箱の隅をつく問題でなく、
むしろ基本を確実に理解しているかが問われています。
そのうえで「別の視点」から問題を出している。

この基本がとても厄介なのです。
ある程度の大学なら公式や解き方さえ覚えていれば、
特に考えることもなく、問題を解けます。

しかし難しい大学は基本原理を踏まえたうえで、
「知ってた? こんな視点もあるんだよ」を問題にするから厄介。

 

難関と普通の問題例

普通の大学ならこんな問題を出すでしょう。

2015年、中国が自称領海と称する[1]にアメリカ艦「ラッセル」が到着。
問題:[1]に入る言葉は何か?(答;南シナ海)

簡単なレベルだと、これ以降掘り下げません。
難しくなっていくと、出題者もいろいろ考えなければなりません。
問題は単に出すのでなく、目的があって出すのです。
私が思い浮かんだ問題はこちら

・中国が南シナ海を領海と勝手に宣言した
・日本は中東から石油やエネルギーを購入している
問題;日本が南シナ海に固執する理由を述べよ。

この問題を解く際、南シナ海がどこにあるかはもちろんのこと、
日本と中国の現代史を知っておかないといけません。
また、リード文を通して「石油やエネルギー」から、
日本のエネルギー事情を知っておかないとわかりません。

回答はこちらの記事を参照(青山繁晴氏が必死な理由)

なぜ私がこんな問題を出したのか?
日本にとって南シナ海は何を意味するか?
回答者はきちんと現状を把握しているか? 確かめるためです。

 

基本を忠実に押さえる

基本を押さえるということは、分解に等しい。
分解した後使うことで、自分のモノになるのです。

例えば古文で使われる「おはす」
おはすは御座すと書いて、尊敬語になります。
意味「いらっしゃる、おいでになる」

例文:少尉、京都へおはしける
(少尉が京都にお越しになった)
敬意:作者⇒少尉

これがわかると、同じく古文を読む以外にも、
「先生、自宅におはす」と、応用できますよね。

基本を知っているからこそ、応用できるのです。
この応用が基本の次に曲者です。

 

応用とは「違う視点」

中国をひっくり返す
※ 地図をひっくり返すだけでも違うでしょ

応用という言葉は「ある物事を違った側面から観る」
という意味で使われます。

例えば先ほど書いた南シナ海問題に対し、
物理の視点から分析できないだろうか?
物理の力学から南シナ海で起きている現象を当てはめてみる。

何を書いているかわかりませんよね。
私も自分で書いて意味が分かりません。
しかし、地理・歴史・物理の基本をきっちり抑えると、
これらのつながりが見えてくるのです。

京大炭酸ガス水素の仕組み

一つ応用例として、物理学に出るニュートリノが、
私たちの生活にどうかかわってくるのでしょう?
この問題を解くにあたり、ニュートリノの意味や役割を知ること。
次に私たちの生活や身の回りをつかんでおくこと。

そのうえで「この二つに関連するとしたらここかなあ」
推測していくことで、応用力が付くのです。

私が思う応用例はこちら

 

偏差値で図れない社会経験

大学に進学する人のほとんどは高校からすぐ大学に入ります。
社会経験不足のせいか、どうしても考えることは現実より理想です。

理想を語ることも進むことも全く悪い事じゃありませんよ。
ただ、理想を進めば進むほど、理想の反対側が見てきます。
反対側は目を覆いたくなる苦痛で、体と心から受け入れないと、
理想ばかり逃げてしまい、お先真っ暗な状態になります。

社会経験を積むうちに、世の中は問題だらけと気づきます。
今までは与えられた問題をただ解いていくだけだった。

しかし社会は自分で問題に気づき、解かねばならない。
問題に気づく方法は、別の分野で基本をきっちり抑え、
基本を元にした問題を自分で作ってみること、妄想することです。

 

結び:偏差値は何を意味する?

「普段から何を観て、注意して、考えているか」

 

一つの事件に対し、言葉を調べたうえで、
「別の見方はできないだろうか?」

 

普段から疑問を持つことで、広がりやつながりを得る。
偏差値を上げるなら、まずは基本をきっちり押さえる。
その後基本を元に自問自答していけばよいと考えています。

受験生や偏差値に関係なく必須の情報と私は考えています。
頑張ってください。

 

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

LINEで送る
Pocket