Pocket

現在、ティラノスクリプトで「あとがき」を書いています。
あとがきは基本、私が適当に書きたいことを述べる場です。
しかし、ただのあとがきだと面白くないので、
少し暗号を織り交ぜて、少々難しくしようとしています。

難しくするために「暗号」はもってこいです。
ただ、暗号って解くよりも作ることが大変。
暗号を作るときのコツについて述べていきます。

 

暗号は解くより作るほうが大変

ラッセル
※ 船の画像を載せた意味は無い。だからこそ相手を撹乱させる。
意味が無い画像に無理やり意味をもたせようとするから。

暗号は作るほうが大変です。
何しろいろんな知識を組み合わせながら作ることが一つ。
一部の人に解ける内容でないといけないことが二つ。

暗号は全員が「わかった」じゃ意味がありません。
色々考えることで「なるほど」一部の人だけがわかればよいのです。

数学でいうと、71の2乗は5041です。電卓を使えば簡単に出ます。
しかし5041は何の2乗となっているか?
素因数分解などをしていかねばならんので、時間がかかります。

暗号はある側だと簡単に計算できるけれど、
もう一つだとえらく時間がかかる素数の性質を利用しています。
(出典:ゴルゴ13の最終暗号より)

 

法則を作る

この性質を利用して思いついた暗号を一つ。

1+9=1,2+11=0 10×4=1,9-9=1,200/4=1,100×10=3
では15×6はいくらになる??

答えわかりましたか? 先に述べると1です。
なぜ1になるかわかりますか?
答えだけわかれば、解説は必要ないのですが……

数字にはある法則があります。法則をきちんと見抜けましたか?
「どうして1+9だと10でなく、1になるのか?」
「10×4が40でなく1になるってどういうこと?」

疑問を浮かばせながらあるとき、気づくのです。
「100×10が1000でなく3。もしかして右辺の数って0の数じゃ」
法則に気づくと、どんな数式が出ても簡単に解けますね。

例えば150×200だと30000になり、0が4つつくので「4」です。
一つ暗号ルールがわかってしまえば、類題を簡単に作れる。
法則に気づかない人たちに出題できる。

ただ、暗号を解く際は一定のルールを作ってあげて、
少数者が論理で解けるようにしないと、
ただ15×6は? とされても90としか答えようがありません。

 

歌(俳句含む)は暗号と心情

ひぶな坂地図

古文を読んでいると、和歌はまさに暗号です。
しかも暗号の意味を当時、和歌を作っていた貴族たちは簡単に気づいた。
貴族以外はなかなか気づきにくい。

和歌は基本、心の奥にある気持ちを引っ張り出します。
想いや恨みといった感情、ある景色に感動して、自分の心も映し出します。

対して俳句は季語を必ず入れることから、主に情景を歌った内容が多い。
情景は事実だけど、そこに含まれる言葉はもう一つ意味があり、
自分自身の心を反映しているわけです。

例:枯れ葉ども ぐるぐる落つる ひぶな坂

今作った俳句で、ひぶな坂とは釧路市春採湖を見渡せる坂のこと。
GPSで見ると、ぐるぐる蛇のようにうねっており、
車の免許を取得したばかりの人にとっては、難しい道路と言われています。
枯れ葉の季語は秋でなく冬です。

枯れ葉たちが木の枝から離れ、ぐるぐる落ちている。
ひぶな坂もぐるぐる回って道を下る。
ぐるぐる落ちる状態は枯れ葉だけでなく、人も一緒である。

「ぐるぐる落つる」は実際に見た風景ですが、
同時に「心の中」にもある風景です。

ヒブナ坂拡大

実際にぐるぐる落ちても、丸を描いて大きく落ちることはない。
でも心の中ではぐるぐる円を描くように大きく落ちている。
すなわち、大げさな心象風景が現れているのです。

言葉をより分解していくと、
「枯れ葉」が持つ印象は「別れ」です。
「ぐるぐる」が持つ印象は「輪廻転生」「迷い」などが浮かびます。

仮に病院(ひぶな坂、春採湖を見渡す釧路市立総合病院がある)
の中からこの俳句を作った場合、自分があと少しでこの世から離れる。
すなわち死去も「隠れた意味」として含んでおります。

このように景色だけを歌った歌の中に、実は人の心も見え隠れしている。
特にいつどこで誰がどんな意味で作ったか?

時「今、昔、未来など」
場所「家、病院、学校など」
誰が誰に「私、私の友達、他人など」
意味「楽しい、悲しい、恨み、素晴らしいなど」

俳句や和歌は言葉や場所がどんな意味を持つか?
どんな場所、どんな時を内包しているかわかると、
より深く味わうことができます。

言葉自体は難しくないんだけど、
言葉の中に込められた意味を深く調べる人は少ない。
当に暗号そのものです。

参照:
枯れ葉って季語は冬なの?
和歌や俳句の違いってなに?

 

和歌暗号の例

百人一首から有名な歌をいくつか引っ張っていきます。

引用先:百人一首一覧
1 あしびきの山鳥の尾のしだり尾のながながし夜をひとりかも寝む
2 かくとだにえやは伊吹のさしも草 さしも知らじな燃ゆる思ひを
3 ながからむ心も知らず黒髪の 乱れてけさはものをこそ思へ
4 わが袖は潮干に見えぬ沖の石の 人こそ知らねかわく間もなし
5 あらざらむこの世のほかの思ひ出に いまひとたびの逢ふこともがな

では問題

■■■■■ 世を捨てつれば 馬となり 鹿ともなりて 烏も鳴きぬ

5つの■に入る言葉はなんでしょう?

1 さるもまた
2 きじもまた
3 ねこもまた
4 いぬもまた

百人一首の内容はバラバラです。景色や恋心を歌ったものを入れました。
ただひとつ、ある共通点を意識して入れました。
それは「頭文字」、すべて「あかさたなはまやらわ」を取り入れました。
ここに気づけば答えは「さるもまた」がある1番になります。

ついでにもう一つ、上記の和歌を利用した暗号です。
今度は以下の散歩を元に、数字を入れてみてください。

「散歩していたらこんなことがあった。
海で遊ぶ子供、髪の毛をいじる男、畑仕事をする男性、
カルガモの散歩、歩くだけでもいろんなことがあるんだね。
カギを開けたければ、和歌を元に僕の言葉通りに開けてよ」

どうやって解けばよいか?
「関連・連想」を元にしています。

海で遊ぶ⇒潮干に見えぬ沖 に相当
髪の毛をいじる⇒黒髪の
畑仕事⇒草
カルガモの散歩⇒山鳥(ただの鳥)

残り1つはどこにも連想すべきものがないので省きます。
よって答えは「4321」となります。

問題をより難しくするなら、調べないと連想できないものや、
別の法則を作ってかく乱するといった方法があります。
(上記例だと、畑やカルガモが何を意味するかわからないと、
さっぱり解けません。知識も試しているわけ)

 

結びに:暗号作りのネタ探し

暗号の作り方に関し、
世界のおわりの深瀬さんが興味深いツイートを残していました。

私のブログでも記事としてあげております。

暗号を作る場合、和歌を含む教養が必須となります。
何しろ教養ほど多くの人が普段から接しない分野であり、
解くために違う頭を使うからです。

「違う」思考を使うことで、普段とは違った視点から、
物事を観ることだってできるのです。
大人の勉強は暗号解読です。だから楽しい。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

記事拡散のお願い

Pocket